ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Fate/hollow ataraxia


ヨミ: フェイトホロウアタラクシア
掲示板をミル!
377カキコ!

Fate/hollow ataraxiaとは、2005年TYPE-MOONから発売された、Fate/stay nightファンディスクである。

概要

hollow ataraxia

一応stay nightファンディスクかつ続編ということになっているが、どのルートの後日談にもあてはまらない。きのこは「ユーザーの想像にお任せする」と言っているのでがんばって妄想してほしい。

上記を正確に説明すると、Fate/hollow ataraxiaの世界現実ではなく、プロローグ士郎カレンに出会った間から四日間、切り取られたものである。その世界ではそれまでに起こりうる可性すべてが内包されており、前作stay nightルートの中で確定事項とされていること以外は、どんなことでも起こりうる可性があるわけである。

起こりうる可性が実現された例としては、全てのサーヴァント聖杯戦争で敗退せず、日常生活を送っていることが挙げられる。日常生活を送るサーヴァント戦争中とは全く違う顔を見せてくれる。そして上記した確定事項の例としては、言峰綺礼死亡している等である。このゲームにおいて、言峰綺礼ミニゲーム回想などにしか登場しない。

特定の数日間を繰り返しプレイするというゲームとなっており、それがシナリオにも大きく取り入れられている。(いわゆるループものであり、以前に製作された月姫ファンディスク『歌』でも似た構造が使われた)
前作Fate/stay nightで評価の高かったシーンスキップも搭載されている為、一度見たシーンは物凄い勢いでスキップできるようになっており、飽きずにプレイがしやすい。

また、当然の事ながら本編に引き続き18禁なので注意。本編であるstay nightPS2リメイクされた反面、ファンディスクであるこちらは長年リメイク等がされなかったので、フルボイスで楽しむ事は出来なかった。しかし2014年PlayStation Vitaリメイク版が発売され(後述)、待望のフルボイス化もなされた。ちなみにこちらは18禁ではなくなっている。

ただし、本作オリジナルキャラクターであるカレンバゼットリメイク版以前にも、関連作品などに登場した際にボイスが充てられている。

やけに気合の入ったミニゲームが収録されている事も注花札に関しては本編であるたいがー&ぶるまを役に据えたモノ(しかも、本編おまけであった「たいがー場」に繋がる内容)の他、各キャラクター役にしたシナリオが用意されているなど、一本のゲーム並で、PS2[Realta Nua]おまけPSPゲームとして同梱された。
ミニゲームで獲得したポイントで一部おまけ要素を解禁できるようになっている。

ストーリー

Fate/stay night物語から半年後、第五次聖杯戦争の参加者たちと、サーヴァント達は、有り得ないはずの穏な生活を謳歌していた。

しかし、では、バゼット・フラガ・マクレミッツとそのサーヴァントであるアヴェンジャーが、終わったはずの聖杯戦争を戦い続けていた。

一見、全く関連のない。一見、大きな事件もい数日間だが、それを繰り返す度に少しずつ変化が発生していき……。

平和日常舞台ということで、前作では戦闘、暗躍がメインだったキャラクターの、特にはっちゃけたシーンが見られる。

重要な新キャラ

カレン・オルテンシア(Caren Hortencia)
今作のヒロイン。性格はサディステックで狗をこき使うのが好き。この性格は情緒不安定のため(普段は寡黙)。
「被虐霊媒体質」を持っており周りにいる霊障を体現化してしまう(悪霊に取り付かれてしまう)ため常時包帯を巻いているぐらい生傷が絶えない、片がほとんど見えない、走れない、味覚も利かなくなっており、穿いてないので俺の嫁である。
前作の聖杯戦争死亡した言峰綺礼の後任として派遣されてきたシスターランサーギルガメッシュの新たなマスターである。どは再建された木の教会におり、彼女と遭遇する事はいのだが……。
男性に対して多大な効果を発揮する骸布を持っている。
ちなみに、モデル綾波なんとかである。
またまたちなみに、hollow ataraxiaの本編にゃんにゃんするのは彼女くらいである。(作品全体では他ににゃんにゃんシーンい訳ではないが、本編に直接関わらないおまけエピソード的な意味合いが強い)
明言こそされていないが、某人物のであることが暗喩されている。
バゼット・フラガ・マクレミッツ(Damett Bazett Fraga Mcremitz)
第五次聖杯戦争に、聖杯の獲得を的として魔術協会に送り込まれた魔術師
秘伝とされる一子相伝の魔術と、魔術強化した体から放たれるボクシング格闘技武器人間でありながら宝具すら所持し、限定的ながらサーヴァントとも戦闘が可な程の実を持つが、ある事情により前作の本編が発生する前に脱落していた。
極めて優秀な魔術師で、スーツ姿の似合う大人美人だが、反面、仕事以外のことに関しては世間知らずで、公式ダメットさんというあだ名を付けられた程のダメ人間でもある。
じゃんけん死ねぇ!」はあまりにも有名。
本作では間におけるもう一人の主人公といえる立ち位置にある。にゃんにゃんするシーンもない。
宝具は、相手の宝具に対してカウンター攻撃を行う『"後より出でて先に断つ者"り抉る戦』。作成に時間がかかるため、劇中では3発しかストックい。
アヴェンジャー(Avenger) 
復讐者(アヴェンジャー)」のクラスに相当するサーヴァントで、マスターバゼット
かつて人間だった頃、「世界で起こる全ての悪いこと」を一手に背負わされ、監禁、拷問され死んだ英霊悪い意味で英雄だったため、作中では反英雄と呼ばれる)。そのため世界のあり方を憎んでいる。
ぶっちゃけた話生前は一般人であった為、格別戦闘力が高いわけでもなく、実質的にバゼットより弱い。ただし人殺しに関しては相当な自負があると本人談。やんちゃな不良少年のような物言いだが、時折真実をついたような発言もする。バゼットが起きるといつも柄のパズルで遊んでいる。
武器は独特な形状で、投擲も可なザリチェ(右噛咬)、タルウィ(左噛咬)二刀流
宝具は『偽り写し示す万ヴェルグ・アヴェスター)』という、自身の傷を相手にも与えるという呪法のようなもの。あまり大ダメージを受けると使う前に戦闘不能になってしまうという困った宝具

漫画版

2013年から月刊少年エースにて雌によるコミック版の連載が始まっている。単行本は2014年2月現在で既刊1巻。

PlayStation Vita版

2014年11月27日角川ゲームスからPlayStation Vitaでのリメイク版が発売された。

TYPE-MOON公式サイトPSVita「フェイト/ホロウ アタラクシア」[外部]

パソコン版と違い18禁ではなく、CEROレーティング「C」15歳以上推奨)となっている。

PS VitaPSPと異なり、テレビ画面に外部出してプレイすることはできない。しかし本作は「PlayStation Vita TV」対応ソフトであるため、PS Vita TVの方を持っていればテレビでもプレイ

ufotableによる新作ムービーを始め、新作エクストラゲームカプセルさーばんと」やAimerによる新エンディングテーマOpen The Doors」などの追加要素も豊富(新エンディングテーマアップデート配布のため、インターネット環境が必要)。

パソコン版にあったミニゲーム「開運 遠坂神社」と「風雲イリヤ」もフルボイス化された上で収録されている。また「とびだせ!トラぶる花札中記」は、関連作「とびたて!トラぶる花札作戦」とともに、PlayStation Storeから無料ダウンロードできるダウンロードコードが同梱されている。

カプセルさーばんと

どっかで見たような小学生シロウ」と「リン」が主人公の対戦ゲーム。二人は偶然手に入れた「カプセルさーばんと(略して「カプさば」)」のを駆使して、わるいマスターたちとバトルするぞ!

マスターとして立ちふさがる、雄々しい喋り方をするJK、「マスターアルトリア」の正体とは?

関連動画


■sm3623425[ニコ動]

関連商品

■azB000ANETRM
■azB000BKJJSS
■azB000B63GSQ
■azB00HG6XMG0
■az4041209269
■azB00KA49W6Y
■azB00KA49W8W

関連コミュニティ

■community
■community

関連項目


最終更新日: 18/02/18 18:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ