ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


DTM


ヨミ: ディーティーエム
掲示板をミル!
80カキコ!

曖昧さ回避


  1. DeskTopMusic (ですく・とっぷ・みゅーじっく) の略。 本項では、これについて説明します。
  2. Deutsche Tourenwagen Masters (ドイツツーリングカー選手権) の略
  3. Dokuzetsu Takoluka Manzai毒舌たこルカ漫才)の略→DTM(毒舌・たこルカ・漫才)

概要


古くは「コンピューターミュージック」が一般的な用として使用されていたが、1990年前後から呼称が一般化したと言われている。
当時出版の世界に浸透し始めた「DTPDesktop Publishing)」をもじった和製英語なので、海外では通じない。

また、この「コンピューターを使って作成された音楽」という意味の中には、一般的なパソコンに限らずハードウェアシーケンサーを用いて作成された物も含まれる。

特徴として、作曲者はコンピュータシーケンサー)を使用して音楽を作成する為、必ずしもその楽器実物を演奏出来なくても良い。あるいは逆に楽器実物が存在しない楽器演奏する事も出来る。

昨今ではパソコン進化ソフトウェア技術の進化によりその作成・表現方法も多様化している。


歴史



MIDIの誕生


1981年に、ヤマハなど日楽器メーカーが数社によって、演奏データを送受信する規格、MIDIが誕生した。これによって、接続したシンセサイザーなどでシンクロ演奏することが可となった。

このシステム活用したミュージシャンこそ、TM NETWORKキーボード担当だった小室哲哉であった。彼らにあこがれていた音楽少年達は、パソコンシンセサイザーを手にして、DTMの先駆けを作っていった。


DTMの一時収束


Windows 95とともにインターネットの普及により、自らのWebサイトに、打ち込んだMIDIファイル開することで音楽を再生させたり、楽曲提供が可となった。
しかし、JASRACなど音楽著作権管理組織やレコード会社などが訴訟など大幅な規制に向かったことで、創作意欲を失う傾向が強くなり、DTMは全体的には収束することとなった。

一方で、パソコンが高性になったことで、従来はハードウェアである音モジュールが必須だった環境は、ソフトウェアでの表現でも可になっていった。また、かつてのアナログシンセサイザーエミュレートすることも可となったことで、パソコンだけでプロ向けの専門的な機材を包括できるようにもなっていった。


VOCALOIDの登場と収益モデルの確立


2003年に、人の歌サンプリングすることで、歌をプログラミングで再生できるVOCALOIDが誕生。2007年アニメキャラクターのようなイメージをつけた「初音ミク」が発売されると爆発的なヒットを達成した。

同じ頃に、ドワンゴ運営する「ニコニコ動画」によって、初音ミクを利用した楽曲を動画にした作品が次々と開されることで、DTMは再び日のを見るようになった。

特に、歌がうまく歌えない一般ユーザーにとって、自分で作曲できても歌として完成させられない障は高い物があったが、VOCALOIDボーカルとして加えることで、歌を気軽に作れるようになった。

こうして、オリジナルの歌を手がける「ボカロP」が次々と誕生した。オリジナル楽曲に対しての著作権管理については、音楽出版社を経由してJASRACなどに登録することで管理が可となった。これにより、VOCALOIDを使った自分の歌で収益を得られるビジネスモデル確立された。

DTMは新しい方向へと進んでいる。


関連コミュニティ


■co613


関連タグ


(注意・DTM以外も当然含まれる)


関連記事一覧



DAW


DAWを参照


シーケンサー



音声合成



音源、ツール等



パソコン以外のプラットフォームで作動するもの



フォーマット・規格等



関連項目



最終更新日: 19/03/22 01:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ