ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


FAIRY TAIL


ヨミ: フェアリーテイル
掲示板をミル!
297カキコ!

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)とは、週刊少年マガジン2006年35号から2017年34号まで約11年連載されていた漫画である。作者真島ヒロ2009年10月から2013年3月までテレビアニメ化。2014年4月から2016年3月までアニメ第二期シリーズが、2018年10月からアニメ最終シリーズが放送する。劇場版アニメも放映された。

タイトルはTALE(物語)ではなくTAIL(尻尾)。


だって知りたいんだろ、俺たちの概要 読んでみろよ!


RAVE完結からちょうど1年で連載が開始された作品。

元々は運び屋ギルドフェアリーテイルに所属する乗り物に弱い少年が活躍するという少々マニアックテーマの話で、第1話はほぼ完成していた。しかし、「もしギルドに居るのが運び屋ではなく魔法使いだったら?」というアイディアが浮かび、かつてハリーポッターの影連載を断念し、読みきり掲載した『MAGIC PARTY』という魔法学校モノの設定を流用する形でストーリーを再構成したところ次々にアイディアが浮かび、魔法使いの話となった。ギルドの設定は一部『RAVE』の解放軍の思想も受け継がれている。

綿密に初回から最後までを決定していたRAVEとは対照的に、本作では大まかなあらすじを決めておいて話自体は執筆時の流れに任せるという方法をとっており、これによって楽園エピソードが当初とは異なる方向へと展開したり、ウェンディレビィメイビスといったロリコン男性に好評な名脇役を生み出すといった結果に繋がった。

また、登場人物が敵味方問わず大量に亡くなったRAVEとは異なり、できる限り「登場人物は生かす」という方針が採られている。そのため、初期構想では死亡するはずだったマカロフ2014年以降も健在である。

の速筆ぶりはこの作品で更に化け物じみてきており、2010年2013年の2回にわたって3話連続掲載が行われている。特に後者は『2週続けての3話連続掲載+増刊号読み切り1話』というファンにはたまらない企画で、各種コミックサイトで「読んでも読んでもフェアリーテイル」などと特集されていた。

さらに、2014年3月4月にかけてTVアニメシリーズスタートに合わせ、マガジン5誌全てに漫画を掲載する「FAIRYTAIL祭り」というこち亀ばりの企画が行われていた。うち、週マガの1回は一挙2話掲載という大盤振る舞いだった。ちなみに、3月だけで本誌の週マガを合わせて計7回新作が読めることになる。しかも、この間にTwitterへの落書き掲載も忘れていない。
この2014年企画について、ラクサス役の小西克幸氏は「講談社先生を殺す気か!?」と冗談交じりにイベントで突っ込んでいた(が、当のは「いや、全然気っすよ」と軽く受け流した)。 
なお、まことしやかに流布している「モンハンをやるために描きためていた原稿が担当に見つかり3話連続掲載となった」というのは島本人がデマであると否定しており、綿密なスケジューリングによりアシスタントらの休暇に影いことを確認の上で3話掲載を自ら引き受けたことをっている。

逆に増刊や合併号でマガジン発売がい週には「読者に忘れられたくない」という一心もあり、「マガジン出なくてさびしい人向け」の新作4コママンガTwitterに掲載されている。

さらに2014年に専門雑誌「刊FAIRY TAIL」が創刊された。この雑誌には週刊マガジンでの連載を継続したまま自身の筆でFAIRY TAILワールドの別時系列でのエピソードが連載されることになっていて、『FAIRY TAIL ZERØ』として掲載、アニメパート2のDVDが付属し、ZERØの連載完結まで約1年ほど刊行された。

前作の『RAVE』とは世界観的にも関係の作品ではあるが、2011年に両作品のキャラクターケン競演する読みきり作品が発表された。この作品は単行本に収録されていなかったが、好評だったため、2013年8月発売の39巻にアニメ化した上で収録。原作者が同一とはいえ、RAVE』はスタジオディーン製作TBS系列、『FAIRY TAIL』はA-1 Pictures&サテライト製作テレビ東京系列という大きな違いがあったが、ハルをはじめとしたRAVEメンバーメインキャストルビーを除き全員続投の上、アニメRAVEに登場しなかったレイゼンビーやジュリアを新たにキャスティングした上で、挿入歌、シナリオには双方に関わった人材を配して製作されている。


あらすじ


魔導士達に仕事の仲介をする組合「魔導士ギルド」。立魔導士少女ルーシィ・ハートフィリアは、ひょんな事から炎を自在に操る滅魔導士ドラゴンスレイヤー)のナツ・ドラグニルと出会い、彼の所属するギルド妖精尻尾フェアリーテイル)」に加入する。


お騒がせギルドのぶっ飛んだやつら



テレビアニメ


2009年10月から2013年3月までの175話がファーストシリーズ2014年4月から2016年3月までアニメ第二期シリーズ176話から277話までを放映、2018年10月から278以降のアニメ最終シリーズが放送予定。それぞれの放送前には竜王祭と銘打った先行上映会も開催された。

原作ファンからは概ね好評で、設定のみのモブキャラだったラキやキナナセミレギュラーとして登場するほか、キャラをいじられてギャグキャラ化したフリードのように上手くオリジナル設定を組み込んでいる。また、原作で新生六魔の容姿を(装が変わっているキャラもいるが)そのまま採用していたり、ゼントピアの一件が作中でられるなどアニオリ設定の逆輸入も行われている。ほか、リサーナ関連のエピソード原作者がその出来に感し、原作の展開が大きく変更された。

また、アニメオリジナルエピソードとして第1シリーズにはダフネ編、ゼントピア編が、第2シリーズには星空の鍵編がそれぞれ長編として組み込まれている。
前作とべると「ギルドに舞い込んだ依頼を元にキャラクターが動く」という、CITY HUNTERにも似た較的オリジナルを挟みやすい展開であることも手伝って、各章の幕間には単発のオリジナルストーリーも挿入された。

また、ハッピー釘宮ルーシィの平野の演技は作者自身も気に入っており、ハッピーエピソードであるエドラス編は釘宮ハッピーくしては生まれ得なかったともっている。

第1シリーズと第2シリーズの間、および第2シリーズファイナルシリーズの間にはそれぞれ映画開された。
鳳凰巫女については、その主題歌に起用された俳優について賛否両論が挙がった。その為か、映画本編では全くかかわりい部分での使用に留まり、楽曲面ではエンディングテーマを全面に推したプロモーションへとシフトチェンジされた。

映画の方は「FAIRY TAIL -鳳凰の巫女-」および「FAIRY TAIL -DRAGON CRY-を参照。


アニメ版スタッフ


上記のうち、十川は前作『RAVE』のアニメ版にも携わっていた。


放送期間


テレビ東京系列にて放映


たまにはいいじゃないか・・・関連チャンネルを見る日があっても・・・


■ch2594555
■ch2590488
■ch2631079
■ch2634379
■ch2638916


関連動画こそが俺たちの家族だろうが!!!



■sm18707971[ニコ動]

■sm18825777[ニコ動]
■sm14065271[ニコ動]
■sm18222034[ニコ動]
■sm19454374[ニコ動]
■nm18567099[ニコ動]
■sm23043045[ニコ動]


関連生放送の補足が・・・来てしまう・・・


lv227421699 lv227424802 lv227426189 lv227426325 lv227504978 lv227505067 lv227509740 lv227505274 lv227505334 lv227505382 lv227505431 lv227505475 lv227505561 lv227505608 lv105253569 lv171603402


関連商品を売るぐらいなら買ったほうがマシだ!!!


■az4063637719
■azB002TEYRX6
■az406375233X
■azB006H4PJA4

電子書籍版はこちら[外部]


お前の関連項目は私が封じよう



次へ»
最終更新日: 18/10/03 21:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ