ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


DoGA


ヨミ: ドーガ
掲示板をミル!
12カキコ!

DoGAとは、CGアニメ制作ソフトを開発したり、CGアニメコンテストを開催したりしている団体である。 1989年よりCGアニメコンテストを毎年開催している。
また、「ロスト・ユニバース」の3Dパートを担当していたりするなど、結構長い歴史を持つ。
ニコニコではDoGAが開発しているCGアニメ製作ソフト「DOGA-L」シリーズを使用した動画にDoGAのタグが付けられている。


DOGA-Lシリーズ


3DCG興味を持った人でも簡単に3DCGアニメが出来る』というコンセプトソフト
ニコニコでは「3Dエアーマンが倒せない作ってみた」等で有名。
形など単純な形のものから、いかにもロボットに使うためのパーツブロックを組み合わせて3DCGをモデリングする。
普通3DCGソフトは1からポリゴンを配置してパーツを作る手間があるが、DOGA-Lシリーズはその手間がかれているので気軽に使える)
基本的に最初から用意されたパーツしか使えないが、別の3DCGソフトShadeメタセコイア等)で作ったパーツを追加することも出来る。また、公式サイトにて追加パーツ開されている。
モデリングした物体を配置・移動させたデータを作り、そのデータ読み込んでアニメーションを作る。
ただし、アニメーションAVIGIFに限られるため、MPEG等への変換は別途ソフトを使う必要がある。

L1、L2L3の3つのソフトがある。これは、このソフト独自の「ステップアップ構想」によるものである。(詳しい説明は公式サイト行って見に行った方がい)

http://doga.jp/2008/programs/dogal/index.html[外部]

L2L3は有料ではあるが支払わなくてもアニメーションを出することができないだけで、モデル製作は問題なく行えるため静止画のみであれば実質無料と言える。
また、レンリング3DCG高画質作画速度には割と定評がある

このように『簡単に』『気軽に』3DCGアニメが作れるソフトではあるが、高品質なアニメを作るには相当な根気がいることを教えてくれるソフトでもある。
良くも悪くも3DCGを教えてくれるいいソフトです。

なおDOGA-Lシリーズベース教育機関向けに開発されたDOGA-Eシリーズも存在する。
http://doga.jp/2008/programs/dogal/index.html[外部]

ちなみに、DOGA-Lシリーズの『L』は『Lesson』の頭文字である。


DOGAギャラリー


また、公式サイトにてDOGA-Lシリーズで作った作品を投稿できる『DOGAギャラリー』という掲示板が設けられている。(ちなみに以前は『DOGA-Lシリーズ作品ギャラリー』という長ったらしい名前であった)
ニコニコが出来る以前から作品投稿の場として、かなり多くのユーザーの作品が投稿されている。
ただし、サーバーがあまり強くないためか、投稿には多くの制約がある。
投稿する動画サイズは10MB以内(昔は3MB以内であった)
動画の形式はAVIMPEGのみ(AVIDivXコーデックを使うことで何とかなる)
著作権に触れるものは削除となる。

特に、著作権に関することはニコニコよりかなり厳しい
どのぐらいかっていうと、アニメで使われている楽曲を動画につけるだけで削除になるぐらい。
さらにサンライズエヴァンゲリオン以外の二次著作物は一発アウトである。エヴァンゲリオンに至っては動画グレーゾーンらしい。
二次創作の作品はニコニコアップロードしたほうが良いだろう。


関連動画



■sm1678753[ニコ動]

■sm2879488[ニコ動]
■sm12229785[ニコ動]
■sm6051042[ニコ動]
■sm2213211[ニコ動]
■sm6225329[ニコ動]
■sm739596[ニコ動]


関連商品


 ■azB003D57YC6
■azB001ADQN9I


関連項目



外部リンク



最終更新日: 18/09/14 22:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ