ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


M36


ヨミ: エムサンジュウロク
掲示板をミル!
4カキコ!

M36とは、以下の意味を持つ。

  1. M36・・・・・・地球から約4100光年の位置にある団。
  2. S&W M36・・・・・・スミス&ウェッソン社のベストセラー小拳銃。隠し持てるサイズの5連発リボルバー
  3. M36ジャクソン・・・・・・第二次世界大戦においてアメリカ軍が運用した対戦車自走砲

ここでは、3について詳しく解説する。


概要


 M36ジャクソンはアメリカ軍第二次世界大戦において開発・運用した対戦車自走砲である。正式な分類はGMC(Gun Motor Carriage)であり、日本語では「機動架」や「戦車駆逐」と訳される。つまりアメリカ軍的にはこいつは戦車ではないので、「駆逐戦車」というのは不正確だと言えるかもしれない。 称はジャクソン南北戦争においてストーンウォール・ジャクソンと呼ばれた南軍の将軍トーマスジョナサンジャクソンから。

 1942年、従来アメリカ軍が配備してきた3インチ搭載のM10や76mm搭載のM18といった対戦車自走砲では、ドイツ軍が誇る重戦車を正面から相手にするには火力不足であることが判明した。そこでアメリカ軍は「強な対戦車を持つ」として以前から開発を進めていた90mm戦車完成させると、新たな対戦車自走砲の開発計画をスタートさせた。M10M10A1をベースとして試験を行い、最終的に90mm用の新M10A1の体に載せた車両をM36として採用した。

 従来兵器体をそのまま流用したため、M36は新造されるだけでなくM10A1を改造して作られることも多かった。また、数不足を補うためにM4シャーマン体を流用したM36B1や、M10体を利用したM36B2といったバリエーションも存在する。

 搭載する90mmドイツ軍の重戦車を遠距離から撃破でき、重な対戦車火力として重宝されたが、装甲の薄さから撃破されることも多かったアメリカ軍のドクトリン的には、対戦車自走砲戦車駆逐)は敵戦車の登場に対応して素戦場に向かい、敵戦車を待ち伏せして撃破する兵器だったので、設計においては装甲よりも火力と機動性が優先されていた。しかし、実際は戦車と同様に最前線で運用をされる事が多かったまた、オープントップ待ち伏せポイントにおいて要員が頭を出して偵察することで、敵よりく相手を見つけるための設計だった。であったため中炸裂弾や手榴弾の投げ入れに弱く、現地改造で装甲の機を持つ天井が取りつけられたりしている。

 1944年にM36は一度生産終了するが、バルジの戦いで再び需要が増加。生産が再開されるも大戦には間に合わず、戦後に西側諸提供され、朝鮮戦争にも日本経由で投入されている。その後は戦車の登場により、それまでの戦車や対戦車自走砲が不要となったため、戦車駆逐というカテゴリーごと退役した。

 余談であるが、戦後日本初の戦車である61式戦車開発の際に、自衛隊90mmの参考としてM36を1両アメリカから入手している。


性能


最高速 48km/h
行動距離 320km
90mm戦車M3 (50口径、47発搭載)
副武装 ブローニングM2重機関銃1000発搭載)
装甲 108mm~10mm
エンジン V型8気筒ガソリンエンジン500
乗員 5名(長、操作要員(3名)、運転手)

関連動画


2.のS&W M36(モデルガン)の動画

■sm9420288[ニコ動]

3.のM36ジャクソンの動画
■sm2676809[ニコ動]
■sm2677027[ニコ動]


関連商品


■azB007M7M9OE
■azB0076SN9A2


関連コミュニティ


■co1088


関連項目



最終更新日: 12/12/13 21:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ