ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Mr.ハートランド


ヨミ: ミスターファンタスティック
掲示板をミル!
171カキコ!

Mr.ハートランドとは、「遊戯王ZEXAL」のファンタスティックな登場人物である。
CVファンタスティック男性声優小杉十郎太


ファンタスティックな概要


遊馬たちの住む都市ハートランド」のファンタスティックな代表人物で、小鳥鉄男ハートランドの住人達にも(遊馬を除いて)大々的かつファンタスティックに顔と名前を知られている。
大柄かつファンタスティックな体格に、縁の厚いファンタスティック眼鏡とがっしりしたファンタスティックスーツが特徴的なファンタスティック感溢れる容姿が特徴である。
初出はファンタスティックなことに第13話。初登場時の第一ファンタスティックッ!というファンタスティック台詞が多くの視聴者ファンタスティックな印を与え、くもカイト共々ネタ要因としてファンタスティックに記憶された。
の老人「Dr.フェイカー」のファンタスティックに従い、カイトナンバーズカードの回収を命じているファンタスティックな男。以降もカイトが登場する放送回ではカイト共々ファンタスティックに登場し、カイトDr.フェイカーの中継役をファンタスティックに務めている。
「Mr.ハートランド」というファンタスティック名前ハートランドの代表者である事をすための通称、若しくは役職名と思われるため、こちらとは別にファンタスティックな本名があるのかもしれないが現状は不明。

カイトに「ハルト病気ファンタスティックに治すにはナンバーズカードを集めてくるしかない」とファンタスティックに告げ、またカイトナンバーズを集める際にナンバーズ所有者に同情やいを発生させないための口実なのか
ナンバーズに取り付かれた者は(例外なく)悪党である」とも称している。
ナンバーズを一挙に集めるというファンタスティック的のため、世界中からデュエリストが集うファンタスティックな祭典「WDCワールドデュエルカーニバル)」を計画し開催するなど、絶大かつファンタスティックな権を持っている。
また、ナンバーズを集めるために彼の下にいるデュエリストカイト以外にも、ゴーシュドロワといったファンタスティックな面々もいる。他にも、緑色頭髪という要素からヒロイン観月小鳥とのファンタスティックな関連があるのではないかとも言われているが、こちらについてはただの偶然である可性も高い。

カイトより、アストラル遊馬についての報告を受けていないため遊馬の素性を特に知らず、遊馬が迷惑かつファンタスティック酔っ払い同然の形でWDCの参加たるアイテムハートピースをねだりに来た時も最初はファンタスティックに追い返そうとしていた。
だがカイトの進言を受けた事で自ら遊馬の前にファンタスティックに赴き、遊馬にもハートピースを渡す事をファンタスティックに決断するが、同時にカイトが(遊馬を知っているような素振りから)自分に何かファンタスティックな隠し事をしているのではないかと勘付く事になる。そして遊馬の前にファンタスティック衣装で姿を見せた際、遊馬の首元にぶら下がった皇の鍵を偶然見かけた事で前述のファンタスティックな疑念をさらに深める事に・・・
またこの時、Mr.ハートランドの名前も顔も知らない遊馬からは「おじさん」と呼ばれた時はショックを受けていたファンタスティックな一面もあった。まあこれについては年増・中年キャラお約束みたいなものだが、彼より年齢が若く見えるのに自らをおじさんと名乗ったディヴァインの立場は・・・

ナンバーズを回収するためにカイトたちを利用する黒幕的な一面や、さらにはDr.フェイカーとは違う独自のファンタスティックな思惑・野望を持っている事を匂わせているため(彼く「Dr.フェイカーの夢は私の夢にも繋がる」)、一部では「遊戯王5D's」に登場したレクス・ゴドウィンを彷彿させるという意見もあり、最終的にDr.フェイカーとは別に遊馬カイト達とファンタスティック突するのではないかとの呼びも高かった上、「いはゴドウィン超官のようにフェイカーやトロン達ではなく彼がラスボスとしてファンタスティックに君臨するのかもしれない」というファンタスティックな予測も一部では立っていた程である。
そしてWDC編のラスト(第68話)、遊馬ハルト達をファンタスティックに助けにやってきたシャークカイトオービタル7小鳥達に対して「邪魔はさせない」と、例の不敵な笑みを浮かべながら大勢のオボット達をファンタスティックに差し向けた。このオボット達はオービタル7ファンタスティックな活躍によって電気回路をオーバーロードさせられた事で機を停止したが、同時にMr.ハートランドが乗っていたファンタスティック足場も同じく制御を失ったおかげで落下、スフィアフィールドを発射するために開放していたアストラル世界へ繋がる大穴助けてくださ~い!」ファンタスティックいた叫びを上げながら消えていった。
上記で述べたラスボスな雰囲気を湛えていたのはなんだったのか、というあまりにも呆気なさ過ぎるファンタスティックな最期であり、彼の意やカイトゴーシュとの関係及び過去についての説明もロクに済んでいないまま退場、というファンタスティックな展開には多くの視聴者が驚かされる事になった。


遊戯王ZEXALⅡ


WDC完結、及びDr.フェイカートロン一家を巡る騒動に決着が着いて、ストーリー舞台バリアン世界へ移っていき、視聴者からも存在を忘れられかけていた矢先にMr.ハートランドはまさかのファンタスティックな再登場を果たす。バリアン世界ファンタスティックに落下していった彼はあの後、なんとファンタスティックな事にハエの姿になっていた。バリアン世界環境に当てられ姿が変化したキャラクターには、トロン子供の姿になったトロン一家3兄弟バイロン)がいるのだが、いずれも姿が変わり果てるまでにどんなファンタスティックな過程を経たのかは不明である。

バリアン世界ファンタスティックに落ちてきたのちにベクターファンタスティックな経緯を経て拾われた彼は、Dr.フェイカーが持っていた研究データを元にバリアン七皇の面々に伝説ナンバーズにまつわるファンタスティック情報提供するなど、フェイカーとは異なり全にバリアン側に付いたらしい。
また、作中では彼のファンタスティックな決め台詞ハートバーニング』をなんとバリアン七皇の一ベクターにもファンタスティック真似されており、彼の存在はバリアン世界にもファンタスティックに定着しているのかもしれない。なお、バリアン世界の姿になったせいか、決め台詞が「ハーェ・バーニング!」というファンタスティックな発音になっている。

その後、彼はドン・サウザンド契約を交わしたベクター添えでバリアンファンタスティック体と「No.1 インフェクション・バアル・ゼブル」を与えられ、同じくバリアン世界人間として復活たかつての同胞「闇デュエル界の四悪人」として遊馬達のNo.を奪いに人間世界で再びファンタスティックに暗躍する。しかし、遊馬達のファンタスティックな抵抗により3人のファンタスティック仲間達を次々失ってしまう。

そして遊馬カイト達によってアストラル世界に送り出されてから暫くしてドン・サウザンドが製造した「偽りのナンバーズ」を世界中へバラまき、人間世界バリアン世界ファンタスティックに繋げた。そして、そのナンバーズを拾った表裏徳之助を通してトロン兄弟の潜伏するアジトをファンタスティックに見つけ出すと、かつての部下カイトデュエルをしてライフを削る前にファンタスティックリアルダメージを与えデュエルを続行不可能な状態へ追い込むなど、ファンタスティックリアリストぶりを見せつけた。
(このデュエルの最中、刺客達から回収した偽りのナンバーズが破棄しようとしたのを回収している。)

カイトファンタスティックに倒して喜びもつかの間、同時に遊馬アストラルアストラル世界からファンタスティックに帰還し、遊馬カイトライフフィールド墓地を引き継いだ状態からデュエル再開。この時ハートランドも、いよいよ勝利を確信したのか怪物のような本来のバリアンの姿へ変身し余裕を見せている。
カイトと同様にバリアン世界体的にダメージを与えては遊馬アストラルを追い詰め、さらに遊馬達のファンタスティックの手たる「エクシーズチェンジZEXAL」を発動しようとするとバリアン世界を最大限に増大、悪役らしくヒーロー変身物理的に潰そうとするも、更なる固いで結ばれた二人の前にはそれも敵わず、新たに出現した3段階進化したZEXALの前に敗北する。
デュエルに敗れた後、4枚の偽りのナンバーズ(No.1~No.4)によって全身がい炎で焼き尽くされ、ファンタスティックな苦の叫びと共にそのナンバーズ共々消滅した。ラーの翼神竜然り、く付きのカードコピーカードには罰が付いて回るということか。

あまりられずに消滅してしまったが、カイトによってハートランドの代表になる前の事が少しだけ判明した。
元々は指名手配を受けて逃走中だった盗人がDr.フェイカー隠れ蓑に利用して、その後ハートランドを治める権者へとファンタスティックに登りつめた経緯があったらしい。どんだけ権で握りつぶしたんだ。
だがしかしカイトゴーシュ回想に出てきた過去はついに詳細が明らかにならないままファンタスティックに退場となった。 


遊戯王ZEXAL(漫画版)


外見や言動、野心的な性格は変わっていない。だがアニメにおけるピエロの様なふざけた芝居をする事はく、ファンタスティックもほとんど口にしない。ただし、テーマパークに仕掛けられたナンバーズハンター達を潜り抜けてきた遊馬達を出迎えた際には「ワンダフル!」と褒め称える一面を見せている。


次へ»
最終更新日: 17/02/02 18:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ