ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


IV△7→V7→IIIm7→VIm


ヨミ: サブドミナントメジャーセブンドミナントセブンサードマイナーセブンシックススマイナー
掲示板をミル!
331カキコ!

IV△7→V7→IIIm7→VImとは、J-POPでよく使われるコード進行である。通称王道進行。

コード進行に罪はありません by音極


概要


JPOPサウンドの核心部分が、実は1つのコード進行で出来ていた 前編[動]によると、30年以上の長きに日本されている進行であり、J-POPサビの部分で多用されている。

Cメジャー(ハ長調)だと、F7→G7→Em7→Amになる。コレを繰り返したり、後にツーファイブを繋げたりしてフレーズを作ることができる。

小室コード(逆循環)のように一アーティストが同じコード進行を様々な楽曲に用いるというケースはよくあることである(この王道進行についても後述のサザンカーペンターズが当てはまる)が、多くのアーティストが同じコード進行を積極的に好んで用いるというケースは特筆すべきである。音極氏は「王道進行」と名付けたが、冒頭に記した氏の箴言や後述の氏の意見からわかる通り、決して単純に悪者呼ばわりしている訳ではない。しかしながら、このコード進行を擁護する側には、王道進行の呼び名が定番と言うより「本来の意味の『王道』に当たる『楽な』、『安易な』を辿って日本ミュージシャ ン達が楽曲を量産している」との揶揄を込めて「王道進行」という言葉を使っているように聞こえてくるようである。

近年のパクリ騒動について、前掲動画投稿した音極氏は、後編動画[動]において、パクリとされている元ネタにもオリジナリティど感じられない、今後こういう騒動が増える可性は高いが、盗作というよりも(IV△7→V7→IIIm7→VImの進行によって)J-POPサウンドの形骸化が進んだ故の必然ではないかと述べている。一方で、この進行を使っているから手抜きだ・パターン化しているというような短絡的な話ではない、問題なのはコード進行依存しすぎて「新しさ」の追求をおろそかにした作り手側の「姿勢」にあるとも述べている。

ジャズロック等では「IIIVIII→V→I」等の五度圏理論ツーファイブ、スリーコードといった所謂お決まりのパターンが(批判もあるとはいえ)「理論」として確立・常用されているのに対し、J-POPにおいては決して理論として持ち上げられることはく、禁忌的なものとして暗黙のうちにあつかわれている。

なお、著作権法上「盗作」が問題になるのは「一定の小節数をえるメロディーラインの一致」であり(判例:記念樹事件[外部]ただしあくまでも「編曲権」、即ち二次的著作物として解釈した場合である)、コード進行はいくらでも使い回しができる。著作権で保護されているのはあくまで「具体的な創作表現」に係る部分のみであって、が作っても似たようなものとなる「ありふれた表現」や、「選択の幅が狭い表現」まで著作権で保護してしまうと却って創作活動を阻してしまう、と考えられているからである。
これをストーリー作品で言うとメロディーラインは「ストーリーの中身そのもの」であり、コード進行は「その作品の世界観や基本設定」に例えることが出来る。例えば「魔法少女もの」や「女子高生ものの4コマ漫画」といった設定そのものに著作権を与えてしまうと、たちまち創作に行き詰まってしまうことは想像に難くないであろう。


たくさん売れる魔法のコード


作り手の姿勢が批判される一方でIV△7→V7→IIIm7→VImを使った楽曲がヒットしていることは事実である。また音極く、売れてなかったアーティストにこの進行の歌曲を提供したところたちまちヒットしたという逸話もあり、そのことがかえって(少なくとも、利益をめなければならない産業音楽における)作り手の手法を保守的にしてしまったともいえる。

2010年8月現在CDとしては最大売り上げを記録しているサザンオールスターズTSUNAMIも、コードだけをみてみればカノンコードとIV△7→V7→IIIm7→VIm、そしてツーファイブの組み合わせだけで成立している楽曲であり(それらが使われていないBメロも、既述の五度圏の進行や循環コード等今まで用いられ続けてきた新しくもなんともないコードでできている)、神話を裏付ける一事例となっている。

一方、「王道進行を使ったのにまったく売れなかった」という事例はあまり喧伝されない。探せばたくさん出てくるかもしれない。


小悪魔コード進行


日本を代表する音楽プロデューサー亀田誠治は、NHKの番組「亀田音楽専門学校」の中でこのコードを「小悪魔コード進行」と名づけ、集中的に特集した。興味がある者は調べてみてほしい。


ピコカキコで



関連楽曲



その他関連楽曲



亜種


以下、コード数字に並んでいる「」はマイナーセブンス等付加のバリエーションがあることを表す (「IV」は「IVだったりIVmだったりIV7だったりする」という意味) 。

2つめ・3つめの例にあるように前半は基本形を使い後半だけこれらに差し替えるという方法もとられる(緊感をさらに増して少しでもマンネリ化を防ぐ為の策であり、例えば基本形の後に続くフレーズに、亜種一つテンションの薄い進行が置かれることはない)。


日本以外での使用


後編動画でも摘されているとおり、洋楽ではユーロビートブーム前後で多少もてはやされた程度で、決して支配的な進行であるとはいえないが、ユーロビートブームの少し前にカーペンターズトップ・オブ・ザ・ワールド青春きなどで用いられ、当時のロック全盛期において一線を画すサウンドとなっていた。

近代以前の所謂クラシックにおいてはど使われなかったといっていい。F.ショパン作曲ノクターン第2番変ホ長調Op.9-2では、題においてII-V7-III7-VIという似たような進行がでてくるが、楽節(文章における文節みたいなもん)をまたいだ進行(IIは前半、他は後半の楽節) なので既述の進行とは効果・役割が違う。

また、クラシックジャズロックポップス等で幅広く使われている基本的な進行、IV-V7-I-VIも似たきを持つように聞こえるが、Iの部分で一度解決してしまっている為、緊感の物足りない進行といえる。


関連動画



■sm4947752[ニコ動]

■sm4947852[ニコ動]
■sm33755562[ニコ動]


■nm4949269[ニコ動]
■sm3871190[ニコ動]


関連商品


■azB00187A14E
■azB000YSNNCA
■azB000P2Y55Y
■az4777606961


関連項目



最終更新日: 18/08/26 23:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ