ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


M500


ヨミ: エムゴヒャク
掲示板をミル!
39カキコ!

曖昧さ回避


M500とは、


経緯


S&W社といえば、次元大介M19やダーティハリーM29など、とにかく強い弾を発射するリボルバーで有名な企業である。
しかし当時最強と言われた.44マグナム弾を使用したM29も、時代が下るにつれて他の拳銃に抜かれて「世界最強」の座を失い、アメリカ土で育ったS&W欧州市場には受け入れられず、それならばとポリマーフレーム作ってみたグロックから訴えられ、すっかりS&Wを失ってしまった。

そこで、S&Wはもう一度かつての方向性に戻り、再び「世界最強」を名乗らんとして「.454カスール弾より強い弾薬を撃てるリボルバー」の開発をすこととなった。
こうして、.44マグナム弾の3倍の威を持つとされる.500S&Wマグナム弾を使用する最強リボルバー「M500」が完成した。

リボルバーには6発装填のものが多いが、M500は大の弾を使用するために装弾数は5発に減らされた。フレームの「Xフレーム」を新規開発し、反動を抑えるために重量は2kg前後と、拳銃としてはべらぼうに重い。簡単に言えば、とにかくデカイのである。


性能


たしかにM500は一般に流通している拳銃としては、特注品や受注生産品を除けば現在世界最強弾薬を使用している。

しかし実際に撃ってみると口でのエネルギーこそ.44マグナムの3倍であるものの、M500の身は.500S&Wマグナムを加速させるには短すぎたため、その後すぐに弾速が落ちてしまい結局.454カスールと大差ない威であるらしい。所詮拳銃拳銃だったようである。

また、弾が強である以上当然反動も凄まじく、しかもM500はただひたすらに『最強であること』だけしたがゆえに射手の健康の保全は的には入っていない。そのため、しっかり撃てば肩が外れたりすることこそないが、連続で射撃をすると手がしびれてまともに文字も書けなくなる状態が数日も続いてしまうことさえあるという。

さらに、シリンダーと本体の隙間から漏れる発射ガスも問題である。この発射ガス漏れ自体はリボルバーの宿命なのである意味仕方がないものなのだが、M500はその量が凄まじいWikipedia[外部]で発射時の写真を見ることができるが、見たはもはや発ではなく爆発である。

 

で、そうなると売れ行きは芳しくなさそうなものだが、やっぱりアメリカでは「でっかくて強い」は正義だったらしく、M500は発売当初注文が殺到して生産が追い付かなくなるほどの人気を博した。

こうしてS&Wは再び世界最強の名をほしいままにしている。

 

 

……しかし、こと日本においてはM500の名はさほど知られていない。

ニコニコ動画タグ検索ヒットする動画はわずか10件(2011年10月1日現在)、しかも「M500」という名前は上述した通りモスバーグにも散弾銃として存在するため、実質1ケタしかない。

というのも、染みがない日本においてはよほどファンでなければなかなか印には残りにくい。
M500は(大きさを考えなければ)見たは至って普通リボルバーであり、名前もただの通し番号にしか見えない。有名な映画などで大活躍というわけでもなく、先に挙げたM19やM29のようにもいかない。

反面、その圧倒的な存在感を与えるデザインマグナム弾使用のオートマチック拳銃としてはほぼ一と言っても良いくらいの成功を収め、「砂漠の鷲」なんていう中二病カッコイイ名前を持ち、登場作品も多いデザートイーグル.50AEの印は強く、人気も高い。


やはり、S&Wアメリカだからこそ大活躍できる会社だったようである。

なお、長いカスタムバレルを備えたハンターモデルパフォーマンスセンターから発売されているので、アメリカ狩猟をしたいお金持ちな人・・・いかがでしょうか?

その後

編集者が上の文を書いてから3年経ったが、この間に日本におけるM500の知名度は結構上昇したと見える。
ニコニコ動画における「M500」タグの付いた動画も1.5倍の数にまで増えた。5本しか増えてないじゃんとか言ってはならない

当初は週刊少年チャンピオンで連載されていた「ドールガン」において『ショタコン(後に親父趣味ハードゲイ拳銃使い』という本に負けず劣らず強キャラという役を与えられていた事例が挙げられていた程度であったが、近年ではじわじわとアニメでの登場機会も増えている。なんだかんだで日本人ロマン砲が好きなのだ。

最近では『さばげぶっ!主人公外道園川モモカ母親、園かず江が使用したことで知られる。ロングバレルとコンペンセイター、ピカティニーレールを備えたハンターモデルで、しかもその上にドットサイトまで乗っけるというサバゲーだからこそ許されるロマン特盛仕様アニメ化されたことでM500の巨体が液晶の中を暴れ回り、しかも撃っているかず江自身がスレンダーなこともあってかなりのインパクト視聴者に与えることとなった。なんでこの使うはこんなにキャラが濃いんだ……

なお、言うまでもないがこいつを対人戦闘に用いるのは理想的ではない。もちろん当たれば強いが、上に書いたように撃つ方もタダでは済まないのである。M500は開発からしてもロマン砲でしかない。こいつを登場させようとする物書きさんを編集者は時折見かけるが、要注意。


関連項目



最終更新日: 17/08/22 09:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ