ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Lua


ヨミ: ルア
掲示板をミル!
24カキコ!

Luaとは、スクリプト言語のひとつ。ポルトガル語では「」という意味を表す。C/C++/java/VB.netなど、他の言で組まれたプログラムに組み込んで使うことができる。2014年1月6日のLuaのバージョンは5.2.3となっている。


概要


この言の設計における基本的なコンセプトは、言そのものに多くの機を実現するのではなく、様々な機を実現するための少数の仕掛けをつくることでした。たとえば、 Lua言は純オブジェクト指向ではありませんが、クラスや継承といった仕組みを実現できるのです。 むやみに多くの概念を導入することなく、簡素な言のままで拡を可にしたそれらの仕掛はLuaの際だった特徴です。

何に使われてるの?


Luaはプログラムに組み込み読み込ませるだけで使え、さらに独自のAPIを親プログラム側から提供することができることから、あとから容易に機を追加・変更する(したい)ことが多いプログラムによく用いられる。ゲーム開発などでも、システムの根幹は高速な言で作り、頻繁に調整されるシナリオなどはLuaで構築するといった使い方で利用されている。ちなみにLua単体でも動く。

ニコニコではに次の用途で使用されている。


Hello world


print("Hello world")


C/C++とLuaとのやり取り


Luaスクリプトはlua_Stateという構造体ポインタ関数に持たせることでluaを解釈させることができる。たとえばLuaからC言語関数を呼び出す場合は基本的に以下のようにする。またLuaに関数クラスを簡単に開するにはLuabind、tolua++、SWIGを使えば可になる。

int l_add(lua_State* L)
{
    int top = lua_gettop(L); /* Luaのスタックの数を取得 */
    int ret = 0; /* 結果の格納用変数 */
    for(int i = 0; i < top; i++){ /* スタックの数だけを繰り返す。 */
        ret += (int)lua_tonumber(L, i+1); /*retと加算 */

    }
    lua_settop(L, 0); /*スタック削除 */
    lua_pushnumber(L, ret); /* 加算した結果を戻り値としてLuaのスタックにプッシュ */

    return 1; /* 戻り値の数 */
}


EmuLua


エミュレータLuaクリプトの機を付け加えたものを「EmuLua」と呼ぶ。これはDeHackEd氏が最初にSnes9xに搭載して以来、Gens、VitualBoy AdvanceFCEUX、FinalBurn AlphaDeSmuME(いずれもre-recording版)などにも搭載されたものである。EmuLuaに使われているLuaのバージョンは5.1。

詳しいことはTAS用エミュレータの機能紹介 - 悟茶辞苑ッ[外部]をご覧ください。


関連動画



■sm7979339[ニコ動]

■sm1840594[ニコ動]


■sm17030519[ニコ動]
■sm14187444[ニコ動]
■sm19877673[ニコ動]
■sm17790105[ニコ動]

関連商品


■az4797348550
■az4048677977

関連コミュニティ


luaに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



外部リンク



最終更新日: 14/01/06 19:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ