ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Fate/Zero


ヨミ: フェイトゼロ
掲示板をミル!
10223カキコ!

Fate/Zero』(フェイトゼロ)とは、TYPE-MOONの作品『Fate/stay night』の10年前にあった第四次聖杯戦争ニトロプラス所属のシナリオライター虚淵玄が描いた小説作品である。カバーイラストや挿絵はFate本編と同じく武内崇


概要


全4巻からなる小説作品。2006年コミックマーケットにて第1巻が頒布され、2007年コミックマーケットにて第4巻が頒布された。これ以降も設定資料集・ドラマCDなどが作られている。

もともとは『Fate/stay night』のファンディスクFate/hollow ataraxia』内で予定されていた企画であったが、発展・独立し、全4巻の単行本がTYPE-MOON発行の同人誌としてまとめられた。hollow内ではその予告などが劇中劇おまけとして存在している。

同人アイテムとして発行されたため一般の書店には流通せず、とらのあななどの同人ショップAmazonなどの通信販売サイト、あるいは虚淵玄の所属しているPCソフト開発会社「ニトロプラス」の通信販売などで取り扱われているのみだった。が、2011年1月からに星海社から文庫版として順次刊行され、一般の書店でも手に入るようになった。なお、2010年12月から文庫版公式サイトにて第1巻の全文が順次開中である。

また、2010年12月にはアニメ化を発表。
2011年10月1日から12月に一期、2012年4月から7月まで二期が放送された。

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

(これ以降、特に断りなくFate本編という単が出てきた場合、それは『Fate/stay night』あるいは『Fate/hollow ataraxia』をす)


Fate/stay nightとの関連


Fate本編の10年前を描くというコンセプトのため、Fate本編で言及された過去の戦いに関する事柄をなぞる展開が多数存在している。例を挙げるならば、「切嗣は人質を取ったり、ビルごと爆破したりした」と言峰綺礼が言及していたことや、セイバータコに関する苦戦の記憶、征服王イスカンダルの存在などはそれを覆していない。

その一方、セイバー聖杯めている願いが違うなど、Fate本編に向けた多数の伏線り巡らされている。

物語は当然の事ながら多数の解決されない(なぜ聖杯が汚染されていたかなど)や、すっきりしないまま放置された事柄(イリヤはその後どうなったのか)が残されたまま終わりを迎える。これらの解決は『Fate/stay night』に任されている。

Zeroは正史か否か

Fate本編との矛盾が数多く摘されていた。なものとしては「アイリスフィール聖杯戦争への参戦」「木の大災害を引き起こした人物が違う」「セイバーの戦闘回数」など。この事からファンの間ではFate本編との関連性、に「正史であるか否か」について長く議論されることになる。

このことに関して原作者である奈須きのこは以下のような発言をしている。

そう、ZERO正史であり、同時に、『Fate/stay night』とはあり方を別にする伝奇アクションなのだ。

同人版『Fate/Zero』第1巻解説

この四巻をもって「Fate/Zero」は外伝ではなく、まぎれもなく本編に連なる物語となった。 

同人版『Fate/Zero』第4巻解説

制作会議の一回、自分がスタッフさんにった言葉は以下のものです。
「極端な話ですが、物語性においても映像面においてもzeroとは別のモノと考えてください。
 stay nightしたものとZeroしたものは別のもの。
 これを遠慮に繋げてしまうと物語空気感も破綻します。
 stay nightzeroも違う作家が書いた違う物語だからこそ、互いを尊重しあえるものなんです」

(中略)

自分はzeroという大仕事を終えてくれたスタッフに「前の仕事の方法論は忘れてほしい」と言ったのです。

 Fate/stay nightの再アニメ化について 竹箒日記[外部]

Zeroは「stay nightと条件は同じだけど微妙に違う世界

Fate/strange Fake』第1巻あとがき


ストーリー


手に入れた者の願いをえるという万魔法の釜、聖杯

それをめぐって戦うは7人の魔術師マスター)と7人の英霊(サーヴァント)。

奇跡めるのならば他の6組を倒すべし。戦いの末に聖杯は降臨する。

日本地方都市木」にて四度魔術師達の闘争が始まろうとしていた。


主な登場人物



次へ»
最終更新日: 18/02/13 13:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ