ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


EVO


ヨミ: エボ
掲示板をミル!
65カキコ!

EVO(エボ)とは

  1. 進化などを意味する英語「エボリューション」(Evolution)の略称
  2. 1の名称が付いた製品の略称。またはそれに由来する名称。
  3. 格闘ゲーム大会「Evolution、Evolution Championship Series」のこと (本項にて解説)

 


Evolution Championship Series


スポーツ全般について知りたい方は、「e-Sports」を参照してください。

EVOとは、1995年よりアメリカで開催されている、アメリカ最大級の格闘ゲーム大会のことである。

大会が始まった1995年ニューヨークにて行われた。使用タイトルスーパーストリートファイターII Turboで、参加者はわずか40人ほどだったという。その後会場をラスベガスに移すと共に参加者数が倍々ゲームのように増えていき、2009年には1,000人を、そして2010年スパIV部門では1,800人を突破、名実共に世界クラスの大会と位置づけられるまでに成長している。

その規模の大きさや、世界中から有数の強プレイヤーが参戦すること、そして数多くのゲームタイトルを同時に展開することから、しばしば日本最大級の格ゲー大会「闘劇」とべられることが多い。事実英語版ウィキペディアには「EVOはアメリカにおける闘劇のような存在」との記述が書かれている。

世界規模なのは何も参加者数だけではない。

このような規模から多くの注を浴び、世界中のプレイヤーがEVO参加のためにアメリカへやってくるのである。
なお、EVO自体はシリーズ戦の形態を取っており、世界の各地域にて予選大会(及びそれに準じた大会への認)を併せて実施・策定している。2010年にはオーストラリアにてAPACアジア・パシフィックカテゴリー)の予選が行われ、ウメハラが優勝し本戦参加権を獲得した。

また日本では、EVO 2004におけるウメハラジャスティン・ウォンの対戦「背水の逆転劇」の舞台として、もうおなじみであろう。


2011年


会期:7月29日31日(アメリカ時間)

会場:リオカジノリゾートアメリカネバダラスベガス
使用タイトルマブカプ3スパIVAEモータルコンバット9、鉄拳6BBCS2 

長く使用していたシーザーパレスを離れ、今回はラスベガス最大級の大施設「リオカジノリゾート」で開催された。

また、今大会より「サーキット方式」が採用された。
これは、本大会開催の前に各地で行われる要大会(10大会)に対し、上位入賞者へ「シードポイント」を与え、ポイントランキングで上位に進出したプレイヤーに対して、EVO本大会におけるシード権を授与する、というものである。
シードポイントは本戦の予選プールの選抜に利用された。

また、日本格闘ゲーム大会「GODSGARDEN」とのコラボレーション大会「EVOLUTION/GODSGARDEN」の開催が準備された。実現すれば日双方で著名な大会団体の共催となり、史上初の快挙と成る。
残念ながら東日本大震災の影により2011年度の開催は中止となったが、EVO側はあくまで「期限延期」であるとしており、2012年度に向けて再度実施に向けた検討がなされると思われる。

大会は予定通り29日より開催された。
日本人選手ではふ~どPoongkoLatifなどの強を退け、スパIVAE部門にて優勝を飾った。これにより、日本人選手によるストIII 3rdストIVスパIVスパIVAEと続くカプコン現行タイトル部門の連勝記録は「9」となった(2003年より継続)。またサイドトーナメントとして開催されたスパIIXではウメハラが、ギルティギアXXACではRFが、そしてアルカナハート3ではふり~だが優勝し、日本人選手が合計4部門を制した。


EVO PV


GODSGARDENは、秋葉原クラークスタジオにて史上初の日本におけるパブリックビューイング「EVO PVを開催した。
会期は7月31日午後9時から8月1日午後4時まで。参加費は1,000円だった。

当日は、総師範KSK稲葉央明GODSGARDEN勢、かみちゃんレンなどのVision勢、そして大阪からが来会・実況を担当した。また、実況席には英語通訳・鉄拳6の解説としてMATT伊達玄四郎が臨席した。
会場には板橋ザンギエフ魔法少女ざんぎたんHIROPONFAXギモト小川MOV、アメリケンら強が来場。会場内に設置された対戦台ではスパIVAEマブカプ3スマブラヤタガラスなどがプレイできるようになっており、来場者は思い思いのスタイルPVを観戦しながら過ごしていた。

スパIVAEベスト8では、ふ~どの盟友としても知られる板橋ザンギエフが解説を担当。一番の盛り上がりとなったふ~ど×Poongko戦では、ふ~どの八面六臂の活躍に思わず板橋ザンギエフが感極まって涙する場面も見られた。最後はふ~どが地元アメリカLatifを破り優勝。会場内は惜しまない拍手で包まれた。
最後には仕事先から駆けつけたコスプレイヤーが来場し会場にを添え、EVO PV大団円のうちに幕を閉じている。 

EVO PVの様子については、有志による以下の動画群が非常に詳しい。ぜひ参照されたい。

■mylist/26852115


EVO2011 日本人参加者一覧と結果


※順位表記のないプレイヤーは全てベスト32に残れず。
※下記部門のうち、スパIVAEBBCS2鉄拳6以外は全てサイドトーナメントとして開催。

参加したプレイヤー

参加したその他人物

※ 当初参加を表明していたsakoTEAM HORIについて、7月26日マネージメントを務めているakiki氏が自身のツイッターにて「プライベートな諸事情により、たぶん」参加ができない旨を表。結果、残念ながら不参加となった。


2012年


会期:7月6日~8日(アメリカ時間)

会場:シーザーパレスアメリカネバダラスベガス
使用タイトルメイン):スパIVAE2012、マブカプ3モータルコンバットソウルキャリバーVKOFXIIIストクロ
使用タイトルサイド):VF5FSBBEXGGXXACSSFIIX、スカルガールズ
使用機器:PS3 

公式サイトhttp://evo.shoryuken.com/[外部]
現地配信URLhttp://evo2012.s3.amazonaws.com/live/index.html[外部]
予選トーナメント表:http://evo2012.s3.amazonaws.com/brackets/index.html[外部] [外部]

会場は2010年まで使用していたシーザーパレス。今年度もサーキット方式「Road to EVO2012」が導入され、アメリカ各所で開催された大規模大会に適用された。
メインで採用されたタイトルは上記の6つ。だったところでは、前年までメイントーナメントだったブレイブルーサイドトーナメントへ移行した他、鉄拳6が採用タイトルから外れた。また、スパIVAE2012部門の参加登録者が7月5日の時点で1500人を突破、前年(1450人)を上回る参加者が会場に訪れた。

今大会には、前回を大幅に上回る数の日本人プレイヤーが参戦を表明。前回SSFIVAE部門を制したふ~どTeam Razer)、Team MadCatz勢(ウメハラときどマゴ)、sakoTeam HORI)、Evil Geniuses勢(ももち(格闘ゲームプレイヤー)チョコ)、板橋ザンギエフTeam Razer)、金デヴ(eLive)、MOVTotalheads)などのプロゲーマー勢はもちろんのこと、ハイタニかずのこうりょえいたこくじんボンちゃんキャベツどぐら、おえっぷ、そうすひ、おおさか、AO、カオルなどの強がこぞって参戦。まさしくオールスターと言っても過言ではない布が勢いした。

大会のメインタイトルとなったスパIVAE2012では日本から12名がベスト32へ進出。しかし、海外(特にアジア地域)選手の活躍がめざましく、ベスト8に残った日本人選手はたった1名(ウメハラ)、さらにジャスティン・ウォンリッキーオーティズマイク・ロス、アレックス・ヴァイエアメリカの強ですらもベスト8に残れない、という大波乱の展開となった。

Finals(ベスト8→決勝)でも波乱の展開が続出。ウメハラ韓国インフィルレーションinfiltration / 豪鬼剛拳)にウィナーズで破れ、ルーザーズでも中国シャオハイXiao Hai / キャミィ)に敗退。残念ながら5位タイに終わった。 
決勝は、そのウメハラを破ったInfiltrationと、ルーザーズファイナルでPR Balrogを破り勝ち上がった台湾ゲーマービー(GamerBee)の対戦となり、戦の上Infiltrationが勝利。優勝賞120万円(約・日本円換算)を手にした。 
これにより、 日本人選手によるカプコン現行タイトル部門の連勝記録は「9」でストップした。

メイン部門では、ソウルキャリバーV部門においてでこぽんShining Dekopon)が見事優勝を飾り、優勝賞36万円を獲得。メインタイトルでは一の日本人選手優勝となった。


次へ»
最終更新日: 12/12/02 10:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ