ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


D・ホイール


ヨミ: ディーホイール
掲示板をミル!
106カキコ!

D・ホイールとは、「遊戯王5D's」に登場する乗り物である。


概要


デュエルディスクが更なる発展を遂げた姿。
遊戯王DM」「遊戯王GX」における通常のデュエルディスクが元ではあるが、今作から新たに登場した新要素「ライディングデュエル」を行うために用意されたオートバイデュエルマシンである。そのため厳密には乗り物としてよりも「走るデュエルディスク」と捉えるのが正しいと思われる。

もっとも、D・ホイーラーはホイールを日常の足としても良く使っている。元々は原案の高橋和希が「主人公世界を冒険するストーリーにしたい」ということでバイクに乗る主人公を考案したという誕生経緯があるので、乗り物の方が本来の使い方なのかもしれない。ただし、バイク移動中に突然ライディングデュエルを挑まれることも遊戯王ではよくあること

ちなみに冒頭の「D」は「デュエル」のDであって、デステニーでもなければデストロイでもデスでもない。大好きブルーノちゃんでもない。

D・ホイールを所有する者やD・ホイールでライディングデュエルを行う者は「D・ホイーラー」と呼ばれ、D・ホイーラーとなるには自動車などと同様、専用のライセンスが必要となる。
ライセンスは一定の研修を受けた上で、セキュリティ職員との卒業検定デュエル勝利すれば取得できる。検定では途中で事故を起こした時点でデュエル敗北とみなされる。シビアである。

は基本的に、内蔵されているモーメント(永劫機関)ので稼動しており、機体(体?)もまた並みの乗り物以上に頑強に出来ているらしい。事実、ちょっとした段差はおろか、高層ビルの上から飛び降りても大した破損もく機し続けていたりする。
またモーメント限動によって、時速200~250kmという高速走行も可にするが、これについてはD・ホイールに限らず作品中に登場する自動車バス飛行機等の一般の乗り物でも、モーメントが使われているのならほぼ全て同様の出を発揮できるものと思われる。

ライディングデュエルが開始されると、ホイール自体はオートパイロットへと切り替わるのだが、搭乗するデュエリストの任意で手動運転(マニュアル)へ切り替える事もできる。ダークシグナー編以降では寧ろマニュアルの方が多い。
WRGPではホイールの操縦技術も競うため、大会ルールとしてマニュアル運転が義務付けられている。

マニュアルデュエルを開始した場合は、「第一コーナーを先に取った者が先攻を取れる」というルールがある。 ライディングデュエルスピードカウンターの都合で先攻が有利なのでその争いはしく、そこだけただのバイクレースになる。

タッグデュエルを行う場合は、2台のD・ホイールを用いる以外にもサイドカーユニット)を横に連結する。

デュエル敗北すると「DEFEAT敗北)」とモニターに表示され強制的に停止する。 

ティを走るD・ホイールのあらゆるデータは、セキュリティを管轄する治安維持局によってリアルタイムで管理されており、有事の際はそのデータからD・ホイーラーを割り出す。(例外的に、ゴーストディアブロ)のデータだけはイリアステルによって隠匿されているので、ゴーストライディングデュエルを行う際はモニターに表示される対戦相手の名前が「UNKNWON(正体不明、該当人物し、の意)」と表示される)

ティを巡回するセキュリティ官にも1人につき1台D・ホイールが割り与えられており、中でもD・ホイールを悪用する犯罪者デュエル拘束するための機動部隊としてデュエルチェイサーズ」がある。

彼らは「特殊追跡デッキ」と呼ばれる禁止カードを解禁した特殊デッキの使用を許可されており、さらに捕捉した相手を強制的に自分とライディングデュエルに持ち込ませる事が出来るなど、現実世界における白バイ警官に相当する働きぶりを見せる。
ゲームタッグフォースシリーズでは、セキュリティデッキ禁止カードが何枚か紛れ込んでいたり、禁止制限ルールに準拠していても他より強デッキを持たされるという形でそれが再現されている。

「であえ!ゴヨウ・ガーディアン!」「権ってやつか…」 

D・ホイールから発せられる機械アナウンスCVは向後啓介が担当。

ティサテライトが統一されて以降は、D・ホイール用のハイウェイが整備された。ハイウェイライディングデュエルが発生すると速やかに治安維持局に連絡される。治安維持局はその時点で安全な周回ルートデュエルレーン)を探索してD・ホイーラーを誘導した後、そのルート閉鎖デュエルに関係ない一般車両を退避させる。
ティでは交通秩序<ライディングデュエルなのである。 

遊戯王5D's完結後に始まった新シリーズ遊戯王ZEXAL」ではD・ホイール(及び、それに類するデュエル用の乗り物)は登場しないので、5D's世界観に慣れ親しんだ視聴者からは「どうしてD・ホイールに乗らないんだ・・・」という意見まで出てきた事もあった。遊戯王の新しいシリーズが始まった時には良くある話である。

もっともアニメ中では、シャーク神代凌牙)が中学生のくせにバイクを乗り回していたり(そして陸王王と行動を共にしていた際は彼らも同じようなゴツいバイクに乗っていた)、カイトオービタル7の変形したバイクに乗っていたりと、一部の視聴者を騒然とさせた。そのくらい、D・ホイールという存在がファン視聴者の間に深く定着しているという事だろう。
しかし現在、この世界ライディングデュエルは一度も行われていないので恐らくはデュエルとは関係の普通バイク二輪車)であると推測される。・・・と思いきや、第51話ではWDC決勝大会の舞台で「デュエル・コースター」という乗り物が登場、なんとジェットコースターに乗ってデュエルを行う催しが見られた。
ルールこそ通常のデュエルと基本的には同じだが、擬似的なライディングデュエルと言えなくもい。

遊戯王ARC-V」ではの人物「ユーゴ」がバイクにのって登場し、D・ホイールではないかと話題になったが、後に正正銘D・ホイールであることが明かされた(ただし、D・ホイールであることが明言されたのは随分先の話であり、登場当初はD・ホイールと呼ばれてはいない。主人公榊遊矢からは「バイクのようなもの」と呼ばれている)。ユーゴのやってきたシンクロ次元は、その他の次元同様「遊戯王5D's」とよく似た世界であることが推測されていたが、憶測通り5D's世界観と同じくライディングデュエルが一般的に行われている次元であった。
5D'sに登場したD・ホイールと同様にモーメントのようなエネルギー機関を確認できるが、詳細は不明である。固有名も明かされていない。外見や配色は彼の使用するシンクロモンスタークリアウィング・シンクロ・ドラゴン」とよく似ている。
なお、ユーゴとそのD・ホイールが本格的に登場した36話の次回予告において、榊遊矢から「バイクに乗ったままデュエルだって!?」と、5D's放映から実に6年跨ぎの盛大な突っ込みが入り、視聴者の笑いを誘った。

ゲスト出演するジャック・アトラスクロウ・ホーガンのDホイールはデュエルディスク部分がARC-V仕様に変わった事以外は5D's仕様と変わっていない。シンクロ次元で使用されるDホイールのデュエルディスクゲストの二人を除けば一般用とセキュリティ用の2種しか基本的に存在しない。ユーゴデュエルディスクは一般用であるが、OCGなどのポスターではハイブリッド式(元々なのか改造したのかは不明)の様であり、Dホイールから着脱が可な模様

 

以下に、「遊戯王5D's」作品中に登場するD・ホイールを説明。(他にも情報があれば、どんどん追加願います。)


主なD・ホイールの一覧



次へ»
最終更新日: 17/03/31 21:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ