ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Ingress


ヨミ: イングレス
掲示板をミル!
66カキコ!

『Ingress(イングレス)』とは、Googleが開発したスマートフォン向けのゲームアプリである。
基本的なコンセプトは「世界規模の取りゲーム」。


概要


The world around you is not what it seems.
(あなたの周りの世界は、見えたままのものとは限らない) 

Googleの社内スタートアップNiantic Labs」(ナイアンティック・ラボ)によって作られたゲームで、2012年11月Android版がリリースされてから、1000万以上のダウンロード数を誇る。
イアンティックは2015年8月Googleから独立した企業となった。

参加するにはGoogle(Gmail)アカウントが必要
プレイヤーは参加時、緑色の「Enlightened」(エンライテンド)青色の「Resistance」(レジスタンス)のどちらかの営を選び、「ポータル」と呼ばれる拠点を巡って取り合戦を行う。原則的に営は変更できない(公式サポートメールで問い合わせを行えば一回だけ寝返ることが可APは0になり最初からやり直しとなる、ただしメダルは消去されない)。

IngressのマップGoogleマップデータその物を使用しており、ポータルには神社閣などの名所旧跡や芸術作品、郵便局などのリアルの場所が設定されている。

マップGPSによる自分の現在地が中心となっているため、的のポータルに行くためにはリアルでそこに移動する(半径40メートル以内に入る)必要がある。

ポータルを制圧(キャプチャ)し、自営が制圧したポータル同士を結び(リンク)、三角形を描くことで「コントロールフィールド」(CF)が形成される。両営でこのコントロールフィールドのMU(マインユニット)数を競うというのが基本的なルールである。

取り合戦と位置ゲーを組み合わせたゲームであるが、背景となるストーリー描写の緻密さ、俳優を用いた要人物が活躍する公式動画の数々や、暗号解読などの解き要素なども含めて、世界中のプレイヤーを熱狂させている。

Android版がリリースされてから日本でもそれなりに話題になったが、ゲーム内はもちろん開される情報が全て英語だったことと、日本スマートフォンユーザーが当時半数以上iPhoneユーザーだったため、それほど流行らなかった。

しかし、2014年7月iOS版がリリースされたのと前後してゲームの一部が日本語に対応し、公式動画にも日本語字幕が付くようになったこと、そして伊集院光ラジオ深夜の馬鹿力」でプレイしていることをカミングアウトしたことなどを機に、日本でも爆発的にプレイヤーが増えた。
そして2015年3月アップデート全日化が行われ、プレイするにあたってのハードルの引き下げが行われた。

2018年10月17日からはフジテレビ系列深夜アニメの「+Ultra」にてテレビアニメINGRESS THE ANIMATION』が放映開始となる。詳細は当該記事参照のこと。


2つの陣営


営は以下の2つから選ぶ。


アクセスレベル


ingressではプレイヤーレベルの事をアクセスレベル(A??)と呼ぶ。アクセスレベルは1からスタートし、ポータルをハックしたり、レゾネーターを刺したり、リンクを繋いだり、コントロールフィールドを形成したり、敵レゾネーターを破壊したりするとアクセスポイントと呼ばれる経験値(AP)が溜まっていきレベルアップする。

不定期ではあるが、イベントで獲得APが2倍になるキャンペーンが行われる。

獲得可経験値
行動名 獲得経験値 注意事項
・中立ポータルハック 0
ポータルハック 100
リフハック 50~462 1問でも不正解→正解数×50

全問正解→正解数×40+
ハックボーナス点+残り時間ボーナス
・中立ポータルにレゾネーターを刺す 125
中立ポータルを制圧 500
スロット最後のレゾネーターを刺す 250
他人のレゾネーターのアップグレー 65
ポータルへXMリチャージ 10 1回につき10ポイントなので、経験値を稼ぎたいなら
めてチャージするより小出しにチャージボタン
連打のほうが獲得経験値は多い。
ポータルMOD投入 125
ポータルフラッカーを使用 500
ビーコンを使用 500
ポータルリンクを行う 313
コントロールフィールドを形成 1250
敵レゾネーターを破壊 75
リンクを破壊 187
コントロールフィールドを破壊 750
新規プレイヤーを招待 3000
新規ポータルが承認される 1000
ポータル写真追加が承認される 500
ポータル名称変更・説明文追加変更が承認される 200

レベルは最大16まで存在するが、レベル9以上になるには経験値に加え、「メダル」と呼ばれる実績ポイントを稼ぐ必要がある。
メダルは5段階あり、下からブロンズ→シルバーゴールドプラチナ→オニキスの順となる。

レベル レベルアップ条件 当該レベル
必要AP 必要メダル アイテム使用可レベル XM保有上限
1 0 1 3000
2 2500 2 4000
3 20000 3 5000
4 70000 4 6000
5 150000 5 7000
6 300000 6 8000
7 600000 7 9000
8 1200000 8 10000
9 2400000 シルバー以上×4
ゴールド以上×1
11500
10 4000000 シルバー以上×5
ゴールド以上×2
13000
11 6000000 シルバー以上×6
ゴールド以上×4
8
ポータル申請可
14500
12 8400000 シルバー以上×7
ゴールド以上×6
8
(リーコン参加可
16000
13 12000000 ゴールド以上×7
プラチナ以上×1
17500
14 17000000 プラチナ以上×2 19000
15 24000000 プラチナ以上×3 20500
16 40000000 プラチナ以上×4
ニキス×2
22000

XM


XMとは、「エキゾチックマター」と呼ばれるもので、このゲーム中のエネルギーに値するもの。画面内にる玉があり、それがXMである。
画面上部に所持容量ゲージがあり、プレイヤーレベルが上がると所持可容量が増加する。
ハックやデプロイ、リンク、リチャージ、攻撃等の行動で消費、
画面内のXMに近寄るorパワーキューブを使う、不要なアイテムリサイクル(捨てる)することで回復が可


MU


MUとは、「マインユニット」の略。コントロールフィールドを作るとスコアを獲得することが可
スコア面積・人口密度をもとに計算されるので、都市部ほど少ない面積で多くのMU数を得られる。
上にコントロールフィールドを形成してもたいしたスコアを得られない。そのことについては、「おMU」というスラングがあるほど。


メインアクション



ハック


ハックとはそのポータルに行きアイテムを入手する行為。
レベル付きのアイテムは、ポータルレベルプレイヤーレベルのうち一番低いほうの-1~+2のものが出現する。
そのポータルポータルキーを既に持っている場合はハックしても2個以上のポータルキーは入手不可能であるが、ポータルキーをその場にドロップする、カプセルポータルキーを全て格納する、
もしくは後述のグリフコマンドを行えばポータルキーを所持したまま2個以降のポータルキーを獲得することが可
アイテム出現は抽選なので、ポータルキー100%出る保

なおハック時にボタンを長押しすると「グリフハック」というモードに切り替わる。
リフハックは画面内に11箇所のドットが表示されており、まず図形(最大5個、覚える数はポータルレベルプレイヤーレベルのうち一番低い方が選択)が表示され、その後入画面に切り替わる。制限時間内に表示された順番どおりに図形をトレースする。
各グリフには意味が設定されているほか、グリフパターンはある程度固定されており、ある一定のキーフレーズが成立するようになっている。
リフハックスタート前(2)にはコマンドチャンネルオープン画面があり、そこで特定コマンドを入するとグリフハックのモードを変更することが可

コマンド
リフ
キー出現操作
コマンド
more ポータルキーを既に所持していても、キー2個以降が出るようになる。
あくまでも抽選なのでキー100%出る保い。
less ハック時にポータルキーを貰わないようにする。
※このコマンドを入れてしまうと100%キーが出なくなるので要注意。
リフ時間操作
コマンド
simple リフお手本表示時間を延長。難易度低下モード
complex リフお手本表示時間を大幅短縮。難易度向上モード

キー出現操作コマンドと、グリフ時間操作コマンドは組み合わせて入する事が可
例えば、more + complexと組み合わせる事により最短でキーを入手などのハックが可

出題数
レベル 出題数 制限時間
中立・1 1 20
2 2
3 3
4 19
5 18
6 4 17
7 16
8 5 15

正解すれば入手可アイテム数が増加するほか、レアリティの高いものの入手確率も上がる。
また、後述のメダル実績にも関わってくる。


次へ»
最終更新日: 18/09/20 01:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ