ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


HBCラジオ


ヨミ: エイチビーシーラジオ
掲示板をミル!
5カキコ!

HBCラジオとは、北海道(及び青森)を放送対地域とする北海道放送運営するAMラジオ局である。札幌本局は1287khz、コールサインはJOHRJRN、NRNのクロスネット火曜会加盟局。


概要


1952年に全7番民間放送局として開局。

ネットワークJRNとNRNのクロスネットである。これはSTVラジオの開局と中継局整備が遅れ、古くから文化放送ニッポン放送との関係が強かったため。1965年ネットワーク立ち上げ時にクロスネットを選択した。
2000年代初頭まではSTVラジオの自社制作率が高かったため、STVネットできない多数のNRN系番組を抱えていたが現在は減少傾向にある。しかし「レコメン」「キニナル」「高田純次毎日パラダイス」「ココロオンガク」「箱根駅伝中継」「テレフォン人生相談」「ミュージックスクランブル」「福山雅治オールナイトニッポン魂のラジオ」「ももクロくらぶxoxo」と多数のNRN番組が現在も放送されている。「今の三枚おろし」は企画ネットとして独自内容で放送している。

時報2012年まではスジャータ2013年からはサークルKサンクス提供2014年4月以降は北乃カムイを中心に独自制作時報が放送されている。北海道青森の農作業中のリスナーを対とした農除草剤、種苗のCM日中高い頻度でよく流れる。の元、洞爺サンパレスモナカの2、5CM深夜ムード歌謡歌手の販促CMなどSTVラジオAIR-Gでは流れない独特なCMが多い。 

テレビラジオに限らず他局の話題を番組内で話すことに一切の制約を設けていないのも特徴。特に「大泉洋のサンサンサンデー」では大泉が他局の話を持ち出すことが多い(もちろん、トークの後にはHBCの宣伝を行うが、あまり意味をなしていない)。


可聴地域


北海道全域、及び青森県のほぼ全域でも聴取可青森県では津軽地区は函館局。三八地区は札幌局、室蘭局の電波間でも届く。北海道ラジオ局だが、青森県にもを入れており、ホームページ上でもサービスエリアに入っており、「北海道青森みなさん」などと青森リスナーを考慮していたり、フェリー情報を流したり、青森からのメールやお便りが来たりする。青森の放送は面くないと青森メディア関係者が言っているくらいですし

札幌本局は東京以北の民放AMラジオ局では最大出50kwの高出で送信されている事もあり、間は名古屋以東の東日本一帯で聴取可。ただし西日本では周波数が隣り合うRKB毎日放送の影を受けるため受信が難しい。


♪ニュースと天気と道路情報~


1996年4月よりニュース道路情報天気予報平日日中、毎正時と30分過ぎに放送している。これだけの高頻度で情報が入るのは全AM局でも稀である。

内ではあまり交通情報は重視されていなかったが、JR地下鉄の運休情報高速道路通行止め情報期の航空情報などを細かくカバーする事で支持を集めた。

尚、道路情報国道36号線、恵庭松沢付近を千歳方面へ向かってドライブ中の皆さん。スピード出し過ぎていませんか?」などと呼びかけが入る事があるが、これはねずみ取りの情報である。「スピード出し過ぎていませんか?」はスピード違反の取り調べ。「シートベルトはきちんと締めていますか?」だとシートベルト装着違反の取り調べ中である。

尚、警とも提携しており、SOSネットワークに加盟している。迷子老人、失踪者などの情報が流れる事もある。


聴取率


1984年まではナンバー1聴取率を誇っていたが、1985年の調STVに敗れ、それ以降低迷する。1996年にはFM NORTHWAVEにも負け、最下位となってしまった。

かしこ1996年4月編より30分に1度の情報を開始。「タテノリライブパーティー」など深夜番組で人気を博した元ストリートダンサーYASUメインに据えた「カーナビラジオ午後一番!」がスタート。その後は小橋中野といった若手が台頭し、徐々に聴取率が回復。

2004年北海道日本ハムファイターズ札幌ドームに移転する報を聞いたHBCはいち2003年から土日を中心にファイターズ中継の放送を開始。移転後はそれまでTBSネット受けであったナイターファイターズ一色にし、番組内でもファイターズ話題を多く取り入れファイターズファンを中心に多くのリスナーを獲得した。

2006年調では「カーナビラジオ午後一番!」がSTVラジオの「ときめワイド」に勝利2010年調では平日聴取率ナンバー1をSTVから奪還。そしてついに2012年の聴取率調で27年ぶりにSTVラジオから総合聴取率1位を奪還した(HBC2.2% STV2.0%)。


♪ファイターズ聴くならHBC~


北海道日本ハムファイターズ中継ならHBCラジオというくらい民には認知度が高い。移転前年の2003年から不定期中継を開始し、移転元年の2004年から本格放送開始。それまでHBCSTVキー局受けの巨人戦しか流れていなかった北海道のナイター中継にを開けた。

STVが移転当初、ファイターズ戦の中継をガン視していたため足固めに成功し多数のリスナー獲得に成功し、低迷していた聴取率が一気に回復した。札幌ドーム内にラジオの再送信設備があるため、札幌ドームでHBCラジオを聴きながら観戦するファンも多い。「ラジオを持ってドームに行こう」というスポットCMもよく流れている。

STV大人の事情で土日のデーゲーム及び平日デーゲームの放送を行わないためHBCの独占放送となる。平日デーゲームの際は『カーナビラジオ午後一番!』の放送短縮と『夕刊おがわR』を休止し全放送を行う。しかしあらゆる複雑極まりない都合でヤクルト催試合のみは放送ができず、レギュラーシーズン全試合放送は果たせていない。新井が悪い新井が。

Radikoストリーミングシェアも高く、2014年開幕から2週は7割近い占拠率を獲得。2014年5月3日の放送は土曜日で独占放送という事もあり、最高82.9%という数字を叩き出した。北海道Radikoを使いラジオを聴取している人の8割以上がHBCラジオを聴いていた事になる。


関連動画


HBCラジオに関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連項目



最終更新日: 16/10/25 11:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ