ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


M6 ブッシュネル


ヨミ: エムシックスブッシュネル
掲示板をミル!
6カキコ!

M6 ブッシュネルとは、賀東招二氏のライトノベルフルメタル・パニック!」、及びそれを原作とするアニメシリーズコミックシリーズ、並びフルメタル・パニック!アナザーに登場する人兵器アーム・スレイブの機種名である。

本記事では生機並びM6をベースにした機体についても紹介する。


概要


フルメタル・パニック!の作中ではアーム・スレイブ(以下「AS」と表記)には第一~第三までの世代が存在し、その中でも流となっている第二世代に属する機体。

一般では噂レベル程度に後継機である第三世代ASM9 ガーンズバック)の開発についての情報が流れているが、フルメタル・パニック!!の時代では既存の第二世ASは生産数も含めまだまだ現役の状態であり、十数年を経たフルメタル・パニック!アナザーの時代においても、ソビエト連邦崩壊に端を発する軍縮の流れから第三世代ASの配備は大きくは進んでおらず、米軍ですらM9とM6混成のハイ/ローミックスでの部隊編成がど。M6A1/M6A2/M6A3/M6A2E2などの数々のバリエーション機体も含め、今も世界中の戦場で見られるポピュラーな機体となっている。

アナザーの時代においては、入手ルート次第ながら、中古ASが旧式第二世代で20万~100万ドル、現行第二世代だと200万~500万ドルで購入可らしい。

尚、意外な話ではあるが、標準的なM6 ブッシュネルのデータは長らく不明のままで、2014年9月出版のTRPGルールブックフルメタル・パニック!RPG」でようやく陽のを見ることとなった。


M6


名称 M6 ブッシュネル
全高 7.9m
基本重量 11.4t
最高自走速度 115km/h
最大跳躍高 15m
最大作戦行動時間 140時間
ガスタービンエンジン
ライカミング AGS1500A(1380kw)
固定武装

世界中の兵器事情に衝撃を与えた「M6ショック」、その要因となった機体。

M6ショックと作中に述べられている通り、よく訓練された兵士程度の動作が可で、様々な火器を取り扱うことができ、動作も以前の第一世代ASであるM4えた機敏さを有しており、見らしの良い広大地や砂漠のようなAS全にアウェイの地形でも限りは、戦闘ヘリ戦車を逆に狩ってしまう・性・機動性を持って登場した。

この事は世界兵器事情に衝撃を与え、ソ以外の先進国が独自ASの開発に着手するきっかけになった。日本自衛隊では、M6をベースにして産第二世ASである96式が開発されている。

本編の時代(1990年代末期)では中古のM6がおおよそ一千万ドル程度だったが、年または単位でかなり値下がりが進んでいる。また、中古、新品問わず世界中でM6が運用される中、他の第二世AS較しても性能面で優位にある事がられている。

尚、M9 ガーンズバックミスリル仕様)が超上級者向け仕様なのに対し、実にアメリカンな扱いやすい機体という評価であり、マオテッサがささいな諍いで模擬戦を繰り広げる事となった「子猫のR&R」においては、運動音痴テッサがあえてM6(ECS搭載のM6A1/A2の可性あり)を選んだ。

スパロボJとWでは、ヤラレ役や雑魚敵として最適な為か結構な頻度で登場する。Wにおいては二週以降、ショップで購入することでAS乗りの宗介達は乗り換え(弱いが)。


M6A1


モデル。ヴェトロニクスの強化に加え、レーダー赤外線などの波長探知を困難にする画期的なステルス装置、ECSElectric Camouflage System:電磁迷彩システム)が搭載され、より攻撃的な性格を持つ兵器となる。具体的なデータられていないが、米軍ではどの機体がこのA1かA2修されている。


M6A2


A1ベースにしたモデル。M6A1のヴェトロニクスとECSに加え、反応装甲のを持つ事から、非対称戦重視の装甲防御を強化した機体の可性がある。作中の会話に米軍沖縄基地にはこの機体が配備されている事が示唆されている。


M6A3


名称 M6A3 ダークブッシュネル
全高 7.9m
基本重量 10.4t
最高自走速度 135km/h
最大跳躍高 25m
最大作戦行動時間 170時間
ガスタービンエンジン
ライカミング AGS1500C(1430kw)
固定武装 M134 7.62mmミニガン×2
M2 12.7mm重機関銃×2 

M6A3<ダークブッシュネル>の名で呼ばれる、特殊部隊向けAS。各部の修の他、大容量コンデンサを搭載し、短時間であれば無音駆動が可な機体。第二世ASにおいては最高準と言われる性を誇り、海兵隊などが装備している。破損リスクを度外視すれば、M9に押し勝つパワーを持つ。

本編においては、テロリストによるペリオ化学兵器処理工場占拠をうけて海兵隊がM6A3の部隊を派遣したが、ガウルンの乗るラムダドライバ搭載機ヴェノム(コダール)相手では分が悪すぎたため壊滅している。ミスリル壊滅後、単身でかなめを奪還せんとす宗介があるツテから入手、偶然合流できたかつての仲間と共に、ラムダドライバ搭載ASと交戦、撃破する戦果を上げる。


M6A2E3


名称 M6A2E2 ブッシュマスター
全高 7.9m
基本重量 16.8t
最高自走速度 78km/h
最大跳躍高 8m
最大作戦行動時間 140時間
ガスタービンエンジン
ライカミング AGS 1500C(1430Kw)
固定武装 M134 7.62mmガトリングガン×2
M119A3 105mm榴弾
M261
ハイドラ70ロケットランチャー×1~3
基本携行火器 GE社製 M168 20mmガトリングガン
アライアント・テックシステム
M242 ブッシュマスター 25mm機関

M6A2E3ブッシュマスター>の称で呼ばれる、火力支援用の機体。携行火器にM242ブッシュマスター機関をよく用いていた事から、非公式称として定着したらしい。

AS同士の戦いや戦車相手にはまったく不向きだが、戦を含め、非対称戦の多い昨今ではその搭載火力もあわさり歩兵部隊の守護ともされる機体。相手から見れば弱いものいじめ専用、歩くガンシップであると、アナザー巻末では紹介されている。

肩部には射程14kmを誇るM119A3(M119のAS105mm榴弾M261ハイドラ70ロケットランチャーを搭載、一機での数ブロックを焼け野原にできる火力を有する。

その代わり、過大な重量のため外付けマッスルパッケージである「ブルローダー」補助駆動システム(ツーソン・インスツルメンツ社製。社長ジョンジーこと、テッサ大好きなロクデナシ爺の一人)を搭載することでカバーしているがどうにか動ける程度で、戦車ASとの直接交戦には不向き。

非対称戦での適性も合わさって輸出も増えているが、ASの普及の結果、機体の損が増加傾向にある様子。ただ、車両では移動困難な地帯で歩兵に同行できる重なガンシップ的機体のため、後継機となるM9系の火力支援機体、M9A1E1アーセナル・ガーンズ>の配備が充実するまでは、まだまだ現役で活躍し続けるだろうとられている。

アナザーでは、達弥がラシッド共和軍との模擬戦で二日酔いカルロスの代わりに搭乗。指揮官機を撃破する。が、の損傷と交戦規定違反大目玉を食らう羽になった。


M6を原型とした機体


名前のみ出て来るARX-6 ハルバードと自衛隊96式、96が該当する。以下に暫定的に記す。


ARX-6 ハルバード


M6をベースにした機体。ウィスパードであるバニ・モラウタが携わったラムダドライバ研究において、実験機材の集合体状態では高度な検出機器でやっと確認できる超常現象を引き起こす程度であった所を、ASという人に搭載することで、飛躍的に引き起こせる現レベルを引き上げた初めての機体とされている。

とはいえ、出不足は如何ともし難く実験機の域を出なかった。その事から本機の研究結果を基にARX-7 アーバレストの建造に着手する事となった様子。なお、同じくウィスパードであったレナードはこの機体に「出来損ない」との評価を下している。


96式


名称 96
全高 7.8m
基本重量 14.1t
最高自走速度 100km/h
最大跳躍高 14m
最大作戦行動時間 110時間
ガスタービンエンジン
三菱重工MGT1101(1300kw)
固定武装 三菱重工 12.7mm M2機関銃×2

※アナザーでは96データが紹介されているが、96式の公式データフルメタル・パニック!RPGが初出である。

日本国産の第二世AS。原はM6をベースにしているが、専守防衛や様々な政治的横その他から、開発段階で防御重視で設計された機体。この防御重視のコンセプトは非対称戦対応も視野に入れたと言えば聞こえは良いが、開発時点での技術不足は防御重視のコンセプトとのミスマッチングを引き起こした上、ASという新しい兵器への理解不足が重なり、完成はしたものの民は怒っていいレベルの機体とも言われている。

フルメタ本編では、お台場の巨大ASテロ事件で緊急出動で訓練用マッスルパッケージのまま出撃、立った戦果を上げる事く為す術もく撃破されてしまった可哀想な機体。

96式用に開発・調整された武装の運用を想定したFCSと三のマニピュレータがとなり、どの西側諸系のAS用武装は扱えない模様。他の特徴として、どのASがオペレータ一人での運用を前提にしているが、96式には複座の機体も存在する。マンツー導での訓練の他、実戦では機体制御、射撃、索敵、電子戦を分担できるものと考えられる。

M6とべて重装甲な他は、電子兵装はM6A1やA2に匹敵するものが搭載されているとされ、機動性の面以外はそれほど悪い機体という事ではいようだが、他の登場がアニメ本編放映当時、ファンの間で物議を醸した「習志野は燃えているか」というオリジナル回であった事も含め、色々扱いが不遇である。習志野といえば挺団、AS降下についてはM6をえた重装甲の機体で普通に成功させる練度と思ってるミリオタ多数だっただけに。

尚、お台場の巨大ASテロ事件で出撃していたのは、アナザーで登場する下村悟一等陸佐の部隊(部下2名は殉職、下村も右脚に重症を負い、AS操縦者としての未来を閉ざされた)だった。

スパロボWでは自衛隊機がM6にとって変わられている。


96式改


名称 96
全高 7.8m
基本重量 14.3t
最高自走速度 125km/h(巡航形態)
最大跳躍高 18m
最大作戦行動時間 140時間
ガスタービンエンジン
三菱重工MGT1201(1500kw)
固定武装 住友重工 12.7mm M2機関銃×2

96式の良・アップデートモデル。アナザーに登場。98年に起きた有明事件(有明巨大AS事件)をきっかけにプログラムが開始されたと巻末資料に紹介されている。

仕様の詳細は巻末情報を見て貰うとして、ジェネレータの換装による運動性の向上、ECSの搭載(不可視モードし)と電子兵装の強化、大容量コンデンサの搭載による30分の静音行動モード追加、マニピュレータを3から5に変更+FCS良で西側AS用兵装の8割を使用可に、といったかなりの性向上が図られている。

既に第三世代ASが登場している中では時代遅れと揶揄されつつも、第二世代の非対称戦対応ASの中では米軍特殊部隊向けASであるM6A3<ダークブッシュネル>に匹敵する性を有していると評価を受けている。

防御重視のコンセプトも、この良でようやく日のを見たというか先見の明があったというか棚から牡丹というか…げふんげふん。

アナザーの時代ではほぼ全ての96式が96アップグレード済み(一部は技術試験または教導用に以前のモデルを残していると思われるが)。

自衛隊海外派遣でも使用されており、高地向けや砂漠向けの一時バージョンも存在している。装置ですね、わかります。


次へ»
最終更新日: 14/09/26 20:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ