ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


E331系


ヨミ: イーサンビャクサンジュウイチケイ
掲示板をミル!
18カキコ!

E331系2006年2014年4月2日)とは、東日本旅客鉄道JR東日本)においてニートレインであり、今は亡きにかつて在籍・存在した直流一般形電車である。


概要


客用としては国鉄JRを通して初めて連接台車が採用された車両。E993系「ACトレイン」の試験結果では特に問題かったことから、京葉線201系を置き換えるために、量産先行として1編成が東急車輌製造川崎重工業2006年3月に製造された。
E993系の試験結果はすでにE231系E531系良に一部反映されていたが、本形式はE993系のシステムを本格的に反映した量産であり、E993系から受け継がれた連接構造と動台車に採用された新機構・ダイレクトドライブモーター(DDMが特徴となっている。

DDMとは??→通常の電車の駆動機構の場合、モーターと駆動軸の間には歯車ギア、あるいは継手などが存在し、間接的に駆動する機構となっているが、DDMはその名の通り、モーターの駆動軸が直接軸につながって駆動する方式である。身近なモーター関係の機械で言えば換気扇や扇風機などの電動ファンハードディスクなどと同じような感じでモーター電車輪を回している状態を想像してもらえば理解しやすいのではないだろうか。部品点数の削減による信頼性向上、歯車を介さないことによる騒音減少・効率向上がメリットである。実際にE331系に乗した人の言では、とにかく走行中の駆動音の静かさに驚いた人が多い。
…ただし、モーターが回転させている物体(鉄道車両の場合は輪)にかかった負荷が歯車ギアなどでワンクッション置かれずに直接モーターにかかるというデメリットを見逃してはならない。また上記のメリットは、モーターがある程度一定の回転数・一定の負荷で回り続ける機械において得られるメリットであり、鉄道車両のような停止から最大回転数まで様々な回転速度を頻繁に使い分ける上、乗客の多寡・地路線と勾配路線・気条件などによる負荷の大きな変動がある用途でメリットを発揮できるとは限らず、また回転の精度が保てないと様々な問題が発生する。PCの冷却ファンケーブルなどが当たって止まったり減速した状態のまま放置すると、過負荷がかかってモーターダメージを受け、いずれは焼き切れる、というのは説明するまでもないだろう。
事実、E993系では々にDDM駆動をあきらめ、試験開始から1年程度で通常のカルダン駆動改造されていたのだ。この事実がありながら何故量産形式のE331系に採用したのか、大いに疑問の残るところであり、実際にこの駆動機構がE331系の致命傷となった。

また先頭の運転台寄りのドア間座席はロングシートセミクロスシートに可変できる構造になっている。7両+7両の3ドアとなっており(計14両と言っても、長さは201系205系の10両と同じ)、ドア位置が異なるため、専用の乗標が設置された。
2007年3月18日から営業を開始。当初は土曜休日ダイヤのみ運用に入り、将来的には平日ダイヤにも運用に入る予定となっていた。だが、並ぶ位置が他の車両と異なるために邪魔者扱いされたとかされてなかったとか。
しかし部品良を行うことになったことから、わずか1ヶで運用を離脱。しばらく、幕張車両センターなどでニートレインしていたが、ようやく10月川崎重工業製の7両が部品良され、2008年3月に同じく東急車輌製の7両が部品良された。2008年12月に営業運転に復帰したが、車両故障を起こしたため、2009年5月にまたもや営業運転から離脱。
2010年4月に再び営業運転に復帰し、運用が何度かあったようだが、2011年1月に3度の営業運転離脱。以後車両センターの片隅に放置されたままになった。

なお、製造する的となっていた201系の置き換えは、E233系5000番台が行うことになり、205系とともに2010年7月から全置き換えられた。一応、E331系は置き換え対に含まれていないとは発表されていたのだが、E233系が量産された以上、E331系が量産される可性はこの時点でほぼくなり、営業運転離脱以降は復帰すら望み薄となった。と言うか実質置き換えられたようなものである。

2014年3月25日長野総合車両センターへ配給回送され、4月2日付けで全となり、5月に入ってあっさり解体された。ありがとう、E331系。お疲れ?様、E331系。もしかしたら生涯で累計5万キロも走っていないんじゃないだろうか。
わずか8年少々の生涯に終わり、各JR客会社が開発した客用電車としては初の形式となった。


疑問点


E331系がこの世から姿を消し、全てが終わった今、そもそも本形式は一体何のために開発されたのかふと考え直すと、この電車の開発過程、システム、存在そのものを含めたあちこちにツッコミどころ疑問点があることに気づく。

これら疑問点を総合すると、本形式は「量産」という名で製造され、営業運転に投入されてはいたものの、実態としてはE993系の増加試作と呼ぶべき代物で量産するつもりなど最初から一切く、実際の乗客を乗せた状態の試験データを収集するために「量産前提の車両」という名で造られたものだった、と考えるのが自然ではないだろうか?

993という数字を3で割ると・・・?


関連動画



■sm12670655[ニコ動]

■sm923593[ニコ動]
■nm21073183[ニコ動]
■nm23194897[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 15/12/02 20:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ