ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


No.101 S・H・Ark Knight


ヨミ: ナンバーズヒャクイチサイレントオナーズアークナイト
掲示板をミル!
246カキコ!

現れろ!No.101!
満たされぬ魂を乗せた方舟よ。届かぬ深淵より浮上せよ!
S・H・Ark Knight

No.101 S・H・Ark Knightとは、アニメ遊☆戯☆王ゼアル」に登場するカードである。


概要


バリアン七皇リーダーとなったナッシュが使用する、オーバーハンドレッドナンバーズ

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/属性/族/ATK 2100/DEF 1000
レベル4モンスター×2
このカードは「No.」と名のつくモンスター以外との戦闘では破壊されない。
1ターンに1度、このカードエクシーズ素材1つを取り除いて発動する事ができる。
相手フィールド上に存在するモンスター1体をこのカードの下に重ねてエクシーズ素材とする。
このカード戦闘及びカードの効果で破壊される場合、
代わりにこのカードエクシーズ素材1つを取り除く事ができる。

公式サイト必勝!モンスターアカデミー[外部]」第26回による

バリアン七皇リーダーとしてバリアン世界に戻ったナッシュが、皆にを与えるシーンカード名の部分だけが見えたのが初登場。

かつての神代凌牙を再び取り戻すべく、ナッシュIVデュエルを行う。そのデュエルで使用された。
セイバーシャーク」と「サイレントアングラー」をオーバーレイユニットとしてエクシーズ召喚
効果でIVの「No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー」をオーバーレイユニット化し、IVダイレクトアタックを決めた。

しかし、その後「オーバーレイダークリンカーネーション」によってオーバーレイユニット化したジャイアントキラーを再びIVフィールドに戻されてしまう。
RUM-アージェント・カオス・フォース」でランクアップされた「CNo.15 ギミック・パペット-シリアルキラー」の効果を受けた際にはオーバーレイユニットを身代わりにしたものの、直後のシリアルキラーの攻撃は防げず、破壊されてしまった。

だが、その後「RUM-七皇の剣」によって墓地から特殊召喚され、そのまま「CNo.101 S・H・Dark Knight」へとランクアップした。


VSベクター戦で再登場。
ナッシュは後攻1ターンにドローされた「RUM-七皇の剣」でこのカードを特殊召喚し、そのまま「CNo.101 S・H・Dark Knight」へとランクアップさせた。


遊馬とともにドン・サウザンドと戦った際にも登場。
RUM-七皇の剣」で特殊召喚されてそのままCNo.101へとランクアップ。直後にCNo.101の効果で再びフィールドに特殊召喚され、ドン・サウザンドダイレクトアタックを決めた。その後、ナッシュ自身の「海底噴火」の全体除去に巻き込まれて破壊された。

それからしばらくして、ZEXALの「ZS-双頭賢者」によって特殊召喚され、双頭賢者と「CNo.39 希望皇ホープレイ・ヴィクトリー」を装備して「CNo.1000 夢幻虚神ヌメロニアス」へ攻撃、双頭賢者によって攻撃を倍の11000としてドン・サウザンドダメージは与えたものの、ヌメニアスは耐性によって破壊を免れ、そのバトルフェイズ終了時にヌメニアスの効果でこのカードは破壊され、ドン・サウザンドフィールド上に特殊召喚されてしまう。

最終的に、「No.100 ヌメロン・ドラゴン」の効果によって破壊された。


攻撃名は「ミリオンファントム・フラッド」、相手モンスター素材にする効果の効果名は「エターナルソウルアサイラム」。「ZS-双頭賢者」の効果でホープレイ・ヴィクトリーを装備した場合の攻撃名は「ホープアーク・ナイト・スラッシュ」。このときは、このカードを受けたホープレイ・ヴィクトリーが攻撃を行う。

記事最上部にあるのはIVとのデュエルでの口上。ベクターとのデュエルの際も、「現れろ」が「出でよ」になった点を除けばまったく同じ。

カード名のS・H・Ark Knightは「サイレント・オナーズ・アーク・ナイト」(Silent Honors Ark Knight)と読む。
しかし、ルビを視するとS・H・Arkはsharkシャーク,)となる。公式サイト「必勝!モンスターアカデミー」では「シャークとしての気持ちが残ってる」表れではないかと触れられているのだが、ランクアップすると……。

オーバーハンドレッドナンバーズ共通の特徴として、カード名は赤色で書かれている。現実ではV JUMP EDITIONでみられる仕様


OCG版


LEGACY OF THE VALIANT」(2013年11月16日発売)でOCGに登場。

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/属性/族/ATK 2100/DEF 1000
レベル4モンスター×2
「No.101 S・H・Ark Knight」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を2つ取り除き、
相手フィールドの特殊召喚された表側攻撃表示モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。
(2):フィールドのこのカード戦闘・効果で破壊される場合、
代わりにこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる。

相手モンスター素材化する効果に要する素材数が2つになった。また、素材化できるモンスターに条件が付けられた。

相手モンスター素材化する効果は、事実上の除去とみなせる。
破壊でも除外でもなく素材化するため、耐性などをかわし、墓地などからの再利用も防げる有な除去となる。回避が困難であるため、非常に強
欠点としては、特殊召喚されていないモンスターや守備表示モンスターには対抗できない点。この点は、「No.50 ブラック・コーン号」・「カステル」などと使い分けることで対処したい。
また、アドバンス召喚妥協召喚されたモンスターへの対応も苦手で、妖仙獣ゴーストリックスピリットのような表側表示で場に居座ることが少ないカード群が相手だと、このカードを活かす場面が来ないまま、デュエルが終了することもしばしば。

破壊耐性は、前半の効果を使った後なら1回分使用可
エクシーズ召喚時の「激流葬」などに対して使うこともできるが、この場合は前半の効果が使えなくなってしまう。

素材縛りもなく効果も汎用性が高いものであるため、ランク4を出せるデッキならいろいろな場面で活躍できる。「CNo.101 S・H・Dark Knight」を使う場合も、CNo.101の効果の都合からこのカードを用意できるといい。


関連動画


■im5063625(静画)


関連商品


■azB01BWCUHY8


関連項目



最終更新日: 16/05/02 08:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ