ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Moto2


ヨミ: モトツー

Moto2とは、MotoGPの中排気量クラスである。


Moto2クラスの概要


従来の中排気量クラス250ccクラスと呼ばれ、2ストローク250ccエンジンを使っていた。
2ストロークエンジン環境負荷が大きいので、2009年シーズンをもって250ccクラスが終了した。

2010年から4ストローク600ccエンジンを使用するmoto2クラスが始まった。

エンジンのワンメイク

エンジンは、1つのメーカーが製造するエンジンワンメイクである。全てのチームに、同じ品質になるよう調整されたエンジンを抽選で配布する。3レースに1度の頻度で抽選会が行われる。抽選で渡されたエンジン改造不可であり、3レースを使用し終えたら、レース催者に返却する。

こういう均質なエンジンを各チームオリジナルフレームに載せて参戦するという、従来までとはかなり違った方式を採用している。

(何だかんだと理由を付けてはいるが、要は「エンジンを一から開発してたら参戦費用バカにならねぇよ」というチーム側の苦情を察した運営が、エンジン開発費用がかからない制度を導入して、参戦の敷居を下げようとしたわけである。当時は2008年リーマンショックの余波があり、世界が不気だった)

かしこワンメイクエンジンという制限ゆえにマシンによるタイム差が生まれにくく、時に40台近くに及ぶという多数の参戦も重なり、熱したレース展開が続出した。


3レースに1度の抽選会の様子を報じている記事はこちら[外部]

ワンメイクエンジンの制度を実現するには、エンジンを均質に製造するだけでなく、チューニングを正確に行う必要がある。エンジンチューニングを担当するのはエクスターンプロ(ExternPro)[外部]という会社で、スペインモーターランド・アラゴンに本社がある。同社の仕事っぷりを報じた記事はこちら[外部]

4ストローク765cc 3気筒のトライアンフエンジン

2019年から英国バイクメーカートライアンフワンメイクエンジンを供給することになった。

排気量765ccの3気筒で140程度。2018年までの共通エンジンだったホンダCBR600RRエンジン130なので、が増したことになる。

ライダーが口々に「トライアンフエンジンは以前のCBR600RRエンジンよりもはるかトルクが強い」とっている。トルクというのは静止状態からグイッと加速していくのことをす。コーナーの立ち上がりから直線で速いマシンということになる。

アレックス・マルケスは「以前のマシンはコーナリング速度を高める乗り方をしていたが、トライアンフエンジンマシンでは立ち上がりを重視することになるだろう」とコメントしていた。

シャヴィ・ヴィエルヘは「トライアンフエンジンマシンリアタイヤグリップが非常に良く、ホンダエンジンマシンのようなリアタイヤを滑らせる走りが難しい」とっている。

電子制御を導入

2010年から2018年までのホンダCBR600RRエンジンは、エンジンを電子制御することがほとんどできなかった。Moto3マシンよりも電子制御を活用していないマシンだった。

2019年からのトライアンフエンジンでは、エンジンの電子制御が可になる。最大排気量クラスでおなじみのマニエッティ・マレリ社がハードウェアソフトウェアの両方をワンメイクで供給する。


電子制御の機の1つは、コーナー入口でのエンジンブレーキの制御である。エンジンブレーキを利用して、以前よりも強いブレーキングが可となる。

また、電子制御が入ったことで、シフトダウンするときにクラッチを握る必要がくなった。
コーナー入口でのライダーの負担が大きく軽減されることになる。
 

電子制御は最大排気量クラスのものと比べて簡素

最大排気量クラスの電子制御にべるとだいぶ簡素なソフトである。コーナリング最中のトラクションコントロールは一切し。コーナー脱出時のアンチウィリーの機し。

先述のように、コーナー入口でのエンジンブレーキの制御は可である。ただし、コーナーごとにエンジンブレーキの効かせ方を設定することができない。最大排気量クラスではコーナーごとにエンジンブレーキの効かせ方を設定するのだが、そこまでのことができない。
 

シャーシ製造企業同士の競争

エンジンワンメイクのため、シャシーレース専門のコンストラクターが作る例が多い。
KTMMVアグスタといったメーカーが参入することもある。

以下は参戦メーカーを列挙した表。背景であるのはその年にチャンピオンを輩出したメーカー

レース専門企業 製造企業
2010 KALEXSPEEDUP、Tech3Suter、TSR、FTR、モリワキ、Bimota
2011 KALEXSPEEDUP、Tech3Suter、TSR、FTR、モリワキ
2012 KALEXSPEEDUP、Tech3SuterTSR、FTR、モリワキ、Bimota
2013 KALEXSPEEDUP、Tech3Suter、TSR、FTR、モリワキ
2014 KALEXSPEEDUP、Tech3Suter、TSR
2015 KALEXSPEEDUP、Tech3Suter
2016 KALEXSPEEDUP、Tech3Suter
2017 KALEXSPEEDUP、Tech3Suter KTM
2018 KALEXSPEEDUP、Tech3Suter、NTS KTM
2019 KALEXSPEEDUP、NTS KTMMVアグスタ

タイヤ

タイヤMoto3同様、ダンロップ[外部]ワンメイク

最大排気量クラスべてタイヤが細く、接地面積も小さい。このためタイヤマシンの走行に与える影が少ない。「タイヤ選択で明暗が分かれる」というのが最大排気量クラスでよく見られるが、Moto2クラスではほとんど見られない。
 


2019年シーズンの参戦チーム


レッドブル・KTM・アジョ
アキ・アジョ監督[外部]が率いる。本来のチーム名はアジョ・モータースポーツ[外部]。本拠地はフィンランドアカー[外部]KTMのMoto2におけるファクトリーチームに相当する
使用シャーシはKTM
名前 出身地 身長・体重 誕生日
41 ブラッド・ビンダー[外部] 南アフリカ ポチェフストルーム[外部] 170cm62kg 1995年8月11日
88 ホルヘ・マルティン[外部] [画像を見る] マドリード[外部] 168cm62kg 1998年1月29日
スカイ・レーシングチーム・VR46[外部]
ヴァレンティーノ・ロッシチームオーナーを務める。本拠地はガラス張りの建物[外部]で、ロッシ邸の近くのこの場所[外部]にある。ロッシの友人のウーチョが様々な雑事をこなし、ロッシの子の集団であるVR46アカデミー[外部]の若手選手を登用する。チーム監督パブロ・ニエト[外部]メインスポンサーイギリスロンドンに本社がある衛星テレビSKY[外部]。お落好きのイタリアチームらしく、しばしばスペシャルカラーリングにする
使用シャーシはKALEX
名前 出身地 身長・体重 誕生日
10 ルカ・マリーニ[外部] [画像を見る] ウルビーノ[外部] 184cm69kg 1997年8月10日
11 ニッコロ・ブレガ[外部] [画像を見る] モンテッキオ・エミーリア[外部] 181cm65kg 1999年10月16日
Estrella Galicia0.0 MarcVDS
ベルギーに本拠地を持つ。メインスポンサーEstrella Galicia[外部]スペインガリシア州[外部]に本社があるビール企業で、「ガリシア」という意味。Estrella Galicia0.0[外部]は同社のノンアルコールビール
使用シャーシはKALEX
名前 出身地 身長・体重 誕生日
73 アレックス・マルケス[外部] [画像を見る] サルベラ[外部] 180cm65kg 1996年4月23日
97 シャヴィ・ヴィエルヘ[外部] [画像を見る] バルセロナ[外部] 175cm66kg 1997年4月30日
ダイナヴォルト・インタクト[外部]
ドイツバイエルン州メミンゲン[外部]に本拠地を持つドイツチームドイツライダードイツ語ライダーを優先して雇う傾向がある。トーマス・ルティスイス人だがドイツ語話者。チーム監督ユルゲン・リンク[外部]チームオーナーステファン・ケケイセン[外部]チーム名のIntactドイツ語で「傷」という意味。メインスポンサーダイナヴォルト[外部]中国バッテリーメーカー
使用シャーシはKALEX。ちなみにKALEXドイツバイエルン州に本社がある。

次へ»
最終更新日: 19/01/20 15:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ