ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


FF:U 〜ファイナルファンタジー:アンリミテッド〜


ヨミ: ファイナルファンタジーアンリミテッド
掲示板をミル!
136カキコ!

タイトルロゴ

『FF:U 〜ファイナルファンタジー:アンリミテッド〜』とは、ゲームファイナルファンタジーシリーズ原作としたオリジナルアニメである。
アニメーション制作GONZO

ニコニコ動画では、基本的に略称の「FF:U[動]」でタグ登録される。

概要

お前に相応しいソイルは決まった!(`・ω▼´)9m

2001年10月2日2002年3月26日テレビ東京系列火曜18:30で放送された。全25話。

召喚獣」「オメガ」「クリスタル」「チョコボ」「サボテンダー」などといった、ゲームと共通するキャラクターや設定が沢山登場している。
しかし、世界観は全にオリジナルで、ファイナルファンタジーシリーズとしては奇抜な設定も多々登場する。
シドを若者に設定するなど、意図的なものかは不明だが本家FFに先駆けて色々冒険もしていたりする)
野村哲也天野喜孝キャラクター原案によるキャラクター達のほか、CGが多用されているのも特徴。
特に、主人公であるが「魔」を撃つシーンは本作最大の見所である。
ベースコンセプトプランニング(全体の原案)は、『ファイナルファンタジーシリーズ(初期)や『サガシリーズなどで知られる河津秋敏

まったくの現実世界から話が始まるという冒頭の展開や、序盤の数話の内容などは批判も結構あったものの、その後は視聴者メインキャラクターに慣れていくにつれて安定した人気を獲得していった。
作画や個々の話の内容について出来不出来の差がややしい作品ではあったが、メインキャラクターや全体的な話の流れなどは総じて評価は良く、「ファイナルファンタジー」の新解釈としても興味を引かれたファンが少なくなかった。

しかし、本来は全52話(4クール、一年)の予定だったのに対し、スクウェア映画版『ファイナルファンタジー』でギネス級の記録的大赤字を出してしまったことで、スクウェア映像事業からの撤退を開始。本作のスポンサーからも撤退したことで本作は放映を続ける手立てがなくなり、25話に短縮された。
映像事業から撤退するって言っておいて直後にアドベントチルドレン作ってたことは秘密な!
他にエイベックススポンサーだったため、DVDなどの関連媒体はエイベックスから出ている。

その後、書籍やドラマCDなどで本編終了後の続編にあたる物語られたが、未完のまま終わっている。
今もなお、続編をめるファンは多い。

ストーリー

ある日、佐渡の洋上に突如として現れた巨大ない柱「闇の柱」。
さらに闇の柱からはが現れて出撃された軍隊をなぎ払うが、そこにが現れ、戦いの末に相打ちとなって共に消滅した。
残された闇の柱は、後に研究者のハヤカワ夫妻によってこことは異なる異世界「異界」に通じるだと提唱されることになる。

『界列の日』と呼ばれるその日から12年。
自ら異界に行ってその存在を確かめたハヤカワ夫妻は、再び異界に行ったまま戻らず行方不明になっていた。
ハヤカワ夫妻の子供であるアイユウの二人は両親を探すため、ネットの噂をもとに見つけた異界に通じるという「地下鉄」に乗り込む。
地下鉄内で出会った女性リサと共にやってきた世界は、まさに「異界」であった――――

登場人物

個別のキャラ紹介はWikipediaファイナルファンタジー辞典Wikiなどに詳しい(ただし、ネタバレ記述も多いので注意)。

「風」と「雲」

[画像] - CV神奈延年
本作の主人公常に無口無表情謎の男ユウリサなどからは単に「」と呼ばれる。
かつての戦いの後遺症で記憶を失っており、一記憶に残っていた「」を追って異界をさまよっている。
右腕と一体化した「魔」に「ソイル」の込められた魔弾を装填、発射することによって、様々な召喚獣を呼び出すを持つ。そのは強大。
決め台詞は「ソイル!」「お前に相応しいソイルは決まった!」

 

[画像]魔剣士) - CV石田彰
ミステリアスな雰囲気を持つ青年
混沌の化身たる伯爵に仕えており、時折の前に現れては意味深な言葉を残していく。
瓶に込められた「ミスト」をで一両断することによって、一召喚獣)を呼び出すを持つ。そのはやはり強大。
合言葉は「相変わらず素敵だね……」「感謝する……」

 

 

その他のメインキャラクター

コモディーン

伯爵+ガウディウム四凱将

その他のキャラクター

外界の章

予定されていた全52話のうち、実際に放送された前半25話は「異界の章」、られなかった残り半分が「外界の章」と呼ばれている。
「外界」とは異界ではない「この世界」のことで、舞台をこの世界に移して物語が展開されている。
しかし、この「外界の章」についても未だ全にりきられてはおらず、全てをつなぎ合わせても未だ残されているは多い。

しかし、現在ムックWeb小説については入手・閲覧共に困難な状況である。

大人の事情

前述の通り、坂口博信製作した『ファイナルファンタジー(映画)』がギネスブックにも認められるほどの大赤字になった影で、全52話の予定が半分の25話になったと言われている。

しかし、あるファンが総監督前田真宏、コンダクター米たにヨシトモのお二方に直接話を伺ったという文章によると、アニメ製作スタッフは経験の少ない者が多く、当時のスケジュールはとても厳しいものだったらしい。FF:Uの大人の事情には、そうした元々アニメを続けていくのが困難だったという事もあるのかもしれない。

その他にも、製作会社の事情や親会社の方針などで続編には多くのが立ちはだかっている。
当時のスクウェア側での責任者も少なからず社を離れていることもあって、現状としては絶望的である。
(ちなみに本作のゼネラルプロデューサーである田中謙介は、現在角川ゲームスで『艦これ』のプロデューサーをしている)
の結末は視聴者の胸の中に……

関連動画


■sm6331413[ニコ動]

■sm1709722[ニコ動]
■sm485157[ニコ動]
■sm1823501[ニコ動]
■sm13582103[ニコ動]
■sm3747881[ニコ動]
■sm6945228[ニコ動]
■sm4075632[ニコ動]

関連静画

■im3134301(静画)
■im2917291(静画)

関連商品

■azB00005V471
■azB00006II9T
■azB00005R6AV
■azB00005Q846
■azB00005ULBT
■azB00006YXSR
■az404427701X
■az4887870353
■az404853498X
■azB00005R6AW
■azB000062VAG
■azB000098YMT

関連項目

外部リンク


最終更新日: 18/11/15 19:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ