ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Intel


ヨミ: インテル
掲示板をミル!
211カキコ!
曖昧さ回避 この記事は半導体の会社について記述しています。
サッカークラブについては「インテル」を参照してください。

 

Intel(インテル)とは、世界有数の多半導体メーカーである。


概要


[画像]

 PCCPUメーカーとして有名であり、世界初の1チップCPU4004」を開発した企業でもある。半導体、及びCPUにおいて世界第一位のシェアを誇る[外部]

 イメージCMの「もしも○○にIntelが入っていたら」が有名。
 ニコニコでは、上記CMの繋がりで「ある事柄に対して人的な腕前を披露している人」「途中までは"それなり"の腕前なのにある間から本気を出す人」「途中から急加速する人」の動画に付けられるタグになっている。

 アメリカを本拠地とする多企業世界中に研究・開発・製造施設があるが、要拠点の一つがイスラエルにあり(Core2イスラエルチームの設計)、同にとって最大の外資系企業になっていることからユダヤ陰謀論者などに非難されることがある。

歴史

 初期はメモリーチップであったが、当時勢いのあった日系メーカーに押されてくに撤退。代わって、自ら市場開拓したCPU事業とした。

 80年代の初期CPU市場を、しい競争の末「80x86シリーズによって席巻。後継ブランドである「Pentiumシリーズ、「Coreシリーズ等によって長年にわたり圧倒的業界トップの座を堅持している。

 どの大手メーカーPCCM冒頭に「Intel inside(インテル入ってる)」というキャッチコピーが挿入されている通り、大手メーカーPCの大半に採用されている。

 現在ライバルPCCPU市場においてAMDVIAサーバーCPU市場においてAMDIBMなど。


マイクロプロセッサの開発


1969年日本のビジコンより依頼されたプログラム制御電卓用のプロセッサとして、当時まだ新しかったICを使ったものを提案した。それがi4004と呼ばれるマイクロプロセッサであった。
1971年に開発が了し、ビジコンへ納品されたが、後にさらなる用途に使えることに気付いたインテルは、ビジコンに契約の一部を返すことで販売権を取得し、i4004をリリースした。

このときビジコンで開発に携わってた正利がインテルに移籍し、1974年8ビットCPUのi8080を設計、その後退職してザイログ社の設立に関わり、そこでi8080を元に、多くのコンピューターに採用されたZ80を設計している。 


「80x86」から「Pentium」「Celeron」へ


1979年には、16ビットCPUとしてi8086を発売、これとデータバスを縮小したi8088が、IBM-PCNEC PC-9801などに搭載され、後のビジネスPC向けCPUとして一大勢を築くこととなった。

 当初は「80386」(i386)など単純な番だけの製品名であったが、競合他社の製品が似た番を使う事態が頻発した(例:AMDの「Am386」)。

 単純な番では商標登録が出来ないため、製品に固有名詞のブランド名を付ける必要性が生じ、1993年発売の第5世代製品"P5(開発コードネーム)"系を、ギリシャ語の「5番」から取った「Pentium」と命名した。

 しばらくして、初~中期版のPentium("P5"と良版の"P54C")に特定条件で除算を誤る設計ミスが発覚した。最終的に対策版の"P54CS"に償交換する大規模なリコールに発展したが、この対応が大々的に報道される事によって一般人にも「Pentiumブランドが認知される結果となった。

 その結果、第6世代("P6"系)に世代交代しても「Pentium」の名前は受け継がれ、PRO(95年)→II(97年)→iii(99年)と良が繰り返され、2006年半ばまでIntelのブランドとして名を馳せた。

 「Pentium II」時代には、低価格帯での競争化の結果、「Pentiumシリーズからいくつかの付加機省略して低価格化したサブブランドCeleron」が登場。ライトユーザー向けの低価格PCブランドとして定着した。


NetBurstの失敗


 2000年発売の「Pentium 4」では、"P6"系の集大成であった「Pentium iii」末期に、クロック(駆動速度)向上競争でAMDの"K7"系CPUAthlon」に後れを取った反から、"NetBurst"という基本設計を採用。「1クロック当たりの演算効率は"P6"系や"K7"系より悪いが、クロック数を非常に上げやすいので全体の性は高くなり、その上クロック数が実際の性より大きく見える」という物であった。

 しかし、極端なテンポの高クロック化による発熱の増大が、製造技術上のと重なった結果として当初の予想以上に深刻化。04年発売のPentium4後期モデル"Prescott"を最後に当時の排熱技術の限界に達し、それ以上のクロック向上や大幅な良に行き詰まった。

 間に合わせの性向上策として、「Penium 4」を2個つなげた「Pentium D」が05年に発売されたが、あまりにも熱が酷い上に性の向上幅も大きくなかったため評判は非常に悪く、「Intel史上最悪のCPU」とまで酷評された。

 これによって、クロック数より計算効率を重視した設計"K8"に転換して成功したAMD社の「Athlon 64シリーズに、絶対性と消費電当たり性の両方で大敗し、パワーユーザー向け市場サーバー市場シェアを大きく奪われる結果となった。


Coreで復活、現在へ


 "NetBurst"系の失敗により、さらにクロック数優先になる予定だった当初の次世代コア"Tejas"は破棄された。代わりに採用されたのが、「Pentium M」の基本設計を拡し、デスクトップサーバーに転用するプランであった。

Pentium M」は、発熱のためにノートPCへの搭載が困難な"NetBurst"系の代わりに開発されていたCPUで、"P6"系をベースとし、"K8"と同等以上に計算効率優先の作りであった。

 「Pentium M」を拡した基本設計は"Core"系と名付けられ、06年始めに事実上のプロトタイプとなる「Core("Yonah")」が、には完成である「Core 2("Conroe")」が発売された。

 「Core 2」は「Athlon 64」を上回る性と「Pentium4・D」のおよそ半分という低発熱を併せ持ち、極めて高い評価を受けて新しいIntelのブランドとなった。一方、「爆熱」という悪評が定着してしまった「Pentium」は役の座を降り、現在では「Core 2」と「Celeron」の中間として存続している。

 2008年11月16日に、"Nehalem"世代の上位ブランドとなるクァッドコアCPUCore i7("Bloomfield")」が発売された。"Core"をベース較的苦手だったサーバー用機を中心に拡されている。

 "Nehalem"および"Westmere"世代の製品は大まかに3シリーズに分かれることが明らかになっており、「Core i7」はその上位。中位シリーズ("Lynnfield")は「Core i7」のコストダウン版で、2009年9月発売。オンボードGPUを統合する下位シリーズ("Clarkdale")は、技術上の問題で"Nehalem"世代ではなく"Westmere"世代からの追加となり、2010年1~3月発売となった。

2011年には第2世代として"Sandy Bridge"が登場し、新たに拡としてAVXが装備された。
ハイエンド向けのLGA2011対応モデルと、ミドル以下向けのLGA1155対応モデルが登場し、LGA1155モデルではGPUが内蔵されるようになった。
翌年には第三世代として"Ivy Bridge"が登場、Sandy Bridgeより22nmプロセスに切り替えることで消費電を抑えている。

2013年には第四世代の"Haswell"が登場、AVX命はAVX2となって拡され、演算処理ポート数を拡するなど、全体的な良が進められている。また、下位モデルGPU部分も性アップされ、"Iris"というブランド名も付けられた。

2014年には第五世代の"Broadwell"が登場、前世代のHaswellより14nmプロセスに切り替え・低発熱・性向上を図っている。

2015年には第六世代の"Skylake"が登場、これまで一部のCPUでしか対応していなかったDDR4メモリに標準対応し、 クロック当たりの効率上昇と併せて全体的な性向上が見込まれる。GPU面ではDirectX 12に対応、H.265に用いられているHEVCハードウェアエンコードデコードに対応するなど。


将来


 製品開発の予定表は、非公式情報を含めると、大まかではあるがかなり先まで明らかになっている。基本的には設計の良と製造技術の世代交代を交互に行う堅実なプランになっていて、”TICK TOCK戦略"と呼ばれる。TICK TOCKとは字面の通り時計の音の擬音語チックタック」の意味で、先述した交互に行う世代交代をこの擬音語で表現したものである。これは両者を同時に行って泥沼にはまり、後継品の開発中止など大混乱を招いた"Prescott"の教訓である。
 08年11月時点で開発コードネームが判明しているCPU開発計画は以下の通りである。

また、次世代CPUであるIvy BridgeではCPU自体の性の向上よりも、内蔵GPUの機アップグレードを検討において開発されており、リークしたベンチマークによると720pの解像度でそこそこヘビー級のゲーム30FPSで動いており、同じく内蔵GPUの性向上を検討において開発されているAMDFusionに対して大きなアドバンテージを獲得できると思われ、また単体のGPU製品であるAMDRADEONシリーズ」、nVIDIAGeForceシリーズ」の両方のシェアを大幅に奪うことが予想される。

現に三桁代のCorei7からの大幅なGPUの向上を果たしたSandyBridgeにより、中国市場ではローエンドのGPU製品(RADEON GeForce共に)の売上が大幅に低下しているようである。

08~09年 "Nehalem"(設計良) →Core i7
10年 "Westmere"(製造技術更新) → Intel CoreプロセッサーファミリーCore i7/i5/i3
11~12年 "SandyBridge"(設計良)→Intel 第二世Coreプロセッサーファミリー
12~13年 "IvyBridge"(製造技術更新)→Intel 第三世代Coreプロセッサーファミリー
13~14年 "Haswell"(設計良)→Intel 第四世代Coreプロセッサーファミリー
14~15年 "BroadWell"(製造技術更新)→Intel 第五世代Coreプロセッサーファミリー
15年~ "Skylake"(設計良)→Intel 第六世代Coreプロセッサーファミリー
16年~? "Kabylake"(リフレッシュ)

現在の主な製品



CPU


現行世代


次へ»
最終更新日: 18/02/24 13:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ