ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


E・HERO The シャイニング


ヨミ: エレメンタルヒーローザシャイニング
掲示板をミル!
7カキコ!

E・HERO The シャイニングとは、漫画遊☆戯☆王GX」に登場するカードである。


概要


遊城十代の使用するE・HERO融合体の1つ。除外されているHERO1体につき、攻撃300アップする効果、墓地に送られた時、除外されているHERO2体を手札に加える効果を持つ。

初登場はVSレジー・マッケンジー戦。
ミラクル・フュージョン」で墓地の「E・HERO フラッシュ」と「E・HERO ボルテック」を融合して融合召喚された。
4体のモンスターが除外されていたことで攻撃1200アップさせ、「The splendid VENUS」を戦闘破壊した。
その後、「の居-ヴァルハラ-」で復活したVENUSに「E・HERO エアーマン」が攻撃された際、「ディフェンド・ヒーロー」で攻撃対をこのカードに移したことで戦闘破壊された。その後、効果によって「E・HERO フォレストマン」、「E・HERO オーシャン」を手札に加えた。

その後、十代がM・HEROを使用しだしたためしばらく出番がかったが、万丈タッグでのVSトラゴエディア戦で再登場。
速攻魔法コンストレックエレメント」でフィールド上の「E・HERO アブソルートZero」と「E・HERO Great TORNADO」を再構成する、という形で「E・HERO フレイム・ブラスト」と共にバトルフェイズ中に特殊召喚され、トラゴエディアダイレクトアタックした。
その後、装備魔法プロミネンス」の効果で破壊された。
このとき、直前に「ミラクル・フュージョン」でアブソルートZero融合召喚するときに除外したエアーマンオーシャンが存在したはずなのだが、攻撃上昇も除外されたカードの回収も行われなかった。テキストにはないが、「平行世界融合」がOCGのように素材デッキに戻す効果であると考えれば、「マアト」でオーシャンをドローしたことも含めてつじつまが合う。

攻撃名は「オプティカルストーム」。

普段は腕を組んでいる。全身い姿でなかなかにインパクトがある。VSトラゴエディア戦でフレイムブラストとともに現れる姿はどこかで見たような見ないような。


OCG版


初登場話が収録された「遊☆戯☆王GX 第6巻」の付録カードとしてOCGに登場した。

融合・効果モンスター
8/属性/戦士族/ATK 2600/DEF 2100
E・HERO」と名のついたモンスター+属性モンスター
このカード融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカードの攻撃は、ゲームから除外されている
自分の「E・HERO」と名のついたモンスターの数×300ポイントアップする。
このカードフィールド上から墓地へ送られた時、
ゲームから除外されている自分の「E・HERO」と名のついたモンスターを2体まで選択し、
手札に加える事ができる。

ジャンプコミックス遊☆戯☆王GX 第6巻」付属のカード(YG06-JP001)による

素材定がはっきりE・HERO+属性定された。また、融合召喚でしか特殊召喚できない効果が追加された。
さらに、漫画版ではテキストHEROが用いられていたが、OCGではE・HEROに限定された。後半の除外されたカードを手札に加える効果は、漫画版では「~する」テキストであったが、こちらは「~できる」になり、任意に発動を選択できるようになった(タイミングを逃すようになった、ともいえる)。

融合素材E・HEROデッキであれば「E・HERO スパークマン」、「E・HERO アナザー・ネオス」など、簡単にそろえられる。また、「超融合」と組み合わせることで、相手の属性モンスターの除去にも使える。

超融合」の属性除去に使用できるだけでもE・HEROでは十分採用価値があるが、除外に関する2つの効果もなかなか強なものである。

ミラクル・フュージョン」でこのカード融合召喚した場合、最低でも3200の攻撃が得られる。墓地へ送られても素材を回収できるので、更なる融合につなげることができる。「フュージョンゲート」、「平行世界融合」などの除外を積極的に利用するようなタイプE・HEROデッキならかなり高い攻撃が得られ、また、回収したE・HEROを「フュージョンゲート」ですぐに融合できる。
チェーンマテリアル」+「フュージョンゲート」のコンボで、デッキから間接的に2体のE・HEROを手札に加えることもできる。


破壊されなくても墓地へ送られれば後半の効果は発動可だが、任意の効果なので、墓地に送られた後に何らかの処理がある場合はタイミングを逃し、効果を使用できない。
例としては、「E・HERO ジ・アース」の効果のリリースにした場合(攻撃上昇の処理がある)、チェーン2以降に発動されたカード墓地へ送られた場合(まだ処理されていないカードの処理が行われる)など。

漫画版とOCG版ではカードイラスト若干変更されている。見べると分かるが、ポーズが違う。


その他の作品において


Dチーム・ゼアル」では、フュージョンマスクカイトとのデュエルで使用している。
超融合」によって、フュージョンマスクの「E・HERO エアーマン」とカイトの「銀河眼の光子竜」を融合した。効果で攻撃を上昇させたものの、「クリフトン」に阻まれるなどしてうまく活躍できず、最終的には「エクシーズダブルバック」で復活した「銀河眼の光子竜」によって破壊された。


関連動画



■sm24365135[ニコ動]


関連商品


 ■azB002VJ4OAK
■az4088747607


お絵カキコ


The シャイニング


関連項目



最終更新日: 16/03/08 23:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ