ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


DIO


ヨミ: ディオ
掲示板をミル!
1756カキコ!

曖昧さ回避


Dioとは、以下を表す。

  1. Dio - イタリア語で『』の意味。ラテン語deusが元で、本項ディオの名前の由来(※ジョジョニウム3巻より)。
  2. Dioアメリカヘヴィメタルバンド1982年、元RAINBOWBLACK SABBATHロニー・ジェイムス・ディオを中心に結成された。本項DIO元ネタ
  3. Dio - 1993年アニメミラクルガールズ』でEDを歌い踊った本富美代&美智代の双子姉妹デュオ。作中でもエマ&マリエの双子役を演じている(本業の舞台出演のため、途中降)。
  4. DIOあるいはディオDio - 『ジョジョの奇妙な冒険シリーズの架の登場人物。本稿で詳述する。
  5. Dio - ホンダ50ccスクーター原付バイク)。
  6. DIO - ディジタル入出(Digital Input / Output)の略。
  7. DIO - ディスク入出Disc Input / Output)の略。ディスクI/Oをさらに略したもの。
  8. DIOジャパン - コールセンター運営していた会社。DIOの由来は「どこでもいつでもお電話ください」から。
  9. DIO - 対戦格闘ゲームワールドヒーローズシリーズに登場するボスキャラクター。後にNEO-DIOと名をめる。

DIOとは、荒木飛呂彦漫画ジョジョの奇妙な冒険」の登場人物である。

第1部「ファントムブラッド」、第3部「スターダストクルセイダース」ではラスボスを務めた。第6部「ストーンオーシャン」まで、各部のストーリーに大きな影を及ぼしている。

『一巡後の世界』(パラレルワールド)の第7部「スティール・ボール・ラン」には彼の別の可性と思われる人物のディエゴ・ブランドーDio)が登場する。

また荒木飛呂彦自身という噂もあり、現在スピードワゴン財団が解明を急いでいる。
 

少年ディオ   [画像を見る]   [画像]  [画像を見る]  [画像]


概要


本名はディオ・ブランドー。第1部と第2部では「ディオ」、第3部から第6部までは「DIO」と表記される。
非常に容姿端麗かつ相手を心酔させるほどのオーラや話術、驚異的な、さらに執念を併せ持ち主人公ジョースター一族に長年の因縁を残した宿敵。第1部の「もう一人の主人公」でもある。

性格は上昇志向が強い野心で常に上をしている。冷酷で支配することが生きがい読書好き。の研究に熱心になる性質である。

また、第7部はそれまでの物語とは独立したパラレルワールド舞台であるがDIOに酷似したキャラクターが登場している。本名は 「ディエゴ・ブランドー」、通称は「Dio」となっている。

※以下、各部紹介にはネタバレも含んでいます。


第1部


イギリスの貧民に生まれる。に苦労をかけ死なせた自堕落なダリオを嫌悪していた。少年期の形見のドレスを売るよう命じ暴力ふるダリオに殺意が湧きを殺すことを決意。少しずつを盛り衰弱したダリオに、昔助けた恩があるというジョースター卿の養子になるよう言い渡される。

ダリオの死後、ジョースター家に養子として迎られ「一番の持ちになってやる」「だれにも負けない男になる」という野望を胸にジョースター家の地位と財産を乗っ取る計画を立てる。ジョースター卿の食事にを盛るなどして計画を進行していく。しかし7年後、財産乗っ取り計画がバレて追い詰められると、石仮面を被り人間をやめ吸血鬼になった。

手下やゾンビを増やしていき、討伐のために駆けつけた波紋使いの一行と戦う事となる。主人公であるジョナサン・ジョースターとの青春の決着と死闘の末、海底に沈んだ。

エピソード


第2部


直接の出番はいが、老いたストレイツォが50年前ににしたディオの強さ、美しさ、不老不死に憧れを抱き、吸血鬼になるため石仮面を被る。

また、ディオが生み出していたゾンビの生き残りが、主人公ジョセフ父親であるジョージ・ジョースターII世を殺している。


第3部


[画像を見る]

第1部から約100年後。首から下はジョナサン体を乗っ取り海底から復活したDIOエンヤ婆のもたらした「弓と矢」によってスタンドを身につけた。

悪のカリスマにして帝王。その圧倒的なカリスマ性に惹かれた者たちや、有能だが信用はできないスタンド使い細胞肉の芽」を頭部に植えてカリスマを抱かせた者たち、スタンド使いの賞稼ぎなど、世界中に部下を増やす。
代表格な側近はヴァニラ・アイス執事テレンス・T・ダービー、参謀役のエンヤ婆
部下のンドゥールDIOを「悪の救世主」と呼んでいる。
また部下のホル・ホースDIOの餌の人間たちが嫌々ではなく自ら望んで血を吸われ死んでいるのを見て「悪魔の人望」と言った。普段は呼び捨てで呼んでいたが後に「DIO様」と呼ぶようになる。

DIOと遭遇したアヴドゥルによるDIOの印は「心の中心にしのびこんでくるような氷りつく眼ざし」「色の頭髪」「すきとおるようないハダ」「男とは思えないような妖しい色気」(※荒木飛呂彦画は色固定ではいのでカラー画によって色は変わる)

また、物語終盤の決戦まで顔が影で隠れた状態で登場する。格闘ゲーム未来への遺産」でのキャラにも登場した。この状態はスタチューレジェンドフィギュア化の際に「影DIO」と名付けられた。

第1部の頃から印的な台詞回しが多く悪役ながら読者に好かれていたが、第3部も出てくるたびやたら名言迷言、名シーンを生み出してくれるので原作ファンからの人気はとても高い。

DIOが復活した影ジョナサンの血統のジョースター一族がスタンド覚めだし、ジョセフホリィ、承太郎スタンドが発動した。

ジョセフの念写により自らの復活を知られ、自分を倒しに来た承太郎たちに刺客を差し向け、エジプトにて迎え撃つ。

ジョースターエジプトツアー御一行様との直接戦闘では時止めによる攻撃や、ロードローラーを初めて武器として使用した姿が多くの当時の読者インパクトを与えた。戦闘の最中にジョセフの血を吸い、全に体がなじみ最高に「ハイ!」になるも、プッツンした承太郎敗北し、となった。

スタンド能力

世界ザ・ワールド
【破壊:A / スピード:A / 射程距離:C / 持続:A / 精密動作性:B / 成長性:B】
スタンド名の由来は、タロットアルカナ21カード世界」。
時を止めるを持つ。また肉弾戦闘もありパワースピード共に最高クラスを誇る人スタンド精密な動作も可。射程距離は10mという、近距離な接近戦パワースタンドの中で脅威の長さがある。
時を止めている間にDIOが何かしても、普通人間には「時を止められていること」自体を認識出来ないため、結果的に一のうちに状況が変化しているかのように見え、そのため訳が分からず「あ...ありのまま 今 起こった事を話すぜ! 」ということになってしまう。
DIO承太郎たちとの決戦の半年前にザ・ワールドが時を止められるもある事を研究の際に発見し一、時を止めている。時を止める事を認識、そして首のキズがなじむにつれて徐々に止められる長さが伸び、決戦時に止められる時間は5ジョセフの血を吸い、体が全になじんだ後は9。いずれより長い時間、思いのままに止められるようになるという発言もある。
より詳細な内容は「ザ・ワールド」を参照。
隠者の紫ハーミットパープル
スタンド名の由来は、タロットアルカナ9番カード「隠者」。
JOJO A-GO!GO!スタンド辞典」にてジョナサンスタンドであると説明された。遠く離れた場所にいる対を映し出す念写を持つ、薔薇の茨に似た形のスタンド
同じスタンドを持つジョセフは、物語序盤は使いこなせておらず念写をする際にカメラを壊していたが、DIOカメラを壊さずに念写しているシーンがある。また本編の1年前にポルナレフと会っていた際には、ポルナレフの心の中にある探し人のビジョン水晶に念写していた。物語が進むにつれジョナサンの体がなじんでいるためか中盤以降で使用はい。このスタンド小説OVER HEAVEN」ではハーミット・パープルと明言された。

吸血鬼としての能力

不老の身体であり、人的な身体と再生がある。

肉の芽
DIO細胞の一部である肉の芽を相手の額に植え付けることにより自身に対する強カリスマ性を抱かせることが出来る。肉の芽を使用していない部下にDIOを深く心酔している者たちもおり、DIO自身のカリスマ性も非常に高いと言える。
吸血鬼作り
第1部では人間(生死問わず)などにゾンビキスを与えゾンビを作るを使用していたが、スタンド戦となった第3部ではゾンビ吸血鬼の区別が重要ではいため、血を与え吸血鬼を作るを新たに持つ。ジョセフDIOの血を輸血しても吸血鬼になっていなかったが、DIOの意識がいという状況の違いがありとして意識し使用していないので吸血鬼化しなかったと取れる。

第1部で使用していた気化冷凍法空裂眼刺驚を使う描写はい。気化冷凍法波紋を出させないための技である。スタンドには効かない・自分の体を凍らすとスタンドに粉々にされるリスクがある。 元がジョナサンの体なので思うように使えないという見解もある。
空裂眼刺驚は第1部で体液なので連射をする描写はなく、直線に進むのみなので少し動けば急所を回避できることが明されている。スタンドには効かない、そして弾き返される可性がある。ちなみに空裂眼刺驚は第3部ドラマCDで使用、格闘ゲーム未来への遺産」でゲームの技として使用できるので連射が出来る。


第4部


植え付けた「肉の芽」がDIOの死によって暴走し、異形の怪物へと変貌してしまった兄弟父親が登場する。また主人公である東方仗助は、幼少時にエジプトDIOが復活した影スタンド覚醒、それに伴う高熱などで瀕死の状態に陥ったことがある。


第5部


DIO息子ジョルノ・ジョバァーナ主人公となる。ジョルノDIO写真を持ち歩いている。


次へ»
最終更新日: 19/04/14 18:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社