ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ka-50


ヨミ: ケーエーゴジュウ
掲示板をミル!
7カキコ!

Ka-50とは、旧ソ連カモフ設計局で開発された攻撃ヘリコプターである。NATOコードは「ホーカム」。「チョールナヤ・アクーラ」(サメ)の称で知られており、西側では「ブラックシャーク」とも通称される。


概要


ソ連軍は中機動戦の要たる戦闘ヘリコプターとしてミル設計局の手になるMi-24ハインドを配備開発したが、これは輸送ヘリコプターであるMi-8ヒップの武装発展と言うべき機体であり、対地戦闘も兵員輸送も可な設計となっていたが、結果的に性としては中途半端な機体になってしまった(詳しくはMi-24の記事を参照)。そのためソ連軍は口径として専門の攻撃ヘリコプターを必要とし、その要に応えて開発されたのが本機である。

同じくMi-24後継機の座を争うライバルとしてミル設計局が提案したMi-28ヘリコプターとしてはオーソドックスなテイルローター配置をもつ、大ぶりな機体であるのとは対照的に、Ka-50は二重反転ローターを持つ小の戦闘ヘリコプターとして開発された。二重反転ローターは伝統的にカモフ設計局が得意とする形式であり、通常のヘリが尾部のテールローターでメインローターのトルクを打ち消すのに対して、Ka-50は二枚のメインローターを逆方向に回転させることでトルクを打ち消すようになっている。この方式はテールローターが不要で小化できる上に機動性も向上するという攻撃ヘリコプターにはうってつけのメリットを有している。

また、攻撃ヘリコプターとしてはしく単座となっており、一人の乗員で運用可とするための高度な自動制御も備えている。これらの野心的な設計上の特徴から、ソ連崩壊以前の西側からはMi-28こそが本命のMi-24後継機であり、Ka-50はそれを補する対ヘリコプター戦闘用ヘリコプターだと考えられていたこともある。旧ソ連の崩壊に伴って情報開が進んだ現在では、あくまでKa-50とMi-28は競争関係にある機体であると認識されている。

ソ連崩壊後のロシアでは予算上の制約などもあって、採用と調達はあまり進んでおらず、Mi-28とKa-50のどちらが本命として採用されるのかも二転三転する状況である。カモフ(現在株式会社)では単座戦闘ヘリコプターとしてのKa-50が野心的に過ぎたとの見方もあってか複座Ka-52アリガートル(ホーカムB)」も開発している。Ka-52からはさらにNATO仕様に対応した輸出Ka-50-2「エルドガン」、ロシア軍向け複座Ka-54の開発が行われた。Ka-52攻撃ヘリとしてはしい並列複座の操縦席配置をとっていたが、Ka-50-2およびKa-54ではより攻撃ヘリコプターとしてはなじみ深い縦列(タンデム)配置が採用されている。

また、単座Ka-50にも間戦闘向上をしたKa-50Shと呼ばれるが存在し、こちらは「ノチュノーイ・オホートニク(狩人)」の称が与えられている。


関連動画



■sm902526[ニコ動]

■sm9049094[ニコ動]
■sm19415237[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 12/11/25 19:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ