ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


E257系


ヨミ: イーニイゴウナナケイ
掲示板をミル!
6カキコ!

E257系とは、JR東日本が保有する特急電車である。

概要

E257系 あずさ/かいじ首都圏から各地を結ぶ特急列車に使用されてきた183系電車が老朽化してきたことから、交直流特急電車E653系ベースに設計され誕生したのがE257系である。

体形状や性などに汎用性を持たせたことで、広い範囲において活躍することができる。同には2種類の区分が存在し各路線で運行されているほか、臨時列車として直流電化区間の広い範囲に入線した実績を持つ。

中央線特急

新宿(東京)から松本を結ぶ中央線特急あずさ号」、及び甲府止まりの「かいじ号」向けの車両番台区分は0番台である。所属は松本車両センター

かつてからこの役には国鉄来の183系が運用されており、その一部はJR東日本が開発したE351系電車で置き換えられた。しかしこ車両は振り子(体傾斜)機構を持つため、スピードと引き替えに経済性と居住性に難がある。そのため残りの183系の置き換えとして、これらの課題を善したE257系が2001年に登場した。

需要に応じて増結ができるよう、9連の基本編成と2連の付属編成が用意されている。昨今の非貫通前面の車両ばかりな傾向の中、連結時の通り抜けを可にするため貫通の先頭も用意され一部に組み込まれた(上イラスト)。ブラックフェイスを巧みに織り込み、違和感の少ない表情となっている。

体はく、中央にポップな色の大きな菱形が複数貼付されアクセントとなっている。それらの配色は車両ごとに違えてあり、編成を眺めると楽しい。

先述の2列車において運行され、低い重心のおかげで若干の時間短縮を実現した。またE351系ピンチヒッターとして稀に「スーパーあずさ号」の運用にも就くが、そこまでは速くはないため時刻変更を要する。

2016年以降に導入されるE353系により置き換えられる形で「あずさかいじ」運用から撤退し他の特急運用に就く予定と報道がされた。そして2019年3月ダイヤ正で定期の「あずさかいじ」運用から離脱し基本編成は転用を前提とした改造が始まっている。改造後は2000番台となり外観の変更やグリーン車の半室→全室化といった大掛かりな改造がなされている模様。付属編成の今後は今のところ不明。

房総特急

東京から内房線を経由し館山を結ぶ「さざなみ号」、外房線を経由し安房鴨川を結ぶ「わかしお号」、銚子ほかを結ぶ「しおさい号」・「あやめ号」向けの車両番台区分は500番台である。所属は幕張車両センター

こちらも同じく183系の置き換えを的として2004年に登場。先に登場していた255系電車の投入後も残っていたグループを全て置き換えた。

編成は5連とコンパクトで、グリーン車連結しない。また特に需要の多い列車に充当する際に、2編成を連結した10連での運行も可としている点が特徴である。そのため全ての先頭が貫通となっている。

体の配色は255系と同様にを採用するが、青色の配置などに非連続性を取り込み印を違えてある。前面はパーツの配置を工夫し、中央部の銀色黄色い額縁で囲む未来的なイメージとした。それにあわせて灰色のものを取り付けている。

先述の列車には同の他に255系も使用されるが、編成両数が違うため事前の区別が可。5両編成または10両編成の列車がE257系、9両編成の列車255系である。

2019年に入って余剰編成の一部に「BOSO EXPRESS」のロゴの上に「SERIES E257」と書かれたステッカーを貼った編成が登場している。これらの編成は豊田車両センター常駐となり臨時の「富士回遊」などに河口方面の波動輸送に就いている。

関連動画

0番台


■sm10494614[ニコ動]

■sm8153358[ニコ動]

500番台

こちらのタグからも検索E257系500番台[動]

■sm6200655[ニコ動]
■sm7304195[ニコ動]

関連商品

■azB0035HGTAU
■azB0007MCJQO
■azB0003JXN0M
■azB0009X7D6C

関連項目


最終更新日: 19/03/31 22:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ