ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


MEKO型フリゲート


ヨミ: ミーコガタフリゲート
掲示板をミル!
5カキコ!

MEKO型フリゲートとは、ドイツで開発された量産型軍艦シリーズである。


概要


19世紀からの伝統を持つドイツ・『ブローム・ウント・フォス』社が1970年代から開発し、21世紀に入っても更なる新の研究開発が続いている輸出用軍艦シリーズ企業製品であり、欧州や南アフリカアジア50隻近い系列艦が運用されている。


特色


『MEKO』とは日本語でいう『多用途フリゲート構想』略称である。本来、フリゲートを含む軍艦は予め、決められた任務に合わせ、船体、武装、機関を1パッケージにして建造し、その運用実績をもとにを作ってゆくものだがMEKO型フリゲートは以下の構想が子となっている。

  1. 基本となる船体を顧客に提示
  2. 顧客は自分側の事情に合わせて搭載品(機関兵器・電子装備)をチョイス
  3. 搭載品はモジュール化されていてアップデート・換装もしやすい

すなわちバイキング料理の様に自分の好みと予算などの事情+容器に合わせてオンリーワンに近い自分だけのフルコースを作る=『ぼくのかんがえた』、とまではいかないが『帯に短したすきに長し』=オーバースペックないしロースペックを避けることが出来、予算が限られている発展途上国でも導入しやすいのがMEKO型フリゲートのコンセプトである。
なお、シリーズについている数字は安の排水量を示す。

ちなみにシリーズの中には駆逐艦コルベットに分類されるのもいるがこまけぇこたぁいいんだよ!!


MEKO 360シリーズ


MEKO型フリゲートの初期1978年から1984年にかけて5隻(ナイジェリア:1隻、アルゼンチン4隻)が建造・配備された。

共通点は以下の通り。

そして相違点としては以下の通り。

艦級名 アラド アルミレンテ・ブラウン
基準排水量
満載排水量 
3360t
3680t
2900t
3360t 
全長
全幅 
125.6m
15m 
125.9m
14m 
機関 CODOG方式
ガスタービン+ディーゼル 
COGOC方式
ガスタービン+ガスタービン 
乗員 195 200人
対艦ミサイル オトマート連装発射機x4 エグゾゼ4連装発射機x2
その他 投下軌条x1

の構成となる。

アラドウはMEKO型フリゲートの1番艦として建造されかつ当時はアフリカ最大の軍艦としてもてはやされたが後進国としての各種スキルの低さか、1987年には3回事故を起こし(座礁、埠頭に突、上衝突)、1990年代に入ると修理⇒復帰⇒故障⇒修理の繰り返しに見舞われている。さらに対艦ミサイルも運用期限を過ぎてしまい使用不能となった。
一方、アルミレンテ・ブラウン級はアラドウのとしてヘリコプター2機を搭載する予定だったがアルゼンチン側の要望で結局1機止まりになっている。また、その規模からフリゲートではなく駆逐艦に分類されている。

ともあれ、本級の建造からMEKO型フリゲートの歴史が始まった。


MEKO 200シリーズ


360シリーズの経験を元に開発されたのが200シリーズである。5かで運用され、6タイプが存在する。
360シリーズとして開発されたため中央船楼ただし形状は360が四形上だったのに対し本級以降は少し台形状に変更された、Ⅴ字煙突を受け継いでおり一部を除いて以下の共通事項を持つ 。

MEKO200TNシリーズ(トルコ海軍)

初めて本シリーズを使いだしたのがトルコ軍である。
トルコ軍は地中海+を抱えておりクリミアにいるソビエト連邦艦隊がいた。ことがある場合にはっ先にNATO艦隊の前衛に駆り出される故に軍戦は喫緊の課題であった。トルコ軍では1987年から200シリーズの運用を始め、第1世代の「ヤウズ」級、第2世代の「バルバロス級」+「サーリヒレイス」級を合わせた8隻を運用している。

3タイプの共通点は以下の通り。

そして相違点としては以下の通りになる。

種類 ヤウズ級 バルバロス サーリヒレイス級
シースパロー発射機 Mk.29旋回式発射機 Mk.41垂直発射機
(16セル)
基準排水量
満載排水量 
2414t
2994t 
3100t
3350t 
3150t
3400t 
全長 115m 116.7m 117.7m
全幅 14.2m 14.8m
機関 COCAD方式
ディーゼル+ディーゼル
CODOG方式
ディーゼル+ガスタービン 
最大速 27kt 32kt
航続距離 4000里/20kt 4100里/18kt
乗員 180 220

の構成となる。

ヴァスコ・ダ・ガマ級フリゲート

ポルトガル軍が運用するフリゲート。構成はバルバロス級に近いが以下の特徴を持つ

本級はドイツで3隻が建造された。

イドラ級フリゲート

ギリシャ軍が運用するフリゲート。ヴァスコ・ダ・ガマ級の経験をベースに建造されたが以下の特徴を持つ

本級は4隻が建造された。(ネームシップ『イドラ』はドイツ、残る3隻はギリシャで建造)

アンザック級フリゲート

オーストラリアニュージーランド軍が運用するフリゲート
アンザック』 とは第一次世界大戦時に編成されたオーストラリアニュージーランドの混成軍団から続く両軍事連合のことである。
本級は両のEEZ=排他的経済域防衛が主任務とされていたため当初は以下の艦容だった。

しかし、MEKO型フリゲートの特徴の一つである『搭載品はモジュール化されていてアップデート・換装もしやすい』ということでオーストラリア向けは以下の装が施されつつある。

本級は10隻(オーストラリア:8隻、ニュージーランド:2隻)が建造された。


MEKO A200シリーズ


MEKO200シリーズ良を重ねた結果、成功を収めたが元々1970年代に開発されたMEKO360シリーズベースにしていたためコンセプトはともかく設計の旧式化が21世紀に入って立ってきた。
そこで後述するブランデンブルクフリゲートをもとに設計・開発されたのが本級である。

2016年現在南アフリカアルジェリアの2かが運用。共通項は以下の通り

ヴァラー級フリゲート

南アフリカ仕様でA200シリーズの初採用。4隻が運用中。特徴は以下の通り

エル・ラディン級フリゲート

アルジェリア仕様ヴァラー級よりやや重武装となった。4隻が配備予定で2016年時点で1隻が運用、1隻が装中これら2隻はいずれもドイツで建造され残り2隻はアルジェリアで建造される予定。特徴は以下の通り


コルベット


それぞれ360、A200シリーズのバリェーションとして開発されたがいずれも1000t台であり、コルベット扱いとなっている。

大まかな特徴としては


MEKO型140フリゲート


アルゼンチン軍のみが運用しており『エスポラ級コルベット』と命名され6隻が運用中。
エグゾゼ対艦ミサイル連装発射機、40㎜連装機関324㎜短魚雷3連装発射管を各2基装備して一通りの任務に対応できる。


A100型フリゲート


マレーシア軍で6隻、ポーランド軍で1隻が運用中。
共に近接戦闘用として30㎜機関を装備して沿警備に従事しているがマレーシア軍向けは有事の際に対艦ミサイルと近距離SAMを増設する予定。
なお、ポーランド向けは7隻配備の予定だったが戦略方針の変更で1隻の建造で中止された。


サール6型コルベット


後述するブラウンシュヴァイク級をベースにしたイスラエル仕様
バラク8+cドーム(SAM)、ガブリエル(SSM)といったイスラエル国ミサイルに加え、324mm短魚雷も追加して原より強化されている。
2020年代に4隻が運用開始される予定。


ドイツ海軍向け


前述の通り、MEKO型フリゲートは企業製品であり、ドイツ軍はほとんどタッチしていない。しかし1990年代から技術をフィードバックした独自のフリゲートコルベットを開発・整備している。
以下3タイプの共通項としては機関ディーゼルエンジンが組み込まれていることとが76㎜であること。


ブランデンブルク級フリゲート


1992年から1995年にかけて4隻が配備された。特徴としては以下の通り。


次へ»
最終更新日: 20/09/13 16:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ