ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


M9 ガーンズバック


ヨミ: エムナインガーンズバック
掲示板をミル!
79カキコ!

M9 ガーンズバックとは、賀東招二氏のライトノベルフルメタル・パニック!」、及びそれを原作とするアニメシリーズコミックシリーズ、並びフルメタル・パニック!アナザーに登場する人兵器アーム・スレイブの機種名である。


概要


フルメタル・パニック!の作中ではアーム・スレイブ(以下「AS」と表記)には第一~第三までの世代が存在し、その中でも当機は最新鋭の第三世代に属する。

二世代機であるM6 ブッシュネルの後継機として陸軍が開発を進めている次期ASだが、ミスリルでは既に実戦配備されており、機の座に就いている。

A系列、C系列、D系列、E系列といくつかの開発系統が存在していたが、十数年後の世界を描いたフルメタル・パニック!アナザー(以下、アナザー)の時代で米軍制式採用(標準装備)となったのはA系列である。アナザーの時代では配備から時が経ち最新鋭ではなくなったものの、最強クラスの第三世代ASである。


E系列(ミスリル仕様)及びD系列


名称 M9 ガーンズバック(ミスリル仕様
全高 8.4m
基本重量 9.5t
最高自走速度 280km/h
最大跳躍高 45m
最大作戦行動時間 150時間
パラジウムリアクター(常温核融合炉
ロス&ハンブルトン APR2500a
固定武装 AM11 12.7mmチェーンガン×2
XM18ワイヤーガン×2
対人用テイザー×2
備考 ミスリル標準仕様はE系列
D系列試作機ファルケはペイロード
余裕を除いて他の仕様は同一

戦闘機パイロットヘルメットにも似た丸みを帯びた頭部が特徴。但し、マオ等の前線指揮官が搭乗する機体は電子戦の強化の為、頭頂部にブレードアンテナが増設されているので形状が異なる。
前述の通り物語序盤の段階では当機を実戦運用しているのはミスリルのみだったが、長編九巻「つどうメイク・マイ・デイ」にて米軍でも非公式ながら陸軍特殊部隊デルタ・フォース[外部])に少数のM9が実戦配備されている事が明かされた。但し、この米軍仕様機は頭部センサーメーカーや肩部装甲の形状、装甲厚等がミスリル仕様機とは若干異なるA系列の機体だと言われている(この時点で相良宗介より『動きにキレがない』と評されており、後述するガッカリM9の伏線られていた)。

米軍仕様機に対しミスリル仕様機は「E系列機」と呼ばれ、導入時にはその仕様メリッサマオ軍曹(当時)の意見が多数取り入れられている。

これらに加え、当機のプロトタイプベースに「C系列機」としてミスリル一のラムダドライバ搭載機(実験機)であるARX-7 アーバレストも開発された。

また、同じくミスリルの機体であるが、ジオトロン社がドイツに構えるドルトムント工場ではこれらとは異なる「D系列機」、通称「ファルケ」と呼ばれる機体が二機試作されている。当初はラムダドライバの搭載が計画されていたが、ARXシリーズ開発責任者であるバニ・モラウタの死去により頓挫。後にその内の一機はベルファンガン・クルーゾー中尉(後に大尉)の乗機となっている。ファルケは、ペイロード若干の余裕がある(ラムダドライバ搭載予定だった事からいたスペース?)事を除いてE系列とほぼ同一仕様


詳細


M6等の第二世ASの駆動系はマッスル・パッケージ(別名「電磁収縮筋」。通電によって収縮する特殊な形状記憶プラスティックの繊維を束にした人工筋肉)と一般的な油圧系を併用したバイナリ方式が流であったが、M9ではマッスル・パッケージの開発技術の向上によって油圧系を全し、全な電気駆動に進化している。
重量の嵩む油圧系から解放された為、第二世代機とべ機体重量が大幅に軽減し、機動運動性が飛躍的に向上、「敵に撃たせない、照準させない」という戦い方が可になった。加えて、脚部にバッタの脚の関節構造が取り入れられており、爆発的な加速と跳躍を有する。
また、このマッスル・パッケージにはそれ自体にある程度の耐弾性が有る為、防御も細身な外見に反して第二世代機より向上している。

前述の通り油圧系を全したことで、機体の大幅な軽量化と同時に大きな構造的余裕が生まれた。その為、M9には高性な電子兵装やデータリンク、内蔵式のウエポンラック等、従来機では積めなかった様々な装備を搭載する事が可になった。

は第二世代機までがガスタービンエンジンディーゼルエンジン流だったのに対し、M9は常温核融合炉であるパラジウムリアクターを搭載している為、極めて優れた静粛性と隠密性を獲得しており、び歩きさえ可
更にこのパラジウムリアクターから得られる豊富な電により、大な電が必要な不可視モード付きのECSElectromagnetic Camouflage System:電磁迷彩システム)が搭載可となった。但し、このECSで不可視化している状態だと、消費電の問題でしい戦闘機動は不可能になる。

陸両用作戦も備えており、40メートルまでなら特殊な装備を装着せずとも潜な上、沿域での水中作戦を高める為の専用装備も開発されている。

この他、第二世代機にはい新装備として、高度なAIを搭載している点が挙げられる。機体の破損や故障箇所を自動で診断して操縦者に知らせたり、戦況の分析を行ったり、敵機から奪った武装のプロテクトを解除出来る他、世界中の兵器AS軍用車両航空機データが登録されており、補足した標の脅威度に応じて自動的に攻撃の優先順位を設定する等の機が有る。
仮にデータが登録されていない未知の標と遭遇した場合でも、それがどういった種類の、どの程度の性を持つ兵器なのかをかなり正確に推測する事が出来る。更に、操縦者が機体を離れている間、IFF[外部](敵味方識別信号)に反応しない標を自動で攻撃出来る等、ある程度の自行動も可人間や他のAIとある程度高度な対話や議論をする事さえ出来る。
余談だが、このAIの音は初期設定だと低い男のアーバレストの「アル」の)だが、操縦兵の好みで別のに変更する事も出来る。特にクルツは自機のAI「ユーカリ」に日本の某アイドル歌手をわざわざサンプリングして入し、な事を言わせて遊んだりしているらしい。しかも、アニメ版でそのユーカリにを充てていたのは本人田村ゆかりである。クルツ・・・少し、頭冷やそうか?

固定武装として頭部の両側に二挺搭載している12.7mmチェーンガン[外部]戦闘ヘリAH-64アパッチ[外部]が装備している30mmチェーンガンを縮小した物。劣化ウラン弾を使用する)、両腕の対人用電気(テイザー)と移動補助用ワイヤーガンの他、アサルトライフルや単分子カッター等の携行武装を作戦内容に応じて装備する。

欠点

上記の様に圧倒的な機体性を誇る(アナザーの時代でもチート級の性を持つとされる)E系列のM9だが、機体構造の複雑化と部品数の増加によって整備に要する労や時間も大幅に跳ね上がっており、製造費・維持費共に第二世代機の数倍は掛かる為、ミスリルの様な潤沢な資と優秀な人材を擁する組織でなければまともに運用出来ない。
また、機体のモーションマネージャー(オペレータの動作を翻案して機体に反映させる部分の総称)に遊びのセッティングが標準であり非常に高度な操縦技量が要されるため、上級者向けの乗り手を選ぶ機体でもある。稼働時間も第二世代機とべるとやや短いので、長時間に及ぶ任務には不利な場面もある。

上記の欠点から、M9は熟練度の高い特殊部隊などの組織による電撃作戦に向いていると言える。

主な搭乗者


A系列(米軍仕様)


表向き、米軍への配備は2000年頃から開始された。本編ではMMD米軍特殊部隊が運用していたのが、このタイプである。アナザーの時代は初期調達から10年以上経過し、的・用途にあわせた多種多様なバリエーション機体が開発されており、米軍採用のM9はどがA1やA2修されている。また、輸出用のダウングレード版も様々なが採用している。

尚、兵士の間では「M9」または「ガーンズ」と呼んでおり、無印モデルを「オリジナル・ガーンズ」と呼ぶそうだが、E系列を知る人物は決してオリジナルガーンズとは呼ばない。

3巻までの間で作中に言及されているのは、M9(米軍仕様)、装甲強化されたM9A1(アーマード)、電子・火力支援のM9A1E1アーセナル)、ステルス性向上と対AS戦強化のM9A2(エンハンスド)、エリート部隊向けのM9A2SOP(シグマエリート)。巻末ではM9A2系を除き、データを含め紹介されている。


M9(無印)詳細


名称 M9 ガーンズバック(米軍仕様
全高 8.4m
基本重量 10.3t
最高自走速度 200km/h
最大跳躍高 40m
最大作戦行動時間 160時間
パラジウムリアクター(常温核融合炉
ジェネラル・エレクトリック GE P101
2300kW)
固定武装 GAU-19/S 12.7mmガトリングガン×1
M18ワイヤーガン×1

ミスリル仕様べて簡素に見える頭部形状に加え、若干マッシブなシルエットになっており、各部の形状も含めてミスリル仕様べていくつかの点で仕様が変わっている。

最大の変更点は、交戦規定の縛りから被弾のリスクを考慮してマッスルパッケージ金属・ポリマーの防弾性重視のものに変更した事で、これにより自重が増加しており、運動性、機動性がE系列より劣る。

であるパラジウムリアクターは、ミスリル仕様機に搭載されたロス&ハンブルトン製の物からジェネラル・エレクトリック製の物に変更されている。
GE製リアクター安価で稼働時間も長いが最高出で劣り、また最高出域での不安定性が摘されているのだが、政治的な理由から変更されている。

電子兵装については見たからは想像つかないが、E系列に採用されていたものより強化されている。ただし、ECCSElectromagnetic Camouflage Counter Sensor:電磁迷彩対抗センサー)の発展によりメリットが低下した事、E系列とべてジェネレーターの最大出が低下した影と、何より価格(運用コスト削減なども含む)の問題から、電を大きく消費する不可視ECSについては搭載されていない様子。

他に、簡易AIへの変更とシステムのスリム化、固定武装の一部変更(頭部チェーンガンと片腕のワイヤーガンを止し、ワイヤーガン1基とガトリングガン1門を腕部に内蔵)、上級者向けの鋭敏過ぎたモーションマネージャーの変更(M6からの機種転換を容易にする意図も含んでいたらしい)など、防御の向上も含め標準的な腕前のオペレータに優しい第三世代ASとなっている。

ミスリル仕様べてダウングレードは否めないが、それでも世界最強クラスの第三世代ASといっても過言ではない。
マオく「ブサイクでノロマなデブ」。賀東招二く「ガッカリM9」。ファンの間では「コレジャナイ」と散々だが)


M9A1詳細


名称 M9A1 ガーンズバック(アーマード)
全高 8.4m
基本重量 11.9t
最高自走速度 150km/h
最大跳躍高 25m
最大作戦行動時間 150時間
パラジウムリアクター(常温核融合炉
ジェネラル・エレクトリック GE P101
2300kW)
固定武装 GAU-19/S 12.7mmガトリングガン×1
M18ワイヤーガン×1

作中の公式発表上では2004年から採用された、M9のモデルアナザーの時代では無印M9のほとんどがこのA1やA2修されている。

通称「アーマード」または「アーマード・ガーンズ」と呼ばれ、ソビエト連邦崩壊後の地域紛争・民族紛争の増加、化にあわせた装甲強化タイプに非正規戦を想定しており、民兵やゲリラテロリストの武装への対抗を考慮している。

米軍も予算縮小の煽りで十分な調達数が得られていないものの、最も配備数が多いモデルである。ジオトロンエレクトロニクス社は予算縮小の煽りから新規調達・発注いため、このような機体修で糊口をしのいでいる状態。

尚、無印M9で摘されていたジェネラル・エレクトリック社製のパラジウムリアクターの問題点は修済みだが、メーカーは欠点を認めていないため番はそのままである。


次へ»
最終更新日: 13/10/18 07:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ