ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


MZ


ヨミ: エムゼット
掲示板をミル!
17カキコ!

MZとは、シャープがかつて販売していたパソコンブランドである。


概要


シャープの部品事業部および情報システム事業部が販売していた。
一方で同じくシャープから販売されていたX1シリーズおよびX680x0シリーズは、テレビ事業部が販売を行っていた。

明期より販売されていたものの、他社にべてグラフィックサウンドの低さが立ち、カラー化にも後れをとったこと、その間にX1シリーズがホビーユースを中心に浸透したことなどで、徐々にフェードアウトしていった。
一方で1982年頃からビジネス向けのラインナップを行い、翌年には16ビット化も行われたが、NECPC-9800シリーズの牙を崩すこともできず、こちらもフェードアウトしていった。

後に情報システム事業部は1990年代に入って、Windowsノートパソコンメビウス(Mebius)と、PDAのザウルス(Zaurus) を販売したが、それぞれの頭文字はMZの二文字から採られていると言われている。この2つの製品は2000年代後半まで販売されるロングセラーとなった。


特徴



クリーンコンピューター


当時のパソコンの多くは、BASIC開発環境ROMチップに収め、マザーボードに組み込まれていた。
これに対してMZシリーズでは、現在パソコンBIOSに相当する最低限の機のみをROMとして組み込み、BASIC開発環境などの基本ソフトウェアを外部から読み込んでRAMに収める方法を採用した。
これをシャープは「クリーンコンピューター」 と呼んだ。

もともとシャープでは自前でBASICを開発することができず、ハドソンなどの外部企業に依頼しており、自前でのデバッグが十分に行えない環境に合った。もし致命的なバグが見つかれば対応までに時間がかかり、甚大な損失を抱えかねなかった。
そこで、もしバグが見つかってもテープのみを配送することですぐに解決できるようにしたのが、このクリーンコンピューターだった。幸いにもバグは発生しなかった。
逆に、新しいBASIC開発環境や異なるOSが出ても、テープから読み出すことで利用できたため、柔軟なシステムの変更を可にした。 

現在Windowsパソコンでは当たり前となっている構成であるが、当時のMZシリーズではオーディオテープでしか補助記憶装置がなかったため、読み込みが了するまでに数分を要した(その間、ユーザーコーヒーブレイクの時間としていた)。後にFDDを搭載したモデルが登場したことで、この待ち時間もほぼ解消された。 


モニター一体型


初代となるMZ-80Kより、本体にキーボードデータレコーダー、モノクロモニター(当初はグリーンモニター)を一体にした形態で販売されていた。MZ-80Kユーザー側で組み立てるセミキット形式であった。

しかし、カラーグラフィック化を行う上で、モニターコストがかかりすぎることから、MZ-700よりモニターが分離されるようになった。


補助記憶装置の標準搭載


ほとんどの機種において、補助記憶装置が標準搭載されていた。他社ではデータレコーダーも別売りすることも多くあった。
初期のモデルではデータレコーダー、MZ-1500はクイックディスクファミコンディスクカードとほぼ同じ仕様)、MZ-2200ではすべて外付けとなったが、MZ-2500、ビジネス向けのモデルではFDDが搭載された。


ラインナップ 



関連動画



■sm2912906[ニコ動]

■sm1477664[ニコ動]


関連商品


mzに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


mzに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 13/07/24 15:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ