ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


M1アストレイ


ヨミ: エムワンアストレイ
掲示板をミル!
8カキコ!

M1アストレイ(MBF-M1M1 ASTRAY)とは、アニメ機動戦士ガンダムSEED』に登場するモビルスーツである。

本記事では生機のM1Aアストレイも解説する。


概要


オーブ防軍が初めて量産化に成功した純モビルスーツ。製造はGAT-Xシリーズを担当した、あのモルゲンレーテ社で、オノゴロにて開発が進められた。外部から侵攻してきた敵軍を迎撃および集団戦闘眼に置いている。容姿はガンダムタイプで武装はビームライフルビームサーベル、そしてイーゲルシュテルンを持っている。ストライクガンダムを簡素化したような機体と言える。
ちなみに背部に背負っているバックパックはエールストライカーを参考にして開発された。

機体そのものは既にC.E.711月完成していたのだが、ナチュラル用のOS開発に難航し動きが鈍重の極みだった。当然このままでは実戦に投入できず、この問題はキラ・ヤマトによる技術協を得るまで解決を見る事はなかった。キラの助OS完成し、オーブ軍の兵器としてM1アストレイはようやく完成したのだった。

ちなみにM1のMはModel(モデル)1から取られている。

続編の『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』ではバックパックをフライトローターに換装した、シュライク装備が登場した。M1アストレイ単独では滞時間が極僅かだったため、洋上での防衛戦の必要性を鑑みて開発された。単独での大気圏内飛行を獲得したが航続距離に恵まれず、オーブは後継機のムラサメ開発に着手する事になる。

劇中では

アークエンジェルオーブに立ち寄った際には既に量産化されており、整備用ドックに立たされたM1アストレイが数機登場した。しかしOSの開発は難航しており、アサギジュリ・マユラの3人が搭乗するも、変な踊りをしているようにしか見えない程動きはのろのろだった。キラの助OS完成し、ようやく完成に漕ぎ付けた。

そんなM1アストレイの初陣は、オーブ解放作戦であった。攻めて来る地球軍のストライクダガー隊と突し、死闘を演じた。しかしダガー数の暴力や後期GAT-Xシリーズによって多数のM1アストレイが撃破される。生き残ったM1アストレイはクサナギに搭載され、宇宙へと脱出した。以降は3隻同盟の機としてダガージンと対決。母艦のクサナギアークエンジェルエターナルを守りぬいた。
戦の中、数多くのM1が撃破され三人も戦死したが一部の機体は終戦まで生き抜いた。


M1Aアストレイ


SEED MSV』に登場。式番号:MBF-M1A

静止軌ステーション「アメノミハシラ」の防衛のために開発されたM1アストレイの宙間戦仕様。アメノミハシラはオーブの陥落と共に建設が頓挫したが、管理を続けてきたサハクが連合に屈したオーブに背き、再起のために本機の実戦配備を進めていた。

通常のM1との相違点としてカラーリングに変更し、脚部を大幅に簡略化したことが挙げられる。M1Aは宇宙空間での使用のみを前提にしているため、最低限機体の自重を支える程度の強度しか持たせていない。

宇宙空間における姿勢制御(AMBAC)30程向上しているが、先述通り脚部強度に問題があり、地上戦を満足にこなせる歩行を有していない。しかしスラスター増設やV字アンテナの大化による機動・通信性の強化などにより宙域戦となると総合M1にも勝る。

アメノミハシラで組み立てられたロンド・ギナ・サハク配下のM1Aの他に、地上で製造されたM1Aが存在する。地上製造機種はオーブ戦時、パーツの段階で「クサナギ」に積載されオーブを脱出。パーツから組み上げられたM1Aはクサナギパイロットのなかでも特に優秀な者に与えられ、ヤキンドゥーエ攻防戦を戦い抜いた。

M1Aの搭乗者の中でもオーブ軍の「拳」バリー・ホーの活躍は特にを見るものがあり、彼の名に一役買った機体として知られている。ただし、用途は彼の得意とする格闘戦がだったようだが…。

DESTINY』の時代でも、新MS「オオツキガタ」との連携運用を前提にした前衛機として現役である。


関連項目



最終更新日: 17/06/28 17:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ