ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


LTE


ヨミ: エルティーイー
掲示板をミル!
17カキコ!

LTEとは、下記のことをす。

  1. プログレメタルバンドLiquid Tension Experiment」の略称Wikipedia[外部]
  2. 携帯電話の通信方式

この項では、2.について解説する。


概要


Long Term Evolution(LTE、ロング・ターム・エボリューション)が正式名称である。

第4世代移動通信システム=4Gに用いられるであろう技術の一部(というかかなりの部分)を先取りして採用しており、4Gスムーズに移行するための渡し役として、第3.9世代移動通信システム=3.9Gなどと呼ばれる。

規格上想定される通信速度理論値はMIMOに用いるアンテナの本数や変調方式で複数の種類があるが、下りは100Mbpsえるものもあり、従来の固定回線が不要になるかもしれないと一部で期待されている。ただし、あくまで理論上の話であり、そんなものぶっちゃけ机上の空論である。つまり通信速度と回線設置コストの安さ、どちらが大事ですかというお話。

なお、LTEの発展規格であるLTE-Advancedの標準化が開始されており、こちらはれっきとした第4世代(4G)の規格の一つとなることが決まっている。


世代の分類に関する混乱やら互換性やら


前述した様に技術的には4Gのかなりの部分を先取りしているため4Gと呼ばれる事もあるが、何をもって4Gと呼ぶのか定義が曖昧で混乱を招いたたため、ITU(国際電気通信連合)から「著しく進化し、4Gに近い通信速度を提供できるLTEとWiMAX(3.9G)、HSPA+(3.75G)の3種については4Gと呼んでも良い」[外部]との勧告が発表されている

逆に言えば技術的にはほとんど4Gであるため、W-CDMACDMA2000とは全く互換性がい。LTEの仕様の中に、「端末がLTEと従来方式(2G含む)のエリアを行き来する際の手続き手順」が策定されているだけである。


複信方式の分裂


LTEはその複信方式についてFDD(周波数分割複信)を採用するのが当初の予定だった。しかしそこに異を唱えたのが中国である。

FDDはその内容から当然であるが上下の通信に別の周波数帯を用いるが、まとまった周波数帯を確保しづらい中国インド等の新先進諸ではFDDの採用は難しかった。そこで中国は複信方式にTDD(時分割複信)を採用したTD-LTE方式を独自に開発し始めたのである。

TDDでは原理的に上りと下りの電波が混信しない様、電波を発射しない時間帯を設ける必要があり高速化には不利であるとされているが、中国企業導でかなり頑ったそうで、通信速度そのものには大きな差はいところまで開発されたそうである。

そんなわけで、現在LTEにはFDDなLTEとTDDなLTEの二種類が存在し、しかもTDDなLTEはWiMAXの次世代規格であるWiMAX2とかなり似たものとなり、しかもWiMAX営はそれを見てTDDなLTEとの互換性を視野に入れたWiMAX2.1なる規格を作り始める始末であーもー面倒くせえ!!


日本におけるLTE


日本での商用LTEサービスNTTドコモが先行している。ただ、他社もここ数年で計画の前倒しなどを行っているおり、ドコモ以外が特段消極的というわけでもない。


日本で使用しているバンド(周波数帯)


日本では1,3,8,11,18,19,21,26,28,41の使用が認められており、事業者により使用しているバンドは異なる。 
は基地局数は中ぐらい、は少ない。
免許取得済で、まだ稼働していない。 

NTTドコモ KDDIグループ ソフトバンク ワイモバイル
1(2.1GHz帯)
3(1.8GHz帯)
8(900MHz帯)
11(1.5GHz帯)
18(800MHz帯)
19(800MHz帯)
21(1.5GHz帯)
26(850MHz帯)
28(700MHz帯)
41(2.5GHz帯) ※1 ※2

脚注

※1 『WiMAX2+』として事業展開中。
※2 『AXGP』として事業展開中。 


NTTドコモの場合


NTTドコモ2010年12月からえるてーいーXi(クロッシィ)」として商用サービスを開始した。これはFDDなLTEである。2011年末頃からXi対応スマートフォンなどを積極的に導入しており、混雑がしくなりつつあるFOMAネットワークからの移行を推進している。
2.1GHzメインとし800MHz・1.5GHz・1.8GHzでもサービスを開始している。近い将来700MHzの利用も開始する予定。


auの場合


auは、『au4GLTE』というブランド名で2012年に商用サービスを開始している。これもFDDなLTEである。2013年3月末に全の実人口カバー96すとしている。周波数は800Mhz帯をメインとしており他の事業者と電波の届く場所が多いという特徴を持つ。混雑する大都市圏では、1.5Ghzおよび2Ghz帯も利用する。
KDDI下のUQコミュニケーションズが採用しているWiMAXは、LTEサービス開始後も併存させる。
UQコミュニケーションズは次世代として前述したWiMAX2.1を採用する「UQ WiMAX 2+(仮称)」を発表[外部]した。結果的に同グループ内でFDDなLTEとTDDなLTEが併存する形となってしまっている。


ソフトバンクの場合


ソフトバンクモバイル2012年に「SoftBank 4G LTE」という名称でサービスを開始した。これもまたFDDなLTEである。に2.1Ghz帯を使用している。イー・アクセス買収によって取得した1.7Ghz帯も利用する様だが、経営まで統合するのかそれとも乗り入れることが出来る様にするだけなのかはまだわかっていない。

またそれとは別に、下のウィルコムが開発したXGP(PHSの系統の通信技術)をベースにしたAXGPと呼ばれる規格を用いたサービスSoftbank 4G」を2012年2月から提供開始。2.5Ghz帯で展開されている。

このAXGPと呼ばれている規格、ウィルコムが推し進めていたXGPという技術を高度化(Advanced)したものだと称しているのだが、しかしその正体はTD-LTE(TDDなLTE)そのものと言って差し支えない。

XGPが高速化のためにいくつかの互換性を失うような仕様変更をしてAXGPを作った結果、TDDなLTEとど同じ様なものになってしまったというような感じのアレである。
したがって、AXGPもLTEの一種という扱いもできるのだが、その辺はたぶん大人の事情であって、今後も公式でLTEを名乗ることはおそらくないと思われる。

ちなみにソフトバンクモバイルには「ULTRA SPEED」と呼ばれるサービスもあるが、これは上のほうで出てきたHSPA+という規格を用いており、旧イー・モバイルの「EMOBILE G4」と同等のもの。


ワイモバイルの場合


イーモバイルでは2012年3月サービス開始。スタート時の名称は「EMOBILE LTE」という名称。1.7Ghzを使用している。

将来、700MHz帯でのサービス展開も予定している(免許取得済)。

ワイモバイル網+ソフトバンク網の両方のLTEを使える(状況に応じ自動切替)が、機種により乗り入れ先が異なる。
例として、Nexus5の場合は2.1GHz帯・900MHz帯に、EM01F(ARROWS S)の場合は2.5GHz帯に乗り入れが可である。


キャリアアグリゲーション


キャリアアグリゲーションとは、複数の周波数帯に同時接続することによって速度向上・接続安定性の向上を狙うシステムのことである。 


小ネタ


韓国語Webでは、LTEを縦に並べたように見えるハングル文字「눝」(ローマ字に直すと nut)の一文字で表されることがある。このことが2012年9月頃にTwitterなどで話題になった。


関連商品


■az4274201503


関連項目



最終更新日: 14/11/10 18:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ