ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


MP40


ヨミ: マシーネンピストーレフィーアツィヒ
掲示板をミル!
9カキコ!

MP40とは、第二次世界大戦においてドイツが開発・運用した短機関銃である。


概要


 MP40第二次世界大戦ドイツ軍が使用した短機関銃である。重量は約4kg、使用弾薬9mmパラベラム弾マガジン32発装填することができ、発射レートは毎分500発であった。

 第二次世界大戦前、「よ~しパパ軍備を復活させちゃうぞ~!」と宣言したナチスドイツでは生産性の良い武器がめられており、これは全軍への配備を決定した短機関銃においても例外ではかった。これに応えたのがエルマ・ベルケ社で、木製部品を排除し木製部品は製造するのに切削加工が必要で、生産性を悪化させる金属プラスチック(ベークライト)のみで作り上げたMP36ドイツ軍に提出した。これのMP38としてドイツ軍に採用され、さらにアルミの不使用当時ドイツにはボーキサイトアルミニウムの原料)を産出する鉱山がく、アルミニウムは死ぬほど重だった生産工程の簡略化のための良を行って採用されたのがMP40である。MP40の非常に合理的な設計はMP40以降の短機関銃開発に強い影を与え、イギリスステンガンアメリカM3グリースガンMP40を手本としていると言われる。

 MP40推定で約100万が生産され、ドイツ軍ではに下士官や戦車兵に与えられた。イメージだとかなりの割合のドイツ兵がMP40を装備しているように思われるが、実際はそれほど割合的に多いわけではく、むしろ不足だったようである。まあ、小銃Kar98kは約1400万丁生産されてるし。このため、短機関銃が足りない場合は戦場に遺棄されたPPSh-41を拾ってきて使うなんて場面もあった。余談だが、戦争相手のソ連歩兵にもMP40人気であったが、肝心のドイツ兵はPPSh-41の装弾数の多さ(ドラムマガジン71発、マガジン35発)と堅さを評価して好んでいた。隣の芝はいんだなあ。

 創作において、MP40第二次世界大戦におけるドイツ軍兵士の代表的な火器であり、第二次世界大戦を扱った作品でドイツ兵が登場するならほぼ確実にこれを持っていると言っても良いだろう。メダルオブオナーコールオブデューティーといったFPSでもWW2欧州戦線が舞台ならもちろん登場する。
 日本では稼働する実は当然手に入らないが、可動実モデルガンエアガンという形でMP40(あるいはそのレプリカ)は入手可である。


関連動画



■sm20704044[ニコ動]

■sm5193998[ニコ動]


関連商品


■azB00BS53N3M
■azB007ACZKIS


関連コミュニティ


■co1088


関連項目



最終更新日: 17/08/22 10:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社