ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


No.40 ギミック・パペット-ヘブンズ・ストリングス


ヨミ: ナンバーズヨンジュウギミックパペットヘブンズストリングス
掲示板をミル!
41カキコ!

見せてやる、本当の絶望ってを!

No.40 ギミック・パペット-ヘブンズ・ストリングスとは、アニメ漫画遊☆戯☆王ゼアル」に登場するカードである。


概要


アストラルの記憶のピース、ナンバーズの1枚。トロン一家の一人、IVフォー)が所持する。

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/闇属性/機械族/ATK 3000/DEF 2000
属性レベル8モンスター×2
このカードは「No.」と名のつくモンスター以外との戦闘では破壊されない。
1ターンに1度、このカードエクシーズ素材1つを取り除いて発動する事ができる。
このカード以外のフィールド上の全てのモンスター
ストリングカウンターを1つずつ置く。
次のターンエンドフェイズ時に
ストリングカウンターの乗っているモンスターを全て破壊し、
破壊したモンスターの元々の攻撃分のダメージ
破壊したモンスターコントローラーに与える。

公式サイト必勝!モンスターアカデミー[外部]」第4回による

III(スリー)とタッグでのVS遊馬カイト戦で登場。
No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー」を破壊されたIVが繰り出したナンバーズ
ギミック・ボックス」と「ギミック・パペットネクロドール」をオーバーレイユニットエクシーズ召喚された。カイトの「銀河眼の光子竜」を攻撃したが、遊馬の「生」で発動された「模擬戦闘」のせいで沈められず、ファンサービス駄にされた。
効果を発動しストリングカウンターを置いたが、次のターンに「オーバーレイリジェネレート」(アニメ版)で素材を復活させられた後、素材をまとめて「超銀河眼の光子龍」に吸収され、懺悔する尺も残らないくらいぎりぎりのタイミング戦闘破壊された。

デュエル終了後、カイトフォトンハンドで回収しようとしたが、紋章のに妨された。

超銀河眼の光子龍」に倒されるためだけに出てきたとか言ってはいけない。


その後、VS牙(シャーク)戦で再登場。
ギミック・パペット-ナイト・ジョーカー」と「ギミック・パペット-マグネ・ドール」をオーバーレイユニットエクシーズ召喚
デステニー・ストリングス」(デッキから1枚を墓地へ送り、そのモンスターレベルの数だけ攻撃可モンスター以外なら攻撃不可。装備モンスター戦闘するモンスター戦闘破壊されない)を装備して、「No.32 海咬龍シャーク・ドレイク」を8回連続で攻撃した。その後、効果を使用してシャークドレイクストリングカウンターを置き、シャークを追い詰めていく。

しかし、「異次元溝」でシャークドレイクが除外されることでヘブンズ・ストリングスの効果が回避されてしまった。

トロン煽りを受けたIVは冷静さを失い、「デステニー・ストリングス」の効果を使用するが、モンスター以外のカードであったためこのカードは攻撃不可能になってしまう。IVは「デステニー・ストリングス」を破壊して「ギミック・パペット-シザー・アーム」を特殊召喚。その後、このカードは「ギミック・パペットナイトメア」特殊召喚のためにリリースされた。


その後、WDC中の動向ははっきりしないが、WDC終了後は遊馬アストラル)の手に渡り、No.96との戦いでアストラルが消滅する際、アストラルから遊馬にこのカードを含むナンバーズが託された。

そして、遊馬からIVにこのカードが託され、シャークタッグでのVSクラゲ先輩戦で登場。
素材2体分の「ギミック・パペットナイトメア」をオーバーレイユニットとしてエクシーズ召喚したが、直後にクラゲ先輩の永続「ジェリー・バインド」によって攻撃と効果を封じられてしまった。IVはやむなくそのままカードセットしてターン終了。

その後、シャークの「No.73 激瀧神アビス・スプラッシュ」が破壊された際、IVの「エンジェルストリングス」によってアビススプラッシュを復活させ(演出上はこのカード墓地から引き揚げた)、このカード(と、このカード素材であるナイトメア)がアビススプラッシュオーバーレイユニットとなり、2人の協力プレイクラゲ先輩を倒した。


VSナッシュ戦でも登場。
オーバーレイサテライト」で2体分扱いの「ギミック・パペットシャドーフィーラー」をオーバーレイユニットエクシーズ召喚。効果で「CNo.101 S・H・Dark Knight」にストリングカウンターを置いた後、「RUM-アージェント・カオス・フォース」によって「CNo.40 ギミック・パペット-デビルズ・ストリングス」へとランクアップした。
いたストリングカウンターCNo.40の効果で活用されている。

その後、「トライアングルギミック・ボックス」のコストとして除外された。


漫画版ではラストデュエルアストラルが使用。
No.93 希望皇ホープ・カイザー」の効果で効果を効にしてエクストラデッキから特殊召喚された。「ナンバーズイグジスト」で「No.6 先史遺産アトランタル」の攻撃を吸収して「SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング」へ攻撃したが、遊馬の「墓地墓地の恨み」で攻撃が0になったことで返り討ちにあってしまった。


攻撃名は「ヘブンズ・ブレード」。単純に右手に持つで相手を切りつける。

また、海外版でのみ、「メロディオブメイヘム」という効果名が与えられている。これはゲーム激突!デュエルカーニバル!」で日本逆輸入された。
メイヘム(Mayhem)は、「大混乱、大騒ぎ」の意。

効果を発動すると、左胸の弦と手にしたで音色を奏で、その後左開眼し、から現れる赤い糸IVく、「神のみぞ操れる運命の糸」)がモンスターにつけられる。アニメで実際に破壊されることはなかったため、どのようにモンスターを破壊するのかは不明。
CNo.40の効果でストリングカウンターの乗った「CNo.101 S・H・Dark Knight」が破壊された際は、CNo.40ビームのようなものを発射して破壊していた。

初登場時、IVはこのカードの効果を「次のターンの終わりにフィールドにいる全モンスターをぶっ壊し、ぶっ壊したモンスターの攻撃分の数値をダメージとして与える」というに説明していた。この説明だけ聞くとカウンターに関係なく次ターンエンドフェイズにフィールドにいるモンスターをすべて破壊する効果であるともとれる。
アニメ公式サイトモンスターエクシーズ図鑑ではカウンターについて触れられている(ストリングカウンターという名称は登場しない)が、こちらの記述だと今度はすべてのダメージを相手が受けるようにも取れる。

VSシャーク戦での再登場時は前回より丁寧に効果を説明していた。

自身の数字の刻印は、左肩にある。色は
アニメ版では髪の色水色モンスターエクシーズ図鑑で確認可)だが、後述するOCG版のイラストではが強くなっている。また、背景など細かい部分でアニメOCGではイラストが異なっている。

公式サイト「必勝!モンスターアカデミー」の第4回では、「CNo.96 ブラック・ストーム」に倒される役として登場している。


OCG版


ナンバーズガイド」(2012年4月23日発売)の特典カードとしてOCGに登場。

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/闇属性/機械族/ATK 3000/DEF 2000
レベル8モンスター×2
1ターンに1度、このカードエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
このカード以外のフィールド上に表側表示で存在する全てのモンスター
ストリングカウンターを1つ置く。
次の相手のエンドフェイズ時、ストリングカウンターが乗っているモンスターを全て破壊し、
破壊したモンスターの数×500ポイントダメージを相手ライフに与える。

※「Vジャンプ 2012年6月号」339ページによる

ナンバーズ共通の耐性は削除された。また、素材の闇属性縛りがなくなった代わりに、与えるダメージは破壊した数×500ポイントとなり、弱体化した。ただし、自分のモンスターが巻き込まれたとき、自分にダメージが来ることはなくなっている。

全体除去ができるのは魅的だが、タイミングが遅い。効果使用後にフィールドに現れたモンスターや、裏側表示のモンスター(つまり、ストリングカウンターが乗っていないモンスター)を破壊できないのも難点。次の相手ターンの内にシンクロエクシーズ素材にしたり、リリースして処理されると破壊できない。
また、ストリングカウンターを乗せた後、次の相手のエンドフェイズにこのカードフィールド上に存在しない場合、破壊効果が発動しないため、それまでこのカードフィールドに維持する必要もある。
ダメージ効果も上手く破壊できれば結構な量だが、前述の都合で十分に破壊できるか怪しい。

効果を生かすなら「おジャマトリオ」などを併用するといい。

また、「CNo.40 ギミック・パペット-デビルズ・ストリングス」へランクアップさせれば、タイムラグを解決できる。

3000の攻撃を持っているため、効果はおまけ程度にとらえてアタッカーにしてしまうことも可。ただし、その場合は同じ攻撃を持つ「聖刻神龍エネアード」も存在する。ギミック・パペットモンスターなので、「ギミック・パペットネクロドール」を素材にできるため、当然ながら【ギミック・パペットデッキではアタッカーとして活躍できる。


No.30 破滅のアシッド・ゴーレム」と並んで、かつてはNo.の中で最も攻撃が高かった。現在は「No.22 不乱健」などに追い抜かれている。

このカードが同梱されている袋のIVは、「オレのファンサービス感謝するんだな!!」(ファンサービスが太字)とコメントしている。

破壊効果について

ストリングカウンターを乗せた次の相手ターンエンドフェイズにこのカードフィールド上に表側表示で存在しない場合、破壊効果は発動しない(下記:例1)ただし、ストリングカウンターを乗せた後、このカードフィールドを離れても、次の相手ターンエンドフェイズにフィールド上に表側表示で存在する状態であれば破壊効果は発動する(例2)。また、ストリングカウンターを乗せた1体のヘブンズ・ストリングスフィールドを離れてしまっても、次の相手ターンエンドフェイズに2体のヘブンズ・ストリングスフィールド上に表側表示で存在していれば、破壊効果は発動する(例3)。

しかし、ストリングカウンターを乗せた後、ヘブンズ・ストリングスが存在しない状態で相手ターンエンドフェイズを迎えた場合、それ以降にヘブンズ・ストリングスが表側表示で存在する状態で相手ターンエンドフェイズを迎えても、破壊効果は発動しない(例4)。当然、めてヘブンズ・ストリングスの効果を発動しストリングカウンターを乗せた場合、破壊効果は発動する。


(例1)
自分ターン1)ヘブンズ・ストリングス効果発動。「CNo.39 希望皇ホープレイ」にストリングカウンターを置く。
相手ターン1)「No.61 ヴォルカザウルス」の効果でヘブンズ・ストリングスが破壊された。
エンドフェイズに破壊効果は発動しない

(例2)
自分ターン1)ヘブンズ・ストリングス効果発動、「CNo.39 希望皇ホープレイ」にストリングカウンターを置く。
相手ターン1)「No.61 ヴォルカザウルス」の効果でヘブンズ・ストリングスが破壊されたが、直後に「リビングデッドの呼び声」で特殊召喚した。
エンドフェイズに破壊効果が発動するホープレイが破壊される)。


次へ»
最終更新日: 17/06/18 01:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社