ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


JOS


ヨミ: ジョス
掲示板をミル!
9カキコ!

JOSとは、日本の架航空会社である。
(たくさんのネタバレを含みますので、ネタがわからない人はこちらを先に見てください。)


■sm9675857[ニコ動]

 


概要


19XX年に設立。通称のJOSはIATA(3文字コード)で、正式社名は事故多いけど心配すんな航空。(Jiko Oikedo Shinpaisunna Airlines)。ICAO(2文字コードは)JTコールサインはJOSAIR格安航空会社LCC(Low-cost-carrier)の一つで、安さを売りにしているが、社名通り事故多発の要素を多く兼ね備えており、過去事故を起こしたケースも少なくない。機長をはじめ従業員の対応も悪い。(後述)


就航路線



国内線



国際線 



車内設備・非常用設備



押しボタン


航空会社ではしく、各座席に(降機)ボタンを設置している。バスなどと同じく押すと、「次、停まります。」とアナウンスが流れるが、どう降機するのかは不明。事例で富士山付近上かがボタンを押したが、その後の対応は不明。


シートベルト


あまり他社との差はないが、周りが大きいと装着できないという弱点を持つ。その際は特別のベルトが用意されるが、バックルはなぜかライオンである。


救命胴衣


一般航空会社の救命胴衣を使わず、ドーナツアザラシ浮き輪で代用している。ふくらみが足りない時は、チューブで息を吹き込む形となる。配置は従来通り座席の下にあるが、それなりに空気が入っており、そのまま装着できるようになっている。余談だが、不時着前に救命胴衣を膨らますと、脱出時に邪魔になり犠牲者を増やしてしまうので、係員示を待つ必要がある。(示を待つ旨にはついてはVTRで説明している。)


酸素マスク


予算の都合上、(JOS111便での事例で、全便に当てはまらない場合もある。)乱気流などで酸素が薄くなった場合、上部から垂れ幕が降りてくる。(ただ機種、座席、状況によって差異があるようで、案内VTRでは「がんばれ!!」となっていたが、実際は「うるさい!!」という垂れ幕が下りてきた。)


墜落時の対応


これを案内VTRで紹介するのもしい。

チューインガム

墜落時に配布し、膨らませることでエアバックとして効果を発揮するとのことだが、VTRでは膨らます途中でおもいっき割れている。

でんでん太鼓

墜落まで時間を持て余すということで、その間を楽しむアイテムとして紹介されている。座席の右ポケットに配置されている。

新聞(上動画ではない別Verに収録。ネタバレのため以下反転。)

新聞が横のポケットにあったが、IZAM吉川ひなのの結婚(1999年2月)当時の新聞だった。


機内エンターテイメント


安値を追求したのか、際線で8時間近いフライトにもかかわらずエンターテイメントには乏しく、映画ビデオプログラムなどを流せる小テレビ等はなく、オーディオチャンネルが3つあるのみである。(放送時期を考えるとやむを得なかったかもしれないが。)


JOSレイディオ


DJリスナーのやり取りという形だが、DJの紹介が長いうえに、リクエスト曲とかぶってしまう。今回のフライトでは「LOVEマシーン」を流したが、リクエストの紹介に掻き消されてしまった。


その他のチャンネル


チャンネル名、番号は不明だが、中森明菜の「Desire-情熱-」と中村あゆみの「の折れたエンジェル」を流していた。いずれも航空機内では縁起が悪かったり、不謹慎であったりする。


従業員の対応、不祥事


2003年9月13日の事例をあげて説明する。

 などが挙げられる。また、挨拶の冒頭で謝罪していたことから、これ以前にも事故を起こしたと推定される。


関連動画


■sm9675857[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 11/08/09 00:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ