ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


JR西日本


ヨミ: ジェイアールニシニホン
掲示板をミル!
322カキコ!

JR西日本

正式名称は「西日本旅客鉄道株式会社」。英称は「West Japan Railway Company」。

概要

西日本旅客鉄道株式会社
West Japan Railway Company
基本情報
会社の種類 株式会社
市場情報 1部 9021[外部]
略称 JR西日本、JR西、JR-West
本社所在 大阪府大阪市北区芝田2-2-24
設立日 1987年4月1日
業種 陸運業
法人番号 1120001059675[外部]
事業内容 運輸業・流通業・不動産業 他
代表者 真鍋精志(取締役会長)/来達夫(代表取締役社長兼執行役員)
資本 1,000億円
発行式総数 193,735,000
連結営業収益
1兆5,004億円(2018年3月期)
連結営業利益 1,913億円(2018年3月期)
連結経常利益 1,777億円(2018年3月期)
連結純利益 1,104億円(2018年3月期)
総資産 30,729億円(2018年3月期)
長期債務 10,322億円(2018年3月期)
純資産 11,163億円(2018年3月期)
従業員数 47,869人(外数11,964人)
会計 新日本有限責任法人
決算 3月31日
関連子会社 日本旅行大阪ターミナルビル・西日本ジェイアールバス 他

日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ鉄道会社。

コーポレートカラーは青色

東日本旅客鉄道JR東日本)と同じく、アーバンネットワーク山陽新幹線という優良路線を有しているが、前者は私鉄関西と言われるくらいにまで発達した私鉄とのしい競争が行われ、後者航空機との利用客争奪戦が続いているため、首都圏の地盤が安定しているJR東日本東海道新幹線の利益が突出しているJR東海のように安定して稼げているわけではなく、2013年決算における営業利益は約889億円で、前出の2社とべると1/4~1/5程度の額に留まる。会社全体の営業係数90弱(=100円の運賃収入を得るために、90円近い経費を使っている)で、これも本州3社の中では最下位の数字である。
2011年現在、売上げ構成新幹線27%在来線33%、流通業など関連事業34%、その他4%となっている。

国鉄時代からの車両が数多く残っており、同社の厳しい経営状態を物語っているが、趣味者にとってはある意味楽園でもある。幹線級で30年、40年選手が多数残っており、たとえば広島近郊では一切、JR後新造された通勤電車が入らず「國鐵廣島」(1日4回だけキハ120系が走る)などといわれることがある。大阪近郊区間においても、東海道線201系大阪環状線へと転属し103系を置き換えかけるも、未だにしぶとく103系が生き残っていたりする。ただし内は新と見まごう程の改造工事を施しているので、乗客の不満は少ない……訳はないが、しないよりはマシだろう。

JRグループで史上最悪の脱線事故を起こしている企業でもある。

組織本社機構


付属機関・支社以外の地方機関


「経営理念」と「安全憲章」

同社は、JR鉄道会社)系列で国鉄の「運転安全規範(安全綱領)」を”なぜか”止した一の企業だが、その理由は定かではない。しかしながらJR福知山線脱線事故以降あらためて、「JR西日本 経営理念」および「安全憲章」[外部]2005年4月25日)に”(お客様=乗客の)安全確保”を最優先とする各箇条(経営理念6箇条、安全章5箇条)を掲げた。

JR西日本の主な車両

[画像]
500系新幹線電車
Shinkansen Series 500

ここではJR西日本の車両について簡単に触れる。詳細は個別記事を参照して頂きたい。

補足:車両の投入に関して

概要でも触れている通り国鉄時代の車両がしぶとく残っているのが特徴の会社であるが、収益の見込める山陽新幹線アーバンネットワーク、看でもある北陸特急に関しては自社で資を捻出して積極的に新を投入する。

その一方で地方路線に関しては

を除き、地方自治体が融資(という名の負担)を行う事で新を投入している(装や路線の高速化も地方では同様に自治体が負担)。これにより投入された車両としてキハ187系鳥取県島根県が負担)や521系1次滋賀県福井県が負担)などがある。つまり自治体が積極的にJR支援するか否かで新が投入されるようなものであるので「国鉄型しかないので新車を入れろ」と言うだけでは新は来ないのである。

速度に関して

[画像]
681系 特急はくたか
Series 681 "Hakutaka (White Wing)"

在来線新幹線問わず速度が速いのもJR西日本の特徴。

在来線ではアーバンネットワーク新快速130km/hを出し、それが特急よりも速かったりする事もしくないし、新幹線ひかり」や「こだま」より速い事もあったりする(※注・新幹線西明石駅で通過待ち合わせのため長時間停する間に一時的に抜き去る場合がある。
例として「こだま752号」は姫路20時20分に出発、20時31分に西明石駅に到着するが、通過待ち合わせのため18分間停し、西明石駅20時49分に出発する。その間に、7分後に姫路駅を出発した新快速西明石駅で追いつき、「こだま」より2分速い20時47分に出発する、ということである。これと同様に、にも西明石駅で15分の待ち合わせをする「ひかり」を一時的に追い抜く新快速ある。)

また、681系160km/h対応・683系160km/h準備工事とするなどしており、160km/hで運転されていた「はくたか」は在来線特急最速を誇っていた(もっとも、681系は当初は北陸新幹線スーパー特急計画に対応する車両として開発されていた事も影している)。また、「スーパーいなば」のキハ187系160km/h運転が可となっている。
なお、かつては新快速の更なる速度向上(140km/h化)も検討されていたが脱線事故によるダイヤ見直しもあってその計画は凍結状態にある。

新幹線では日本で初めて営業車両500系)での300km/h運転を行っており、ギネスにも登録された。
現在山陽新幹線姫路以西ではN700系300km/h運転を行っている。

副業

JR西日本は連結売上高における非鉄道事業を2016年9月期の34から2022年までに40まで引き上げることを標としている。そのためにJR西日本イノベーションズというベンチャービジネス事業育成専門の子会社2016年12月1日に設立した。


コンビニ運営


子会社ジェイアール西日本デイリーサービスネットセブンイレブンフランチャイズとなっており、キヨスクや保持していたコンビニを転換したセブンイレブンをJR西日本の営業区域で運営している。それぞれ元の名を関してセブンイレブンキヨスク、セブンイレブンハートインの名称となっている。


JR西日本キャリア


JR西日本が51%、人材派遣業のキャリア49出資しての設立となるシニア層の派遣業。関西圏を中心に中国北陸も対に人材派遣する。

今後の計画

2009年7月1日より京阪神エリアアーバンネットワーク)のが全て禁煙となっており、これに先駆けて6月1日からは在来線特急禁煙となっている。

新幹線では九州新幹線との相互乗り入れが2011年3月12日に開始となり(山陽・九州新幹線)、これに合わせてJR九州と共同でキャンペーンを行っている。


次へ»
最終更新日: 18/07/01 00:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ