ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


E・HERO


ヨミ: エレメンタルヒーロー
掲示板をミル!
228カキコ!
«前へ

攻撃名は”カオステンペスト”。
融合素材は3体と気持ち手だが、融合に手間がかかるうえにモンスターリリースしたうえでモンスター戦闘耐久を付けるだけと、少々使いにさが立つ。

E・HERO ワイルドジャギーマン/Elemental HERO Wildedge
融合・効果モンスター/8/地属性/戦士族/攻2600/守2300
「E・HERO ワイルドマン」+「E・HERO エッジマン」
このモンスター融合召喚でしか特殊召喚できない。
相手フィールド上の全てのモンスターに1回ずつ攻撃をする事ができる。

攻撃名は”インフィニティエッジ・スライサー”。
全体攻撃持ち。登場初期こそは高い攻撃で全体攻撃と強だったが、現在では全体破壊を持ったアブソルートZeroが存在するため活躍の場は少ない。しかしこちらは攻撃上昇や貫通攻撃などを持たせれば大ダメージを持たせられる可性がある。

E・HERO シャイニングフレアウィングマン/Elemental HERO Shining Flare Wingman
融合・効果モンスター/ 8/属性/戦士族/攻2500/守2100
E・HERO フレイム・ウィングマン」+「E・HERO スパークマン
このカード融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカードの攻撃は、自分の墓地に存在する「E・HERO」と名のついたカード1枚につき300ポイントアップする。
このカード戦闘によってモンスターを破壊し墓地へ送った時、破壊したモンスターの攻撃分のダメージを相手ライフに与える。

攻撃名は”シャイニングシュート”。
初期のE・HEROデッキエースにして切り札とも言えるカードHERO使いの間では今でも根強い人気があるカード
攻撃増加と戦闘で破壊したモンスターダメージを与えるを持つフィニッシャー。なんの耐性も持たないため、そのターンで決める気持ちを持とう。
融合素材融合モンスターがいるので出し辛いが、そこは色々と応用が効く。

ヒーローリア/Hero Barrier
通常
自分フィールド上に「E・HERO」と名のついたモンスターが表側表示で存在する場合、相手モンスターの攻撃を1度だけ効にする。

E・HERO専用の防御カード。しかし1度だけ戦闘効にするだけなので、使い勝手の悪さが立つ。

2005年10月13日発売の遊戯王デュエルモンスターズGX めざせデュエルキング!に付属

E・HERO ネクロダークマン/Elemental HERO Necroshade
効果モンスター/ 5/闇属性/戦士族/攻1600/守1800
このカード墓地に存在する限り1度だけ、自分はレベル5以上の「E・HERO」と名のついたモンスター1体をリリースなしで召喚する事ができる。

攻撃名は”ダークスクラッチ
4980円のGBAソフトについたカード。後にデュエルターミナルやストラクチャデッキにて再録している。
5なので使いづらいが、墓地に送ることによってネオスエッジマンをリリースなしで召喚できる。それらを軸にする場合にはぜひ入れておきたいカード

E・HERO マッドボールマン/Elemental HERO Mudballman
融合・効果モンスター /6/地属性/戦士族/攻1900/守3000
E・HERO バブルマン」+「E・HERO クレイマン
このモンスター融合召喚でしか特殊召喚できない。

攻撃名は”マッド・スタンプ”。
上記のゲーム攻略本についている付録カード
なぜか個別記事があるので詳しく知りたい人は「E・HERO マッドボールマン」へ

2005年10月20日発売”デュエリストパック-十代編-”

E・HERO スチーム・ヒーラー/Elemental HERO Steam Healer
融合・効果モンスター /5/属性/戦士族/攻1800/守1000
「E・HERO バーストレディ」+「E・HERO バブルマン
このモンスター融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカード戦闘によってモンスターを破壊し墓地へ送った時、破壊したモンスターの攻撃分だけ自分のライフポイントが回復する。

戦闘破壊すればライフ回復できるが、攻撃が低いのがネック。使うなら「摩天楼」による攻撃強化が必要だろう。
簡易融合」用と割り切って使うのも1つの手である。

2005年11月17日発売”SHADOW OF INFINITY”

ヒーローハート/Hero Heart
通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する「E・HERO」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。
このターン選択したモンスターの攻撃は半分になり、1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。

2回攻撃を与えるが、攻撃が半分になってるので合計ダメージは変わらないため、使いにくい。
フレイムウィングマンのような相手を戦闘破壊した時に効果を発揮するモンスターボルテックのようにダメージを与えた時に効果を発揮するモンスターと組み合わることで価値が見いだせる・・・かも。

ヒーローキッズ/Hero Kid
効果モンスター/ 2/地属性/戦士族/攻 300/守 600
このカードが特殊召喚に成功した時、デッキから「ヒーローキッズ」を任意の枚数特殊召喚する事ができる。

このカード自体はE・HEROとの関係性はいが、専用カードがE・HEROサポートのため記載。
特殊召喚すれば一気に三枚い、低ステータスなため特殊召喚方法が豊富であり、効果の発動は容易である。このから最近ではランク2軸のエクシーズデッキで採用されることもある。
専用通常キッズガード」は相手がモンスターで攻撃したときに「ヒーローキッズ」をリリースして攻撃を効にし、さらに「E・HERO」をデッキからサーチする。
しかしE・HEROデッキには優秀なサーチカードである「E-エマージェンシーコール」が存在するため、使いどころが難しい。
アニメ版GXではバブルマンネオや未OCGのクレイガードマンの融合素材として定されてるなど、E・HEROに深いかかわりがあったと思われる。

2005年12月1日発売のACADEMY DUEL DISK付録

ヒーロースピリッツ/Hero Spirit
通常
自分フィールド上の「E・HERO」と名のついたモンスター戦闘によって破壊された場合、そのターンバトルフェイズ中に発動する事ができる。
相手モンスター1体からの戦闘ダメージを0にする。

5800円の玩具付録されたカード。追撃を1度だけ効にできるが、モンスターが破壊される必要性があり、上位互換カードがたくさんあるため、使いにくい。

2005年12月日発売のジャンプ付録

E・HERO ネオス/Elemental HERO Neos
通常モンスター/7/属性/戦士族/攻2500/守2000
ネオスペースからやってきた新たなるE・HERO。ネオスペーシアンコンタクト融合することで、未知なるを発揮する!

攻撃名は”ラス・オブネオス”、「ネオスフォース」を装備している時の攻撃名は”フォース・オブネオスペース”もしくは”ネオスフォース”。
アニメ遊戯王GXにおける十代のエースモンスター。他のE・HEROとは少し違う立ち位置にいる。
アニメでの活躍は「E・HERO ネオス」の記事を参照。
OCGにおいてやサポートカードは「ネオスペーシアン」の記事を参照。

2006年2月16日発売”ENEMY OF JUSTICE”

E・HERO セイラーマン/Elemental HERO Mariner
融合・効果モンスター/ 5/属性/戦士族/攻1400/守1000
E・HERO バブルマン」+「E・HERO フェザーマン」
このモンスター融合召喚でしか特殊召喚できない。
自分の魔法カードゾーンカードセットされている場合、このカードは相手プレイヤーに直接攻撃をする事ができる。

攻撃名は”アンカーナックル”。
直接攻撃できるとはいえ、攻撃の低さは否めない。それでも直接攻撃ができるモンスターの中では高い攻撃なので、魔法でうまく守ると、思わぬダメージソースとなる。

E・HERO ワイルドウィングマン/Elemental HERO Wild Wingman
融合・効果モンスター/8/地属性/戦士族/攻1900/守2300
「E・HERO ワイルドマン」+「E・HERO フェザーマン」
このモンスター融合召喚でしか特殊召喚できない。
手札を1枚捨てる事で、フィールド上の魔法カード1枚を破壊する。

攻撃名は”ウィングインパルス”。
手札一枚を通常魔法版のサイクロンに変えるのは強だが、手札消費の荒いE・HEROデッキには手札コストが重く、下級アタッカークラスの攻撃の低さが難点。このカードを生かすには何らかの強化と手札補強が必要である。

E・HERO ネクロイド・シャーマン/Elemental HERO Necroid Shaman
融合・効果モンスター/ 6/闇属性/戦士族/攻1900/守1800
「E・HERO ワイルドマン」+「E・HERO ネクロダークマン」
このモンスター融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカードが特殊召喚に成功した時、相手フィールド上のモンスター1体を破壊する。その後、相手の墓地からモンスター1体を選択し、相手フィールド上に特殊召喚する。

相手の厄介モンスターを除去しつつ、相手の攻撃の低いモンスター生して大ダメージを与えることができるが、このカード自体のステータスが低く、効果も相手依存であるため、うまく機しないことも。素材であるネクロダークマンを墓地に送りつつ疑似除去ができるカードと取ることもできる。

E・HERO フェニックスガイ/Elemental HERO Phoenix Enforcer
融合・効果モンスター/6/炎属性/戦士族/攻2100/守1200
「E・HERO フェザーマン」+「E・HERO バーストレディ
このモンスター融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカード戦闘によっては破壊されない。

攻撃名は”フェニックスシュート”。
同じ融合素材を用いる「E-HERO インフェルノウィング」「E・HERO フレイム・ウィングマン」にべると攻撃面では落ちるが、戦闘破壊耐性はとして使え、場持ちが較的良い。攻めのフレイムウィングマン、守りのフェニックスガイと言った感じに状況によって使い分けられる。

E・HERO シャイニングフェニックスガイ/Elemental HERO Shining Phoenix Enforcer
融合・効果モンスター/ 8/炎属性/戦士族/攻2500/守2100
「E・HERO フェニックスガイ」+「E・HERO スパークマン
このモンスター融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカードの攻撃は、自分の墓地の「E・HERO」と名のついたカード1枚につき300ポイントアップする。
このカード戦闘によっては破壊されない。

攻撃名は”シャイニング・フィニッシュ”。
融合モンスター融合素材と言う難点があるが、そこは様々な方法がある。攻撃増加戦闘破壊耐性を持つ、しかし融合元のフェニックスガイ同様カード効果では除去されるので、特別場持ちがいいとは言えない。

H-ヒートハート/H - Heated Heart
通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。選択したモンスターの攻撃500ポイントアップする。
そのカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備を攻撃が越えていれば、その数値だけ相手ライフ戦闘ダメージを与える。
この効果は発動ターンエンドフェイズまで続く。

他の攻撃強化魔法に負けるが、場に残らず攻撃強化と貫通を与えるカードはこのカードのみであり、ワイルドジャギーマンなどの複数回攻撃モンスターに使えば相手プレイヤーライフを大きく削れる。
H・E・R・Oの中では一E・HEROに関係しない効果を持つ。

E-エマージェンシーコール/E - Emergency Call
通常魔法
自分のデッキから「E・HERO」と名のついたモンスター1体を手札に加える。

E・HEROデッキ必須の専用サーチカード。場や手札の状況に応じて柔軟に好きなHEROを手札に呼びこめる
E・HEROデッキが徐々に頭を現し、最終的には環境の一にまで上り詰めたことにより、優秀なサーチ効果を持ったこのカード2012年9月の制限定で準制限定を受ける。しかし翌年にはE・HEROを上回るデッキが多く台頭してきたため再び制限カードとなった。


次へ»
最終更新日: 19/09/17 07:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ