ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Fate/unlimited codes


ヨミ: フェイトアンリミテッドコード
掲示板をミル!
211カキコ!

Fate/unlimited codesとは、Fate/stay night原作とした対戦格闘ゲームである。

販売はカプコン、開発はエイティングが担当している。


概要


MELTY BLOODシリーズのような2Dドットグラフィックではなく、3Dグラフィックで表現されている。しかしシステムは通常の2D格闘ゲームに近い作りとなっている。

Fate/stay nightの設定を基に、各キャラクター一人一人ごとにストーリーが用意されている。ストーリーは「そのキャラクター主人公だった場合」のifストーリーである。

対戦格闘ゲームという仕様上、各キャラクターの実差や相性は原作に準拠されていない。しかし各種技や超必殺技再現度や、対戦相手によって演出が変わる聖杯超必殺技などは原作ファンも納得出来るものとなっている。反面、葛木宗一郎真アサシンなど原作で活躍したキャラクターがいないなど、キャラ選出には疑問のもある。

媒体にはアーケードPS2PSPがある。PSP版は追加システムコマンドの変更等の大幅な変更がなされているので注意が必要だ。


システム


スラッシュレイブ(チェーンコンボ)やジャンプキャンセルによるコンボ、アドバシングガードなど従来のカプコン格闘ゲームシステムを踏襲しつつ、リフレクガードなどの本作独自のシステムや、魔解放などFateらしいシステムも導入している。

ちなみに本作はバーサーカー以外のキャラクターは二段ジャンプを使えるが、ガードは存在しないのであまりぴょんぴょん跳ぶと簡単に落とされるので注意。

魔力ゲージ

画面したにある三分割されたゲージ。一本を100%とし、全て溜まると300%になる。

MELTY BLOODシリーズマジックサーキットに近いか。

また、各キャラクターのC昇などは相手のゲージを削る効果を持っている

リフレクトガード関連

RG(リフレクガード)ボタンで発動。相手の攻撃が当たる間に発動するとそれを弾き仰け反らせる。立ちしゃがみの区別はなく、どちらの攻撃も弾くことが出来る。

但しゲージ60%以上いと使用出来ない。また成功時はゲージを消費しないが、失敗するとゲージ60%消費してしまう。

リフレクガードが成功した場合、攻撃ボタンを何れかを押すことでリフレクカウンターが発動する。弱、中、強の順番に威が大きく、発生が遅くなる。リフレクガードで攻撃を弾かれた側は防備な状態になるがリフレクガードは行うことが出来る。リフレクガードが成立したあとの読みあいも本作の醍醐味の一つである。

またリフレクガードは通常技、必殺技、回り込み中でもキャンセルして出すことが可(これをリフレクガードキャンセル略称RCと呼ぶ)。これによりコンボの延長、隙消し、崩し等の様々な場面でリフレクガードは活躍することになる。

魔力解放

弱、中、強ボタンを同時に押すと発動する。魔解放には幾つか種類があり、それぞれ効果が違う。

待機解放

通称ノーマル解放。攻撃、ガード中以外に解放する場合(ダウン中もこれ)。解放後はゲージが減少し、0%になるまで以下のが付加される。

攻撃解放

通称キャンセル解放。攻撃中に攻撃をキャンセルして解放する場合。解放後はゲージが減少し、0%になるまで以下のが付加される。

防御解放

通称喰らい解放。防御中、ダメージ中に発動する場合。ゲージ200%消費する。所謂バースト

聖杯解放

画面上部中央にある聖杯ゲージを用いる。

聖杯ゲージは両者のダメージによって蓄積し、満タンになった後に最後に攻撃したプレイヤー聖杯ゲージを使用する権利を獲得する。

権利を持ったプレイヤーが魔ゲージMAXの時に防御解放以外の魔解放を行うと聖杯解放状態になり、キャラ固有の聖杯必殺技を繰り出すことが出来る。

動画を意識したプレイにオススメ。

補正切りについて

格闘ゲームで言う「補正切り」は、補正のキツいコンボをわざととぎらせ、その後の択でダブルアップを狙う行為、またはコンボミスってしまったがその後の択が噛み合って結果ダメージを奪ってしまった、もしくはコンボミス自体の皮に用いることが一般的である。

本作ではそれ以外の意味がある。

通常、超必殺技コンボつなぎ、締めに使う場合は補正が一50%かかるのだが、超必殺技の1フレーム以後に、本来の超必殺技以外の攻撃を命中させるとその50%の補正が切れ、超必殺技が補正しの生当てのダメージになる、というバグが本作には存在する。

とはいえ超必殺技の1フレームとはつまり超必殺技の硬直に当たるので、魔解放中に飛び道具超必殺技キャンセルするか、飛び道具キャンセル解放して超必殺技を当てるのがである。

上級者同士の対戦だと必須のテクになっており、この作品が世紀末聖杯戦争といわれる一因になっている。

その他の詳しいシステムインストカードや説明書をご確認ください。


キャラクター



セイバー


アビリティ:聖剣顕現・・・王結界を解放する。相手の仰け反り時間が通常よりも長くなる。また、超必殺技鉄槌約束された勝利の剣に変更される(こちらのは魔ゲージ300%ない場合でも発動する)。

機動とラッシュ、耐久に優れる騎士王。画面中央のストライクループ、画面端のエルフィンループという火力の高いループコンボを持ち、そのコンボ精度が強さに直結するキャラクター


衛宮士郎


アビリティ:聖剣加護・・・魔解放時の体回復が通常の1.4倍になる。またコンボ中もガンガン回復する。聖剣ってか聖剣じゃないの?

ユニクロ 色々と技はっており、耐久均よりは高めなものの、どれも中途半端な器用貧乏キャラ。近距離キャラ相手には飛び道具で牽制、遠距離キャラ相手には低い姿勢を活かして近づくなどの割り切ったオールマイティプレイで勝ちを狙うキャラアビリティによる体回復でタイムアップ勝利を狙うのもいいかもしれない。

なお聖杯必殺技は射殺す頭だが言峰綺礼には専用の演出に変化する(何れも追撃可)。


遠坂凛


アビリティ:ゼルレッチファリティ・・・魔ゲージ上にある宝石ゲージの残数がになり、宝石を消費しなくなる。

通常技のリーチは短いが発生がく隙も少ない。接近戦は連環腿や宝石を絡めたコンボが強。軸移動しつつ攻撃する門頂肘はガードされても隙がい。中段技はいが投げから追撃が入る。そして補正切りを用いた火力コンボ。そのサーヴァント爆発英霊トオサカと揶揄される。

最強キャラであるランサーギルの次点として数えられる。なお、耐久均程度である。


アーチャー


アビリティ:Unlimited Blade Works・・・詠唱を6回行って発動出来る固有結界

の二つのスタイルを持つテクニカルキャラ状態はまともな超必殺技がなく、状態は近づかれると何も出来なくなる両極端な兵。

の高い飛び道具で牽制し、難易度の高い、投影と補正切りを利用した高火力コンボを狙っていく。キャンセル手段が凄まじく多で、装甲も堅め…と、強さとしては安定しているが操作がそれに追いつかない玄人向けのキャラ

また一、聖杯必殺技を持たない。彼の持ち味である『限の製』の準備詠唱コンボに組み込む事ができ、魅せ技にしては実戦運用も不可能ではないよいに仕上がっている。


ランサー


アビリティ:戦闘続行・・・魔解放中の防御解放の消費ゲージ100%になる。

このゲーム最強キャラクターの一人リーチ、発生に優れた通常技をバラまいてヒット確認から高火力コンボに持っていく。ゲージの溜まりもいと強いづくし。弱点と言う弱点がほぼ存在しないというキャラ。(強いて言うなら少し耐久が弱めなくらい)

このゲームでは避けて通ることの出来ないと言えよう。原作での憤をらせたといえる


バーサーカー


アビリティ:十二の試練・・・11発分のスーパーアーマーが付加される。

飛び道具、対、突進、コマ投げと見たからは想像出来ない万な技に加え様々な技にスーパーアーマーが付いている。そして見た通り攻撃が高く、戦リーチが長い。当然、耐久も全キャラ最強である。但し、喰らい判定もでかく、二段ジャンプが出来なかったり、ダッシュや技の発生が遅かったりする。掛け合いで“重量級ながら軽量級並みの俊敏さ”とルヴィアさんも称賛する敏捷性Aなのにどうしてこうなった

その火力耐久の高さとスーパーアーマーによる技のぶつかりあいの強さで試合をぐちゃぐちゃにし、勝ちを拾うスタイル流。対策を立てないとコロッと負けてしまう。またコンボ較的簡単なのも魅か。


ライダー


アビリティ:魔眼キュベレイ・・・相手の速度75%に落とす。事前に自己封印・暗黒神殿を使用していないと発動しない。

おっぱいな牽制、ゲージ回収と運びに優れるストームループゲージ削りに見えない起き攻め、高性な軸移動とバクステ等等、立ち回りが非常に強い。反面火力耐久ともにやや劣る程度なので、起き攻めでどうハメ殺すかが最重要課題になる。

理論値が低く、実践値に優れたいわゆる『荒らしキャラ』。闘劇においてはベスト8に3人ものライダー使いが居たことから、大会での強さが理解出来るだろう。


キャスター


アビリティ:高速・・・一部の連続使用制限がある必殺技の制限がくなる。

飛び道具を用いたえげつない起き攻めが持ち味の若様。対策を立てないと意味不明の起き攻めに一で体を減らされてポルナレフ状態になってしまう。また高難易度ながら補正切りコンボ備している。

が、体で、通常技も弱く、切り返し手段も皆無なため、一度導権を握られるとそのまま負けてしまうパターンが多い。常に導権を握る立ち回りが要される。


アサシン


アビリティ:宗和の心得・・・攻撃がリフレクガードされなくなる。

無敵技に当て身ガードキャンセルと守りのは優れており、そこからのリターンもある。リーチも長く、なんだかんだ技もっているが、ゲージ削りが低く、相手に魔を与えてしまうのが最大の欠点。火力も体も低く、崩しのリスクも高い弱キャラどうしてこうなった


ギルガメッシュ


アビリティ:王権顕現・・・22RGの専用技追加。


次へ»
最終更新日: 14/08/15 12:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ