ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Civilization


ヨミ: シヴィライゼーション
掲示板をミル!
763カキコ!

[画像を見る][画像を見る][画像を見る][画像を見る]

Civilization(シヴィライゼーション)とは、文明発展をテーマにしたターン制ストラテジーゲーム(戦略シミュレーション)のシリーズSid Meier's Civilization」である。 略称は「Civ」。

Civilization”は英語で"文明"を意味する言葉で、同名のゲームが多く存在しているが本稿では上記で触れた最も有名なSid Meier's Civilizationシリーズについて記す。


概要


史実をモチーフにしたターン制ストラテジーゲーム。基本となるゲームの設計はストラテジーに多く見られる4X(探検・拡・開発・殲滅)と呼ばれる作りになっているが、"相手プレイヤーを倒す"ことが的ではなく、本作における勝利とは"文明の頂点"に立つということである。

そのため、自科学の発展から宗教や商業、文化の発展といった内政や、他プレイヤー都市国家との外交関係、際的秩序など様々な戦略を楽しむことができる。もちろん戦闘によって相手を滅ぼすことで頂点に立つことも可で、どのような勝利すのかは、導者になったプレイヤー次第である。マルチプレイ友達同士ですると友情崩壊すること間違いなし

初代「Sid Meier's Civilization」は1991年に発表された。文明をテーマにしたストラテジーはこれ以前にボードゲームとして発表されていたが、現在シリーズゲームの設計はシド・マイヤー(Sid Meier)による本作が原点である。1994年スーパーファミコン版、1996年プレイステーション版が発売されている。内ではPS版は「初代」とも呼ばれており、ここからハマったプレイヤーも多いだろう。

2015年3月現在ではPCタイトルを中心にCiv2、Civ3、Civ4、Civ5のナンバリングタイトルと、加えていくつかの生作品が発表されている。シリーズの一部には拡パックやDLCゲーム機の追加が行われており、導入することで、ゲームの機が大幅に強化され、追加文明などの追加要素も楽しめる。近年ではCivは拡パックが出てから本番とも言われている。

また、Civ4のオープニングテーマである「BabaYetu」はゲーム音楽としては初のグラミー賞を受賞した。


■nm6121450[ニコ動]

ニコニコ動画では後述するCiv中が徐々に広がりつつあり、その影が懸念されている。というか実際下記の「プレイ講座」のを見れば分かるだろうが「あと1話見たら・・・」コメントされているあたり、すでに手遅れになりかねない状況になっている者も多いようだ。


ゲーム内容


[画像][外部]

開始時は紀元前の時代よりスタートし、各文明((プレイヤー)は自分のターンの間に技術を開発したり周辺の土地を活用することで自身のを増やしていったり、あるいは都市をどんどん建てて勢圏を拡大したりなどしていく。すべての文明のターンが終わると一巡となり時間が進むシステムになっている。最終的にトップになった国家勝利というゲームである。

ゲームにおける勝利条件は複数あり、一番最初に宇宙進出する勝利国際連合を開催して票を集める勝利、敵対する文明を全て滅ぼす勝利など、どのような勝利方法も選べる。ただし、(戦争など何かの理由で)自が滅亡した場合はそのプレイヤーゲームオーバーとなる。また、ゲーム最初に建てられた首都を奪われた場合、取り返さないとゲーム勝利条件にはならない。

シリーズ初期は四マスのようなタイルだったが、Civ4で六角タイルが採用されて以降は六角タイルで定着している。


シリーズの一覧


作品名 発売日
(下は日本版)
対応機種 動画タグ検索
Civilization 1991年 MS-DOS
PC-98
SFC
PS

Civilization II 1996年 Windows
Civilization III 2001年 Windows
Mac OS

Civilization IV 2005年10月24日
2006年6月17日
Windows
Mac OS
Linux

Civilization Revolution 2008年6月 PS3
XB360

Civilization V 2010年9月21日
2010年10月29日
Windows
Mac OS
Linux

Civilization: Beyond Earth 2014年10月24日 Windows
Mac OS
Linux

Civilization VI 2016年10月21日 Windows
Mac OS
Linux

Sid Meier's Civilization

MS-DOSベースIBM互換機用タイトルとして、シド・マイヤーが立ち上げたマイクロプローズから登場。後にPC98版、SFC版、PS版が作られた。PS版Civの説明書には、シド・マイヤー本人が「すぎて開発が遅れた」とさえコメントされている。また、PS版CivはCiv2よりも後に発売されているため、較的洗練されている。ちなみに平野耕太も、「進め!!学電研究部」でネタにしている。

■sm5895866[ニコ動]

なお、タイトルにもなっているシド・マイヤーが実際に開発に参加したのはこの初代と家庭用ゲーム機・モバイル向けの「Civilization Revolution」のみで、以降の他のシリーズでは監修という立場にいる。

Sid Meier's Civilization II

Windows3.1用。Civ(初代)の強化版である。この頃から外交官を使って非戦闘ユニット都市を落としていくことが可になり、後のスパイ経済にもつながった。

■sm15463784[ニコ動]

Sid Meier's Alpha Centauri

シド・マイヤーが新たに設立したフィラクシス・ゲームズが開発した本作は初代Civilizationの"続編"にあたる。シリーズの最終標である宇宙殖民後のアルファケンタウリの開拓がテーマで、それまでの史実のモチーフは異なるSF的内容になっている。略称SMACAX(拡パックAlien Crossfire)など。

■sm3173218[ニコ動]

Sid Meier's Civilization III

Civ2やACで導入された新しいシステムや「資による生産への制限」「文化圏による境線画定」など、様々な要素が新しく作られ、圧倒的中ゲーとして後のCiv4、Civ5につながる基礎を築いた名作。後にConquestなどの追加パックも発売された。

■sm2877541[ニコ動]

Sid Meier's Civilization IV

Civ3を受け継ぎつつも、ターンごとに成長する「小屋」の概念や、3Dを使った表示などが導入された。さらに、追加パックによってスパイが登場。若干ルールが煩雑になったかもしれないが、初心者を引きずり込むには十分すぎる中毒性を誇っており、ニコニコにUPされている解説動画を見ながらプレイしてもよいだろう。

Civ4のニコニコ市場での売上は相当な数に上っており、過去にはこれに関連するかのようにCiv4の日本語版の販売をしていたサイバーフロント社が、プレイ動画アップ感謝する広告を掲載したこともあった。

また、オンライン対戦では二枚舌外交が炸裂し、奇襲から謀略まで、昨日の友は今日の敵という恐怖の外交と戦争が繰り広げられている。友人は大事にしよう

■sm3238487[ニコ動]
■sm2646299[ニコ動]

また、Civ4はシリーズの中でも特にMODの開発が盛んでありプレイヤーを飽きさせない。例えばファンタジーMODFallFromHeaven2Ffh2)、SFMODNextWar三国志MODTheHistoryOfThreeKingdoms宇宙戦争MODFinalFrontier東方プロジェクトMOD東方叙事詩などがある。

Sid Meier's Civilization V

大まかにはCivシリーズの流れをくんでいるが、「1タイルあたり1ユニットまで」という、これまでのCivシリーズの勝ちパターンであるデススタック(=1タイルに大量のユニットを詰め込んで攻め込む)を根本から覆すことになった。これまでのCivシリーズとは大きく異なるシステムで、発売直後の評価は賛否両論であった。拡パックが発表された現在では評価はおおむね肯定的で安定している。

■sm15698427[ニコ動]

ちなみに本作のリードデザイナーであるJon Shafer氏は元々Civ3のコミュニティMODを作っていた一プレイヤーである。Civが好きすぎてCivを作る側になったのだ。

Sid Meier's Civilization: Beyond Earth

Sid Meier's Alpha Centauriの精神的続編ACと同じく宇宙殖民後がテーマSF的作品。ただし、システムACではなくCiv5に近い物で、ACリメイクというよりもCiv5のSF版という評価が多い。

詳しくは「Civilization:Beyond Earth」の記事を参照。

■sm25394560[ニコ動]

Civilization Revolution

モバイルXBOXなどの家庭用ゲーム機向けシリーズ。多くの要素が簡易化されている。較的Civ5に近い。

■sm5550669[ニコ動]

Sid Meier's Civilization VI

今作より都市は複数のタイルにまたがって拡大していくようになり、周囲の地形を最大限に利用した都市建設が可となった。加えて「1タイル1ユニット」の原則が止され、支援ユニットが他のユニットと一体化することが可になった。

技術を獲得する際に、科学ポイントだけでなく周辺環境の開発によって研究を加速させることが可になった。本作では研究コストを削減できるブースト要素があり、側の文明ならそれに関連したツリーが、内陸の文明ならそれに関わるツリーがく成長させられる。天然が豊富な場合、それ関連のブーストもある。

■sm28827215[ニコ動]


中毒性


[画像を見る] ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

次へ»
最終更新日: 19/07/09 20:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ