ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Magic Online


ヨミ: マジックオンライン
掲示板をミル!
51カキコ!

Magic Online』 (マジック・オンライン) とは、トレーディングカードゲームマジック:ザ・ギャザリング』 (Magic:The Gathering) のオンラインゲーム版である。略称MOまたはMTGO(海外ではこちらのほうが多く用いられる)。


概要


パック購入、デッキ構築、対戦、トレード、コレクションなどをWizars of the Coast社が提供するサーバー上で楽しむことができる。また、エキスパンションセット内のカードコンプリートしていれば、期限付きかつ有料ではあるが、現実カードにも交換可である。

初期投資として、クレジットカードPayPalを用いて$9.99のアカウントを購入しなければならないが、アカウントの維持費・クライアントソフトとも無料であるため、遊び方によっては安価に楽しむこともできる。

詳細な導入手順については、Magic Online Wiki JP[外部]を参照。

フリートイアル(使用できるデッキは最新基本セットのエントリーデッキ)も可なので、導入を検討している場合はそこで操作感などを確認してみるのもいいだろう。


導入のメリット


MOを導入してもっとも恩恵を感じられるのは、第一に24時間いつでも対戦相手がいることだろう。

中ふとあのデッキのあのカードをあれと差し替えて……と思いつき、どうしてもそれを試したくなったとき、対戦相手がいないからと一人回しで慢するさみしいは、MOがあればもう来ない。

Magic Online上でもプロツアー予選が行われるため、ここからプロツアー出場をすことも可社会生活とMTGを両立する競技プレイヤーにとっては、き時間にデッキの調整やドラフト練習、そしてプロツアー予選への参加ができるMOはもはや必須アイテムと言えるだろう。

また、デッキ作成機が充実しておりデッキ構築とコレクション管理が容易にできることも特筆すべき利点だ。

現実カードとかなり相場が異なるため、一概には言えないものの、全体的にすこし安価ということもメリットとして挙げられる。シングルカード公式では扱っていないが、ユーザー間の仮想的な通貨としてイベントチケット(イベントに参加するためのチケット。公式ストアで1$) とカードをトレード(単位:tix)、という形で取引されている。

一例として挙げれば、現在約2万円程度で取引されているタルモゴイフモダンマスターズ)は、MOでは90tix前後(2015年1月)であり、これだけを見れば半額とも言える。

なにかとのかかるイメージのあるMOだが、腕さえあれば初期投資のみで永遠に遊び続けることも不可能ではない。実際、MOプレイしているプロプレイヤーyaya3やtrioskなど)は、勝っているので新しいデッキを組む時でさえ課金をほとんどしていない。

たとえば、8-4の8人シングルエリミネーションブースタードラフト(参加費2tix+3パック)に参加する場合、2勝すれば4パック、優勝すれば8パックを賞品としてもらえる。もし2勝以上できれば次回以降の参加費は無料なうえ、ピックしたカードはコレクションに加わるため、それを売れば、結果として資産は増えている計算になる。

構築イベントならもっと簡単にチケットを増やすことができる。たとえば、スタンダードデイリースイスドロー4回戦、参加費6tix)に出場し3勝すれば最新セットが6パック、全勝なら11パックもらえるため、1パック=3tixの単純計算で一度に最大27tixも増やせることになる。それどころか、3回に1回3勝できれば十分に元が取れる。


Magic Onlineの悪いところ


まず、日本語版がない。

MTGに用いられる英語は基本的にテンプレートに従っている(たとえば、Destroy target creatureを基準として、DestroyExileに変えたら破壊→追放、creatureをenchantmentに変えたらクリーチャー→エンチャント)ため、カードのだいたいのテキストさえ把握していればそれほど読むのには困らないが、問題はまったく初見カードが出てきたとき。いちいちテキストをググっていては間に合わないし、面倒。

世界中の人々がプレイしているので仕方ないことではあるが、アカウント作成からクライアントソフトカードテキストまで全て英語なので、英語が全く読めない方は最初は慣れないかもしれない。外人が対戦中にチャットで話しかけてくることもあるが、クソみたいなことを言っている場合がほとんどなので視して問題ない。

むろん、英語ができる方にとっては、世界中のMTGプレイヤーが集まっているというのはこの上ないメリットに感じられるだろう。

対戦中の誤操作を戻せないことが多く、現実の対戦中にある「待った」が効かない。《平和な心/Pacifism》を自分のクリーチャーに誤って付けてしまったり、《巨大化/Giant Growth》を相手のクリーチャーに使ってしまったり、あまつさえ自分の土地に《名誉回復/Vindicate》したりしないように気を付けよう。

また、バグが非常に多く、トークンデッキに戻そうとするとクラッシュしたり、自分のプレイングを見返そうと思ってリプレイを見ると+1/+1トークン暴走したりすることがある。

そして、膨大なカードデータが存在するせいかやや挙動が重たいことも、ソフトとしての使いにくさに拍をかけている。


サポートされているカードセット一覧


2015年1月現在

※1: コールドスナップのテーマデッキに入っているカードのみ
 

フォーマット一覧


2015年10月現在、『Magic Online』上で実装されているフォーマットを列記する。


一般的なフォーマット



MO限定フォーマット



次へ»
最終更新日: 18/12/29 20:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ