ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


IRいしかわ鉄道


ヨミ: アイアールイシカワテツドウ
掲示板をミル!
17カキコ!

IRいしかわ鉄道とは、JR西日本から経営分離された石川県内の北陸本線運営を行っている鉄道事業者である。2013年7月までの社名は「石川県並行在来線株式会社」。


概要


2015年3月14日北陸新幹線長野駅金沢駅間)開業に伴い、同区間での並行在来線の経営分離が行われることになった。このうち、石川県区間の運営を行う事業者として、2012年に「石川県並行在来線株式会社」が設立された。IRは「石川・レールウェイ」の略で、「がある」、「JRの一歩先を行く」サービスすの意味。

路線は、北陸新幹線の西端である金沢駅から富山県との県に近い伽羅までの17.8kmで、は5のみとなっている。これは新幹線建設に伴いJRから分離された並行在来線としては、青い森鉄道の当初開業時(八戸駅25.9km、7)を下回る最短・最少数である。
北陸新幹線賀延伸時は福井県まで3セク化されることになっているが、IRいしかわ鉄道が引き継ぐのかどうかは現時点では未定である。

東に隣接するあいの風とやま鉄道とは、JR当時を踏襲する形で相互直通運転をしており、金沢駅富山駅泊駅列車が設定される(1日1往復のみ、さらに先のえちごトキめき鉄道糸魚川駅まで直通)。
あいの風とやま鉄道と直通する快速あいの風ライナー」が平日のみ運転されるが、300円のライナー券が必要で、IRいしかわ鉄道線内は金沢駅以外はとなる。
JR七尾線とも直通運転が行われる。特急七尾線直通の8往復(「サンダーバード」1往復、「能登かがり火」5往復、観光特急花嫁のれん」2往復)のみが運行されるため、金沢津幡駅間のみ特急が乗り入れる。普通列車は、413系415系特急と同様に乗り入れ、IRいしかわ鉄道線(金沢駅間)、七尾線の各に停する。
JR線、あいの風とやま鉄道と所定の区間内で乗り継ぐ場合は乗継割引が設定される。

使用車両521系JR西日本から5編成譲渡された。

年間の運賃収入が10億を越えたため、通年で黒字が予想されている。

JR西日本・IRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道の3社は2017年4月15日から「石川富山ICOCA」として利用エリアを一体化したうえでICカードICOCA」のサービス提供を開始する。


路線図


以下の路線図は経営分離後のものである。2015年3月13日までの路線図は「北陸本線」を参照のこと。

快速快速あいの風ライナー
:停、|:通過

快速 乗り換え路線 所在
伽羅 あいの風とやま鉄道 あいの風とやま鉄道線
えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン 糸魚川駅まで直通運転)
河北
津幡町
津幡駅 JR西日本 七尾線和倉温泉駅まで直通運転)
森本 金沢市
金沢駅
金沢貨物ターミナル駅
金沢駅 JR西日本 北陸新幹線北陸本線
北陸鉄道 浅野線(北鉄金沢駅

関連動画



■sm25808925[ニコ動]


関連商品


■azB01A5RDOAA
■azB00XBCUBDA


関連コミュニティ


■co16


関連項目


並行在来線会社一覧
東北北海道IGRいわて銀河(岩手) - 青い森(青森) - 道南いさりび(北海道)
北陸:しなの(長野) - えちごトキめき(新潟) - あいの風とやま(富山) - IRいしかわ(石川)
九州:肥薩おれんじ(熊本・鹿児島)

最終更新日: 17/10/30 16:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ