ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


EZ2DJ


ヨミ: イージートゥーディージェイ
掲示板をミル!
20カキコ!

EZ2DJイージートゥーディージェイ韓国語:이지투디제이)は、韓国産の業務用音ゲー、及びそのシリーズアミューズワールドAmuse World)が開発している。


概要


5つのキーデバイスと、左側のターンテーブル、そして右側足元にあるフットペダルを操作して曲を演奏する(1P側の場合。2P側は左右対称になる)。
それらのさらに前には「エフェクトキー」と呼ばれる4つのキーデバイスが存在する。このエフェクトボタン演奏に使用するモードも存在し、更には1P側と2P側の両方の全デバイス&全エフェクトキーを使用する最難関のゲームモードまで存在する。
また、今となってはしくも何ともないが、ロングノートを1作から正式に採用していたり、後に「ソフラン」と呼ばれるようになったBPMの急な加減速ギミックを取り入れる等、当時の常識を覆した意欲作であるという点も特徴的である。
その意欲はナンバリングを重ねる毎にって行き、ターンテーブルのみを使用する「EZ2Catch」で最高潮に達したと言える。

ペンビジョンDJMAXシリーズとは兄弟の様な関係。EZ2DJの初期開発メンバーの内5名が独立してペンビジョンを設立、「EZ2DJのオンラインゲーム化」をした結果、DJMAX Onlineが誕生した・・・という経緯である。

そのあまりにも・・・な形故か、後に韓国でも特許を取得したコナミ(現コナミデジタルエンタテインメント)に、半ば後出しジャンケンの様な形で訴えられる事になった。
論、アミューズワールドもただ黙っていたわけではなく、「特許自体が効」として逆提訴を仕掛け、その結果コナミ特許効化する事に成功している。特許のみならず、意権侵についても「侵しているとは言えない」という判決が下され、コナミの敗訴が確定した。

これで一安心・・・となるだったが、EZ2DJ等の成功に味を占めて様々な事業や物件に手を出した事が災いし、そのほとんどが収益に繋がらない・赤字拡大といった状況に陥ってしまう。その結果、皮にもアミューズワールド自身の手でEZ2DJの首を絞める結果となってしまった。
更にはコナミの踏んりによって、一度は効になったコナミ特許が再び有効となる。そして「EZ2DJはコナミ特許を侵している」との判決が下され、アミューズワールドの敗訴に至る。

もっとも、特許が認められた作品がいずれも旧ナンバリングタイトルだった為、ほとんどが新作に置き換わっている現状では大した影く、実際の所はコナミが「試合に勝って勝負に負けた」様な状態だったと考えられる。
アミューズワールドの敗訴後も、ちょくちょくEZ2DJのバージョンアップが続いているのがその拠である。

そして、2012年にEZ2DJ Azure ExpressioNというタイトルで正式稼働開始する。

2013年にEZ2AC:Endless Circulationが稼働開始と同時に開発がアミューズワールドからSquare Pixelsに移行し、新シリーズとしての新作となった。

こうして今現在でもEZ2DJは生きている訳です。


シリーズ作品一覧


なお、通常筐体の他に、1人プレイ専用筐体と小筐体もリリースされている。


番外編



関連動画


DJMAXでもお染みNB Rangerの元ネタ

■sm1991077[ニコ動]

初期の名曲
■sm3717735[ニコ動]

EZ2DJが有名になったキッカケのひとつ
■sm3718093[ニコ動]

EZ2DJが(色んな意味で)とても有名になったキッカ
これが元でBMS等にも文字譜面生した、と言われている
■sm3625262[ニコ動]


関連コミュニティ


■co3026


関連項目



最終更新日: 17/02/01 20:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ