ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


E・HERO ジ・アース


ヨミ: エレメンタルヒーロージアース
掲示板をミル!
6カキコ!

E・HERO ジ・アースとは、漫画遊☆戯☆王GX」に登場するカードである。


概要


E・HERO融合モンスターの1体にして、カードデザイナーフェニックスの手によって作られたとされる最後のカード、「プラネットシリーズ」の1枚。紅葉世界チャンピオンとなったとき、紅葉に贈呈された。その後、紅葉が使用している。
E・HERO フォレストマン」と「E・HERO オーシャン」を融合素材とする融合モンスターで、自分フィールド上のE・HEROを生け贄にげる事で、エンドフェイズまでそのモンスターの攻守それぞれの数値分、このカードの攻守を上昇させる効果を持つ。

紅葉デュエリストとしての最後のデュエルVS十代戦では、「平行世界融合」の効果で融合召喚され、フィールドの「E・HERO エアーマン」を生け贄にげて攻守を吸収し、十代の「E・HERO サンダージャイアント」を攻撃してフィニッシャーとなった。
デュエル終了後、紅葉デッキは十代に託され、以後、十代がこのカードを使用することとなる。

作中で十代の行うデュエルでは必ずといっていいほど登場していた。
作中での初登場となるVS牙戦では牙のインチキ(文字通り)で魔法カードの発動を封じられる中、カード「アナザー・フュージョン」で融合され、「サイバーダイナソー」を破壊、さらに「シールドストライク」の効果ダメージを与えて勝利を決めた。

VS三沢戦(1回)では、このカードの専用サポート、「アース・グラビティ」が登場。レベル4以下のモンスターに(守備表示であっても)攻撃を強要するカードで、守備表示であった三沢の「リグラス・リーパー」、「きつね火」に強制的に攻撃させ、ライフを0にした。

十代のエースとして活躍していたが、VSレジー・マッケンジー戦終了後、自分自身の最高のデッキを使いたいという考えから、このカードの入ったE・HEROに代わりM・HEROを使用しだしている。だが、このカードもポケットに入れて持ち続けている。


(以下、物語終盤のネタバレのため文字

このカード含め、プラネットシリーズは、トラゴエディアフェニックスの体を乗っ取り、自らの復活に必要な「決闘者としての生命エナジー)」を吸収するため作り出したカードであった。

終盤、復活のための準備を着々と整えていたトラゴエディアは、天上院吹雪を操り十代とデュエルさせ勝利。自らの復活に必要な「ハネクリボー」とこのカードを奪いとった。
エドとのデュエル勝利し、最後のプラネットシリーズを回収したトラゴエディアは自らの復活の儀式グランドクロスを始めた。直後に万丈らと共に駆けつける十代であったが、一歩遅く、トラゴエディアの復活を許してしまう。

その後、不要になったこのカードと「ハネクリボー」を十代に返し、十代・万丈トラゴエディアの最後の決闘が始まる。

トラゴエディアの持つ最後のプラネットシリーズ、「The supremacy SUN」に追い詰められる十代・万丈であったが、十代は「光と闇の竜」と「ハネクリボー」を融合し、官の遺した千年アイテム、「マアト」を融合召喚。「マアト」の効果でドローした「ミラクル・フュージョン」によって墓地オーシャンとフォレストマンを融合素材としてこのカード融合召喚された。
先に融合召喚され、The SUNの攻守の半分を吸収した「E・HERO ガイア」を生け贄にげて攻守を吸収。The SUNを攻撃して戦闘破壊し、「マアト」でダイレクトアタックし、決着をつけた。

ネタバレここまで)


全てが終わった後はE・HERO紅葉に返され、十代はM・HEROを使用し続けていたようである。
読み切りでの十代VS紅葉戦では紅葉が使用。
序盤に「融合」で融合召喚され、「エレメントカウンター」や「高位次元ガード」で攻撃から守られ続けたが、一度も攻撃する機会はなく、最終的には「元素融合 エレメントフュージョン」で「E・HERO Core」の融合素材となった。


効果名は「地球灼熱(ジ・アースマグマ)」、攻撃名は通常時が「アースインパクト」(パンチ)、「アース・コンバスション」(胸からのビーム)、効果使用時は「地球灼熱アース・マグナ・スラッシュ)」。
効果を使用すると両手からマグマのようなものが噴出し、これによる撃で攻撃を行う。

このカードの効果はモンスターの攻撃を吸収できるが、基本的にこのカードより高い攻撃を持つモンスターが相手フィールドにいるのでもない限りあまり意味を成さない効果であり、作中でこのカードの効果が使用される場面も、多くは使用せずとも勝てる状況になっている。特にVSレジー・マッケンジー戦では効果を使ったことが裏に出てしまっており、十代も悔いていた。

プラネットシリーズでは一、「The (単) (惑星名)」の形になっていない。

1巻表では、ジ・アースの肩に乗る十代が描かれている。
また、9巻表では、手札を持ちデッキからカードをドローする十代が描かれているのだが、なぜか手札にこのカードらしき融合モンスターがある。

遊☆戯☆王GX」と同じくVジャンプで連載されている「犬マユゲでいこう」で、「エセメタルヒーロー ヅ・アース」なるものが登場したこともある。


OCG版


ジャンプフェスタ2007の会場で先行販売、2007年3月8日に一般販売された「PREMIUM PACK 10」でほかの漫画HEROらと共にOCGに登場。

融合・効果モンスター
8/地属性/戦士族/ATK 2500/DEF 2000
E・HERO オーシャン」+「E・HERO フォレストマン」
このカード融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):自分フィールドの表側表示の 「E・HEROモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードの攻撃ターン終了時まで、 そのモンスターの攻撃アップする。

※「ブースターSP-レイジング・マスターズ-」収録のカード(SPRG-JP055)による

ほかの融合E・HERO同様、「融合召喚でしか特殊召喚できない」効果が追加された。また、吸収できるのは攻撃だけとなった。

基本的に効果を使用してもしなくても、与えられる最大ダメージ量は変わらないため、効果を使うと1体失った分、モンスター数としては損をしたことになってしまう。また、攻撃を集約するため「魔法の筒」などにも弱くなる。効果を使うのは、相手の場に攻撃の高いモンスターがいて、そのままでは敵わない場合などにするとよい。
また、「E・HERO アブソルートZero」とは相性がよく、相手モンスターを一掃して直接攻撃できる。

攻撃の上昇は、リリースした時点での攻撃を参照する。何らかの効果でリリースするモンスターの攻撃が変化している場合、変化した攻撃で計算する。

融合素材融合召喚つなぎやすい優秀な効果を持っており、このカード融合すること自体は難しくない。だが、現在はこのカード融合素材と同じ素材を用いることで「E・HERO アブソルートZero」、「E・HERO ガイア」、「V・HERO アドレイション」が融合召喚。それぞれ優秀な効果を持っているので、このカード融合召喚できる状況であっても、それらが優先されることも多い。
上記のどれにもにない利点としては、融合素材カード名を直接定しているので、「沼地の魔神王」による素材代用や「E・HERO プリズマー」で素材コピーが可ということがある。また「融合準備」を介して、素材となるモンスターをサーチして融合サポートするのにも一役買ってくれる。


1回の効果発動にリリースできるのは1体のみだが、1ターンの発動回数に制限はないので、リリースするモンスターさえいれば、いくらでも攻撃を上昇させることができる。
次元の裂け」(「マクロコスモス」、「閃光の追放者」など)+「フュージョンゲート」+「チェーンマテリアル」+「E・HEROリクシーラー」の組み合わせでエリクシーラー融合召喚し、それをリリースすることで理論上は限に攻撃を上昇させられる。ただ、「チェーンマテリアル」の効果でそのターンの攻撃を封じられるので、あまり意味はない。

2014年7月10日ルール訂で「エンドフェイズ時」から「ターン終了時」に変えられた1枚。その後ほどなくして「ブースターSP-レイジング・マスターズ-」で、このエラッタ仕様テキストカードが再録された。
攻撃上昇が切れるタイミングは、これまでのエンドフェイズ中から、次のターン開始時に変わった。


関連動画



■sm17207411[ニコ動]


関連商品


■azB00454BHKO
■azB003N7WFDW

■azB004542BDQ
■azB0035JPV6Q



関連項目



最終更新日: 16/02/29 17:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ