ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


KEYBOARDMANIA


ヨミ: キーボードマニア
掲示板をミル!
88カキコ!

KEYBOARDMANIAとは、コナミ株式会社が発売したキーボード演奏シミュレーションゲームである。
略称は「キーマニ」。


概要


YAMAHA製の2オクターブ(24鍵) +1ホイールキーボードを使用し、他のコナミ製の音ゲーと同様に上から降りてくるノートオブジェクト(音符)が判定ラインに重なったらキーを押して演奏し、クリアスコアを競うゲームである。
それまでのBEMANI音楽ゲームでの仕様では存在しなかった、ノートオブジェクトの押しっぱなし判定(ロングノート)を採用した。

楽曲のクリア条件は、Beatmaniaシリーズのようなゲージノルマ(通常設定で70%)に加え、
ギタドラDDRのように「ゲージくなると途中閉店する」という厳しいものになっている。

また他の音楽ゲームボタンを押すことで「キー音」と呼ばれる音ファイルを再生するが、キーマニは基本的に「キー音」を使用していないのも大きな違いである。(特殊な音やエフェクトなど音ファイルを鳴らす部分もある)

キーマニの筐体内部にはYAMAHAシンセサイザーが内蔵されていて、鍵盤には実際のMIDIを採用しており、鍵盤を押すことでシンセサイザーの音が発音される。他の音ゲーでは最もサイズが大きいであろうキー音(音ファイル)がいため、キーマニ楽曲のファイルサイズは他の音ゲーにくらべて非常に小さいと思われる。ただしBGMにはCDを採用しているため、全曲合計で70~80分程度の曲しか収録できない。

このようにMIDI鍵盤+シンセサイザーCDという高音質且つリアル演奏感が好評だったが、前述のクリア条件や鍵盤数の多さも相まって初心者へのハードルが高く、3作で事実上の開発中止となった。

それまで収録された楽曲は、他のBEMANI音楽ゲームである、

へと一部移植されている。

しかしながら、他の音楽ゲームと違う音楽性やその高い難易度に惚れこんだユーザは多く、根強いファンの中には未だに4作を期待している人も多い。それでも止まないファンの根強い人気から、CS(コンシューマ)版も発売されている。

なお、海外では、YAMAHAキーボード「EZ250i」の付属ソフトとしてKeyboardmania Yamaha Editionが同梱されていた。


主要キャラクター


ウサオくんは初代で登場したうさぎである。
KEYBOARDMANIAを代表するメインキャラクターとなっており、KEYBOARDMANIAの楽曲がpop'n music移植される際は大抵このキャラが使用される。
また、胸には「IKM」と書かれ、「I LOVE KeyboardMania」という意味が表現されている。

ヒッキーは、2nd MIXから登場した、浮き輪をつけた緑色である。
職業は八屋さん。なぜかスイカを好む。

マイティガイ子は、初代に登場する女性キャラAll My LoveMuity guyに登場している。
また、ポップンミュージックに出現するなど、隠れが多い。

余談であるが、KEYBOARDMANIAを開発したチームゲームでは、ウサオくんがしばしば登場する。


関連動画


 
■sm1568255[ニコ動]

■sm23215626[ニコ動]


 関連商品


■azB00005LJTW
■azB00005FAR4
■azB00005HVR4
■azB00005HNRR


関連記事


■co64100


関連記事



最終更新日: 17/08/06 18:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ