ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


May-Be SOFT


ヨミ: メイビーソフト
掲示板をミル!
88カキコ!
未成年の閲覧注意 この記事の一部にはあんなことやこんなことが書かれています。
この記事を開いたまま席を離れたら大変なことになる可性があります。

May-Be SOFTとは、有限会社リエーブルのアダルトゲームブランド称はメイビー。


歴史


メイビーソフト時代 (1993~1999)

ブランド立ち上げは1993年と意外に古く、まだ純愛ゲームというジャンル確立する前からの古参である。
当時からすでに抜きゲーメーカーとしては高い評価を誇っており、いまだにこの時代のゲームを好きな人も多い。
なお、この時代のメイビーの原画家は後に「かりん」でブレイクする「影崎由那」である。

May-Be SOFT時代 (1999~2003)

1999年に親会社の開発部門が解散するが、ブランド自体は新会社であるテックアーツに移行される。
これに際して製作スタッフの結構な入れ替えがあり、ゲームの方向性が若干ハードな路線になる。
この時代のゲームは全ての原画を「望月」が担当、全てのシナリオに「じゃが倫也」が関わっている。

May-Be SOFT(リエーヴル)時代 (2003~)

2003年に、ソフト卸であるホビボックスが審機構をソフ倫からメディ倫に替えする。
これを受けて、メディ倫の審を受けるために、分社化された有限会社リエーヴルにブランドを移行する。
2004年発売の「へんし~ん」からは、原画を「あかざ」が担当するようになりポップな路線になる。
さらに、2005年発売の「モノごころ、モノむすめ」からはシナリオを「」で固定するようになっていたが、2008年の「学園新撰組」以降は、以外がシナリオを担当する事も増えている。


作風


モノごころ、モノむすめ」以降は、ドタバタエロコメディという路線を貫いている。

上記が基本的な路線だが、時折泣けるシリアスルートなども用意している事がある。


おもな作品


ニコニコ大百科に記事のある作品だけ追加してください。


ニコニコ的には…


プレイ動画が充実しており、どれも再生数はそれなりのモノを誇っていると思われる。
MAD等は少ないが、2009年発売のぱいタッチ!主題歌IOSYSが担当しているため、当該曲を使ったMADが存在する。


ゲームデモ・OP



■sm5463809[ニコ動]

■sm2199095[ニコ動]
■sm2798[ニコ動]
■sm27780[ニコ動]
■sm23466[ニコ動]


MAD


■sm400770[ニコ動]
■sm5973916[ニコ動]


関連商品



PCゲーム


■azB001J2Y40A
■azB0012WRJ72
■azB000NOFEPO
■azB000FNUE1C
■azB000BAVR60
■azB000E1GHF2
■azB0002VDVW6
■azB000LVZ6PC
■azB000E1A4YC
■azB0000A02EF


その他


■az4894907925
■az489490814X
■az4894908379
■az4894908751


関連項目



外部リンク



最終更新日: 13/01/15 13:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ