ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


MotionGraphics


ヨミ: モーショングラフィックス
掲示板をミル!
27カキコ!

MotionGraphicsとは、モーショングラフィックス動画を収録する登録タグである。


概要


モーショングラフィックスとは、映像表現の手法の一つである。従来の静止画としてのグラフィックデザインに動きや音を加え、映像の形態を取った視覚表現である。MG等と略される。

制作ソフトとしてはに、FlashAfterEffects等が用いられる事が多い。また、ニコニコ動画上ではNiVEが開発されて注を集めている。

動画である映像表現と、静止画グラフィックデザインの中間に位置する、あるいは両者の性質を併せ持つ表現方法だと言える。

映像作品単体と知ってはなじみが薄い人でも、テレビCMアイキャッチの動く企業ロゴや、ニュース番組のスタイリッシュテロップなどでそれとなく触れる機会は多い。静止画MADも広義ではモーショングラフィックスの一部と見ることができるなど、PVの一部分として、また他の映像表現との組み合わせとして、数多くの場面で使用されている。


歴史


どこを起点とすべきかは一概には言えなさそうだが、発想的なものは19世紀末~1900年代、映写機が発明され、美術史ではフォービズムやらキュービズムやらといった抽絵画の概念が出てきた辺りまで遡ることになるというから結構な歴史である。

音を抽的に表現するというアイデアは、1930年代ノーマンマクラレンとかオスカー・フィッシンガーとかいう人が現れる。

1960年代になるとコンピューターグラフィックスの歴史が始まる。CGの先駆者であるジョン・ウィットニーJohn Whitney)によるCGアニメーション実験映像制作される。そして映像音楽融合させたデジタルハーモニーという概念が提唱される。

日本ネット上ではFlashの台頭とともに流行し、2004年にはPerfect Promotionというweb上のイベントが催されるなど、Flashアニメーションの一閥として大きな潮流を生み出した。Flashアニメーションの時代にはスキマ産業氏の作品「num1000」(2006年発表)に大量の生作品が生まれたことに代表されるように、センスで勝負する映像表現の大流の一つとして数多くの作品が作られた。しかし、2005年後半から2007年頃にかけてのFlash文化の衰退とYouTubeニコニコ動画を始めとする動画共有サイト時代への移行とともに表に出る作品数は減少した。

2009年に入り、ニコニコ動画ではキネティック・タイポラフィーKineticTypography)という文字を使ったモーショングラフィックスの一手法が注されている。


関連動画


Flash黄金時代。単体の映像作品が多く作られた。


■sm284920[ニコ動]

■sm382731[ニコ動]
■sm2537943[ニコ動]
■sm3125869[ニコ動]
■sm1376645[ニコ動]
■sm1950219[ニコ動]

動画共有サイト時代以降も作られ続けている。

■sm201996[ニコ動]
■sm2792374[ニコ動]
■sm1667109[ニコ動]
■sm2204130[ニコ動]
■sm2137852[ニコ動]
■nm5028885[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 11/06/30 00:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ