ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Dr.フェイカー


ヨミ: ドクターフェイカー
掲示板をミル!
98カキコ!

Dr.フェイカーとは、「遊戯王ZEXAL」の登場人物である。CV小川真司


概要


ラスボス然とした雰囲気を携えて登場する顔芸定評のあるの老人。
OPアニメやEDアニメにてダークシグナーラストゴドウィン超官を彷彿させるデカさ(そりゃもう、全体を見下ろせるくらいデカい)で現れるなど、あからさまなラスボス感を漂わせながら顔見せを果たしていたので視聴者達には第1話からカイト也共々顔と容姿を知られていたが、その彼がアニメで最初に姿を現したのはカイトMr.ハートランドと共に13話から。Mr.ハートランドカイト達を操る黒幕として、OPアニメイメージ通りのキャラクターとして姿を現した。ちなみに現状は、第1期から第3期まで全てのOP・EDに登場しているが。
特に第3期のアニメ超官を彷彿させるアレな描写がくも話題騒然となっている。

(体と対して)大きめの顔と横に広がった白髪が特徴で、さらにラスボス要素満点な貌の老人という観点から視聴者達からは「ロックマンシリーズDr.ワイリー同一視されたり、ワイリーワイリー博士)などと呼ばれたりもしているようだ。まあ、後述するように天才科学者であるようなのでそのイメージは、あながち的外れでもなかったわけであるが。

ストーリー中ではMr.ハートランドを下しカイト達にナンバーズカードを回収させているほか、カイトハルトの持つを利用してアストラル世界を滅ぼそうともしているようだ。本人にく「世界を守るために人間をやめた」との事で、基本的には異次元のような場所から自身のホログラムのみ出現させつつMr.ハートランドを下したり、彼のファンタスティックな報告を聞くといった場面が専ら多く、基本的にはMr.ハートランドカイトの周囲にしか姿を見せていないので一部の人物にしか存在を知られていない。

アストラルが住んでいたとされる世界と敵対している以外にも、世界を守る過程で人間をやめる以外にも様々な事をやらかした因縁から、WDC編から登場となったトロン一家には底知れない恨みを買っている。
特に一家の長であるトロンは共にフェイカーと並んでラスボスの匂いがプンプンしていたため、視聴者の間では「どちらがWDC編のラスボスで、どちらが『遊戯王ZEXAL』のラスボスか」という予想が盛り上がっていた。

ちなみにカイト達が使用しているカードデッキもフェイカーが異次元科学技術を用いて開発したものであるとの事。いずれ彼と戦うのが遊馬にしろカイト達にしろ、歴代のボスキャラ達を思わせる極悪モンスターチートカードの出現が待望されており、そしてその視聴者達の予想は見事に応えられる事になった(詳細は後述)。

また第44話での六十郎の発言によれば、「年に一度現れるかどうかというほどの天才科学者」「生きているのか死んでいるのか不明だが、もし生きているのなら年齢は六十郎やと同じくらい」との事。
さらには、ストーリー舞台である未来都市ハートランドシティもDr.フェイカーによって誕生したであるらしい。過去シリーズにおける「童実野町ネオ童実野シティ)」や、遊戯王5D'sに関する内容がストーリー中に一切登場せずられもしていない事とは関係があるのだろうか・・・?

遊馬九十九一馬と面識があるらしく、彼が失踪する直前はDr.フェイカーのガイドを務めていたという。
同放送回でⅤが「遊馬アストラル世界にいる」と発言しており、フェイカーも現在は同じく異世界に存在している、と思われたが、続く第55話で再びⅤの口からフェイカーにまつわるさらなる秘密が明かされる。
この話によれば、かつてフェイカーはバイロン・アークライトと共に異世界へのを探す研究を進めていたが、「異世界が存在する」とされるの遺跡を調へ赴くにあたり冒険である一ガイドを受けながら遺跡へと入っていったが、やがて遺跡の異世界へのを発見すると、行動を共にしていた九十九一馬バイロンの2人を陥れたのち異世界へのを開くための生贄にするという暴挙に出る。
その後バイロントロンと呼ばれている現在の姿(子供)へと変化してしまったのも、一アストラル世界に身を置いているのもどうやら彼の仕業だったようで、彼らにこの後どのような難辛苦が降りかかったのかは現状では推測しかできないが、トロン兄弟達と共にフェイカーへの復讐を望むのもこの出来事に起因していたようだ。
そしてこの回にて、天城カイトハルト父親であるという事実が判明する。もっとも彼の直属の部下であるMr.ハートランドとの間柄は現状不明。(上述の、遺跡の調の際に待機を命ぜられた部下達であるという可性も・・・)

 

Ⅴのった回想の中でもフェイカーとバイロンの仲は悪いわけでもなく、寧ろフェイカー自身が「が親友」と述べている通りの仲なのだが、的を同じにする彼らを犠牲にしてまで異世界へのめ続けたのか、長らくとされていたが、彼の的は息子であるハルトを病から救う為だった。異世界バリアン界)と契約を交わし、アストラル世界を滅ぼす代わりにバリアン界の技術を得てハルトを生き長らえさせる、という的のためにフェイカーは親友も家族も捨て、アストラル世界を滅ぼすために行動を起こしたのであった。「世界を支配する」という発言も、恐らくは意を隠すための虚言だろうか。
そのため単純な悪役というわけでもなく、ハルトトロン一家拉致された際は「すまない、私の責任だ」といたり、続くWDC編準決勝でハルトを痛めつけられたりカイトトロンの戦略で叩きめされる様を見せられると「おのれ、バイロン・・・!」と怒りを露にするなど、一応作中でも息子達を心配する一面も見せているいる為、どうやら痛心を押し切って悪を演じていたものと思われる。
なお、上記の事実は下記のWDC編の最終決戦の最中にフェイカーの口から明かされるのだが、その割にはWDCが終わった後にハルト然とスフィアフィールドの要として組み込んだり、その発射の邪魔をするカイトアストラル世界ごと消し飛ばそうとするなど、おかしな点も散見されるのだが。
ハルト兵器として運用する上で、傷物にされる事を恐れたとも考えられなくもないが・・・?)

そしてWDC編のクライマックス(第67話)、WDCを通して集めたナンバーズカードスフィアフィールドへ捕えたZEXALアストラル遊馬)、ハルトエネルギーをもってスフィアフィールドの発射を実行に移そうとする。
しかし駆けつけてきたカイトシャーク、そしてオービタル7の活躍でそれを阻止されてしまい、遊馬も救出され、「スフィアフィールドエネルギーが再充填されるまでの間の時間潰し」と称して遊馬シャークカイトと3対1のデュエルを開始する。
デュエルでは「ガーベージ」と名の付くカテゴリモンスターを使用、そして後述のハンディキャップを埋め合わせるような強な効果を持つ「No.53 偽骸神 Heart-eartH」及び「No.92 偽骸神龍 Heart-eartH Dragon」を召喚。難攻不落のモンスターを相手に遊馬達は苦戦しながらもで突破口を見出し、ひいてはカイトの「超銀河眼の光子龍」の攻撃を受けあと一歩のところまで追い詰められた。
その後フェイカーは上記の真実と自らの的を口にすると、カイトの説得や遊馬シャーク達の「俺達バリアンを倒す」という宣言を受け心した事でデュエルは決着・・・
するかと思われたが、なんとバリアンの使者がバリアン世界より現れ、「取引を破った」としてフェイカーの身体・精を支配してしまう。その結果デュエルは続行され、自身の効果で再度フィールドに戻った「No.92 偽骸神龍 Heart-eartH Dragon」やバリアンカードによってフェイカー(バリアン)は遊馬達にさらなる猛攻を仕掛けるも、遊馬アストラルZEXALで倒され今度こそデュエルは決着、フェイカーを支配していたバリアンも消滅した。
(元の世界へ撤退しただけのようにも見えるが)

WDC編決着後はどうやら、(フェイカーやトロンの言動からすると)バイロンとの過去はお互い清算されたようである。
でもMr.ハートランドとは結局どういう仲だったのか判明していない。
カイトが言うには「指名手配犯のコソ泥を匿った」という事だけが判明している(経緯については全く不明だが)。
また、ナンバーズバリアン界には今後も関わっていくのどうかは不明。
遊戯王ZEXAL」での立ち位置に期待したいところ。

 

OPアニメの描写から、「ラスボス」「デュエルマッスル」などと散々に言われていたフェイカーだが、単純にマッチョになるのみならず何とサイボーグ化してしまった。
そればかりか、フェイカーが行ったデュエルルールはフェイカーが3人分のライフ12000)に対して、遊馬達はなんと3人で4000のライフを共有するというものであるため一見すると遊馬達が圧倒的に不利に思えるが、実は遊馬達よりもフェイカーの方が圧倒的に不利なルールだったりする。というのも、遊馬達は3人でライフだけではなくモンスター魔法カードをも共有している扱いとなる上に、ターン順も「フェイカー→遊馬シャークカイト→フェイカー・・・」となっているので、シャークカイトはフェイカーのターンを介さずとも先に遊馬が召喚したモンスターを(カイトシャークモンスターも)自分が召喚したモンスターとして扱える為、実質的に最大で3回の連続攻撃が可な状態となっている。そしてフェイカーは先行ターンで布したモンスター(及び魔法カード)のみでこれらを受けるなりぐなりしなければならない為、実は歴代シリーズの「1人VS複数」デュエルでもトップクラスハンディキャップを背負っているのである。 (何せ作中ではホープの攻撃を3回、シャークドレイクの攻撃を2回、そして銀河眼の光子竜の攻撃を1回、計6回も受けている。相手のモンスター展開や戦略によっては、10回以上の連続攻撃さえまかり通るかもしれない。) 恐らく超官アポリア絶望に駆られ裸足で逃げ出すに違いない。
前述のサイボーグ化演出に加え、デュエルではエースモンスターが第1形態→第2形態へ変身するかのような展開(フェイカーにく、「「No.92 偽骸神龍 Heart-eartH Dragon」は「No.53 偽骸神 Heart-eartH」のの姿」)、及びバリアン憑依したフェイカーのさらなる変貌ぶりなど、OPアニメの内容に違わずネタ成分がそれなりに多いボスキャラとなった。
なお、使用カードである「ガーベージ(garbage)」とは、英語で『ゴミ』『ガラクタ』を意味する言葉である。不動遊星が使用するカードとはイメージや雰囲気が似ている感じがするものの直接の関係はい(はず)。
やっぱりあのゴミの山から拾ってきたのか


遊戯王ZEXAL(漫画版)


故人。不治の病に苦しみながらハルトの魂を取り戻そうと研究していたが、本編開始から1年前の時点で立ち入り禁止となった研究ラボの中において死亡している。特殊な用して延命をしていたが、そのを作る品会社から詐欺師Mr.ハートランドに不治の病の事を知られてしまい、死亡した後は彼によって自分の死を隠蔽されてしまい、新エネルギーの研究を奪われた。
名前の「Faker」がアニメとは違って意味深い事になっている。


 激突!デュエルカーニバル!


羽原ルートではとんでもない理由でWDCを開いている事になっている。

詳細は伏せるが会場が静まり返り、会役のハートランドも呆れる程の腹筋ダイレクトアタックを仕掛ける内容である。


関連動画



■sm18877598[ニコ動]

■sm18885449[ニコ動]


関連商品


■az4762020109
■azB003TKAIG4


関連コミュニティ


■co626791


関連項目



最終更新日: 14/06/04 07:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ