ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Moto2


ヨミ: モトツー
掲示板をミル!
1カキコ!

Moto2とは、MotoGPの中排気量クラスである。
 


概要


従来の中排気量クラス250ccクラスと呼ばれ、2ストローク250ccエンジンを使っていた。2ストロークエンジン環境負荷が大きいので、2009年シーズンをもって250ccクラスが終了した。

2010年から4ストローク600ccエンジンを使用するMoto2クラスが始まった。

2019年からのMoto2クラスは、4ストローク765ccエンジンを使用するようになった。
 

エンジンのワンメイク

エンジンは、1つのメーカーが製造するエンジンワンメイクである。全てのチームに、同じ品質になるよう調整されたエンジンを抽選で配布する。3レースに1度の頻度で抽選会が行われる(記事[外部])。抽選で渡されたエンジン改造不可であり、3レースを使用し終えたら、レース催者に返却する。

こういう均質なエンジンを各チームオリジナルフレームに載せて参戦するという、従来までとはかなり違った方式を採用している。

エンジンを開発するとエンジン費用が高くなり参戦費用がかさんでしまう」というチーム側の苦情を察した運営が、エンジン開発費用がかからない制度を導入して、参戦の敷居を下げようとしたわけである。2010年当時は2008年リーマンショックの余波があり、世界が不気だった。

ワンメイクエンジンの制度を実現するには、エンジンを均質に製造するだけでなく、チューニングを正確に行う必要がある。エンジンチューニングを担当するのはエクスターンプロ(ExternPro)[外部]という会社で、スペインモーターランド・アラゴンに本社がある。同社の技術監督トレヴァー・モリス[外部]である。トレヴァー・モリス以外の人は地元民ばかりで、地元の雇用創出に貢献している(記事[外部])。
 

4ストローク765cc 3気筒のトライアンフエンジン

2010年から2018年までのMoto2クラスホンダCBR600RRエンジンを使っていたが、2019年からは英国バイクメーカートライアンフエンジンを使うことになった。排気量765ccの直列3気筒である。ちなみに、3気筒のことをトリプル(triple)と呼ぶことがある。

トライアンフエンジン140程度。2010年から2018年までのホンダCBR600RRエンジン130なので、が増したことになる。

ライダーが口々に「トライアンフエンジンは以前のCBR600RRエンジンよりもはるかトルクが強い」とっている。トルクというのは静止状態からグイッと加速していくのことをす。コーナーの立ち上がりから直線で速いマシンということになる。

ルカマリーニは「以前のマシンはコーナリング速度を高める乗り方をしていたが、トライアンフエンジンマシンではストップアンドゴーの乗り方になるだろう」とコメントしている(記事[外部])。つまり、この画像[外部]オレンジ色のマシンのように乗るべきだろう、とっている。

シャヴィ・ヴィエルヘは「トライアンフエンジンマシンリアタイヤグリップが非常に良く、ホンダエンジンマシンのようなリアタイヤを滑らせる走りが難しい」とっている(記事[外部])。

2010年から2018年までのホンダCBR600RRエンジンエンジンに近いものでパワーが弱く、2019年以降のトライアンフエンジンプロトタイプレース専用車両)の高出エンジンと表現してよいものだという。このため、2019年以降のトライアンフエンジンのほうがMotoGPクラスへの練習エンジンとしてふさわしい、とライダーたちがっている(記事[外部])。
 

電子制御を導入

2010年から2018年までのホンダCBR600RRエンジンは、エンジン電子制御することがほとんどできず、Moto3マシンよりも電子制御を活用していないマシンだった。

2019年からのトライアンフエンジンでは、エンジンの電子制御が可になる。最大排気量クラスでおなじみのマニエッティ・マレリ社[外部]ハードウェアソフトウェアの両方をワンメイクで供給する。


電子制御の機の1つは、コーナー入口でのエンジンブレーキ制御である。エンジンブレーキを利用して、以前よりも強いブレーキングが可となる。

また、電子制御の機の1つは、オートブリッピングである。これにより、シフトダウンするときにクラッチを握る必要がくなった(記事[外部])。コーナー入口でのライダーの負担が大きく軽減されることになる。
 

電子制御はMotoGPクラスのものと比べて簡素

MotoGPクラスの電子制御にべると、Moto2クラスの電子制御はだいぶ簡素である。コーナリング最中のトラクションコントロールは一切し。コーナー脱出時のアンチウィリーの機し。

先述のように、コーナー入口でのエンジンブレーキ制御は可である。ただし、コーナーごとにエンジンブレーキの効かせ方を設定することができない。MotoGPクラスではコーナーごとにエンジンブレーキの効かせ方を設定するのだが、そこまでのことができない。
 

タイヤ

タイヤMoto3同様、ダンロップ[外部]ワンメイクである。

MotoGPクラスべてタイヤが細く、接地面積が小さく、タイヤマシンの走行に与える影が少ない。このため、タイヤのことがしょっちゅう話題になるMotoGPクラスべて、Moto2クラスタイヤがあまり話題にならない。

とはいえ、たまにMoto2クラスタイヤ話題になる。トライアンフエンジンが使用され始めてから4戦2019年スペインGPからダンロップが幅の広いリアタイヤを持ち込むようになった(記事[外部])。これに対して多くのチームが対応に苦しんだが、MarcVDSは上手に対応できて、アレックス・マルケスの躍進につながったという(記事[外部])。
 

レース展開

レース展開は、じわっじわっと差が開いていくとか、じりっじりっと差を縮めていくといったものが多い。レース終盤には各ライダー距離が2以上開くことが多い。

ちなみに、ライダー同士の差というのは2というのが大きな界となっている。「2を切って差が1.8になると一気に差が縮まっていくことがある」などと有識者がることが多い。

ライダー同士の差が2えると、先行ライダーに後続ライダーの音が届かないようになり、先行ライダーはライディングに集中できるようになり、安心できる。また、後続ライダーにとって先行ライダーの姿が小さくなり、追撃しようという気力もそれに応じて小さくなりがちで、心が折れそうになるのだという。

ライダー同士の差が2を切ると、先行ライダーに後続ライダーの音が届くようになり、先行ライダーが焦るようになり、ライディングでミスをする可性が高まっていく。また、後続ライダーにとって先行ライダーの姿が大きくなり、追撃しようという気力もそれに応じて大きくなり、気持ちのスイッチが入るのだという。
 


シャーシ製造企業同士の競争


Moto2クラスエンジンワンメイクで、シャーシの出来映えを競争するカテゴリーである。

KALEXのようなレース専門企業がシャシーを作る例が多いのだが、KTMMVアグスタといった製造企業が参入することもある。

Moto2クラス初年度の2010年以降の成績表は以下の通りとなっている。背景であるのはその年にチャンピオンを輩出したメーカーである。2021年からSPEEDUPはBoscoscuroに名称を変更している。
 

レース専門企業 製造企業
2010[外部] KALEXSPEEDUP、Tech3Suter、TSR、FTR、モリワキ、Bimota
2011[外部] KALEXSPEEDUP、Tech3Suter、TSR、FTR、モリワキ
2012[外部] KALEXSPEEDUP、Tech3SuterTSR、FTR、モリワキ、Bimota
2013[外部] KALEXSPEEDUP、Tech3Suter、TSR、FTR、モリワキ
2014[外部] KALEXSPEEDUP、Tech3Suter、TSR
2015[外部] KALEXSPEEDUP、Tech3Suter
2016[外部] KALEXSPEEDUP、Tech3Suter
2017[外部] KALEXSPEEDUP、Tech3Suter KTM
2018[外部] KALEXSPEEDUP、Tech3Suter、NTS KTM
2019[外部] KALEXSPEEDUP、NTS KTMMVアグスタ
2020[外部] KALEXSPEEDUP、NTS MVアグスタ
2021[外部] KALEXBoscoscuroNTS MVアグスタ

 
2021年の勢図は、KALEXを使用するライダーが22人、Boscoscuroを使用するライダーが4人、NTSを使用するライダーが2人、MVアグスタを使用するライダーが2人となっている。
 


Moto2クラスに参戦するチーム


2021年シーズンにMoto2クラスへ参戦するチームを挙げていく。チームの並びは2020年チームラキング順で、チーム内におけるライダーの並びは2020年ライダーランキング順となっている。
 



次へ»
最終更新日: 21/04/04 01:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ