ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク


ヨミ: ナンバーズヨンジュウニスターシップギャラクシートマホーク
掲示板をミル!
31カキコ!

No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホークとは、漫画遊☆戯☆王ゼアル」に登場するカードである。


概要


アストラルの記憶のピース、ナンバーズの1枚。ランク7のモンスターエクシーズで、守備3000。素材を1つ取り除くことで自分フィールド上に「バトルイーグルトークン」(機械族・ATK/2000・DEF/0)を可な限り特殊召喚する効果を持つ。このトークンナンバーズとして扱われ、特殊召喚したターンに「帰還」する。

第一フェイカー艦隊官のイビルーダーが使用する。
VS遊馬戦で登場し、「スターシップスパイプレーン」と「スターシップアジャスト・プレーン」をオーバーレイユニットエクシーズ召喚、効果でトークン4体を特殊召喚、「援護射撃」(OCGとは別物)の効果でトークンたちの攻撃500ポイントアップさせて、トークンで「No.39 希望皇ホープ」を攻撃、数でホープの攻撃効効果を押し切り、ホープ戦闘破壊した。

その後、遊馬の「No.22 不乱健」の攻撃を受けたが、専用のカードトマホークキャノン」で攻撃を効にし、不乱健を破壊した。

そして、次のイビルーダーのターンに再び効果を発動。トークンを展開しようとしたのだが、遊馬は「ブリキバルーン」を発動、その効果でイビルーダーのフィールドに「ブリキバルーントークン」が特殊召喚されてしまい、トークンの展開が不可能となってしまった。
さらに「ブリキバルーン」の効果によってこのカードの守備2000ポイント下がり、「死者蘇生」で復活したホープによって戦闘破壊された。さらに「ダブルバスターソード」で連続攻撃が可となったホープの直接攻撃を受けて、イビルーダーは敗北した。

デュエル終了後は、アストラルによって回収された。


「帰還」がルール上の処理としてどのように行っているものかはあいまい(後述のOCGでは「破壊」とされた)。
タイミングとしては、「帰還」より後にイビルーダーがカードセットしている場面があるため、バトルフェイズ終了時であると考えられる。

自身のナンバーの刻印は、機体上部の左翼のあたりにある。

「『スペースシップ』への攻撃を効にする」効果である「スペースシップ・バリア」というカードの効果をこのカードが受けようとしている場面があった(結果としては不乱健に効化された)が、このカードは「スペースシップ」と名のついたモンスターではない。
もしかしたら、トゥーンスピリットのように、「スペースシップ」という特別なくくりが存在するのかもしれない。


OCG版


Vジャンプ2013年3月号(2013年1月21日発売)でOCGに登場。

エクシーズ・効果モンスター
ランク7/属性/機械族/ATK 0/DEF 3000
レベル7モンスター×2
1ターンに1度、このカードエクシーズ素材を2つ取り除いて発動できる。
自分フィールド上に「バトルイーグルトークン
機械族・6・攻2000/守0)を可な限り特殊召喚する。
この効果を発動したターン、相手プレイヤーが受ける戦闘ダメージは0になる。
また、この効果で特殊召喚したトークンはこのターンエンドフェイズ時に破壊される。

※「Vジャンプ2013年2月付録小冊子「遊☆戯☆王ZEXAL NEWS」12ページによる

取り除く素材が2つに変更、トークンナンバーズとして扱う効果は削除され、効果発動ターンの相手の戦闘ダメージを0にするデメリットが付加され、かなり弱体化した。とはいえ、原作そのままだと、トークンたちの総攻撃10000(「リミッター解除」を用いれば20000)となり、容易に1ターンキルが可になるため、これは致し方ないことであるだろう。

バトルイーグルトークン」の攻撃2000と、モンスタートークンの中ではかなり高いが、デメリットのためにダメージを与えられない。そのため、相手モンスターを破壊して数を減らすしかないが、そうなると2000では上級モンスターに手だししづらい、中途半端な値となる。
リミッター解除」を併用すれば、攻撃4000となり、かなりのモンスターに勝つことができるが、戦闘ダメージを与えられない性質上、そのターンの内に決着をつけるのは難しく、「リミッター解除」のデメリットいてくる。
効果自体も1回きりなので、使った後のこのカードは守備3000のただの壁となる。

このトークンの最大の使いリンク素材である。このカード自身と合わせて合計6体のモンスターを用意できるため、高LINKモンスターも出しやすくなる。素材を使いきったこのカード自身もリンク素材にしてしまえば駄がない。
ただし、エクストラモンスターゾーンがこのカードで埋まっているので、最初に出すリンクモンスターはこのカード素材にできるものでなければならない。また、戦闘ダメージが0になるデメリットもあるので、先攻1ターンメインフェイズ2に狙いたい。

同じくランク7機械族のエクシーズモンスターに「幻獣機ドラゴサック」が存在する。向こうはトークン生成効果に加えて種別を問わない除去効果を持ち、単体での汎用性では向こうのほうが断然高い。こちらは出せる数が多い利点があるため、リンク素材などのコンボ的で用いるべきだろう。


初の属性ナンバーズ

かつてはトークン4体を「リミッター解除」で強化し、それを「カタパルト・タートル」で射出すれば1ターンキルが可であった。現在は「カタパルト・タートル」のエラッタによりこのコンボは消滅している。

「No.」及び「ギャラクシー」と名のついたモンスター。とはいえ、あまりこのカードと相性のいいサポートがあるわけでもなく、「No.6 先史遺産アトランタル」に装備しても攻撃の上昇値は0である(当たり前だが、「No.34 電算機獣テラ・バイト」などと並んで上昇値は最低)。
一応、「バトルイーグルトークン」は攻撃2000なので、「銀河眼の光子竜」の特殊召喚のためのリリースに使えないこともないが、トークン特殊召喚までの手間がかかりすぎるのが難点。どうしてもやりたいなら「ツインフォトンリザード」経由で「フォトン・ワイバーン」2体を展開するか、「フォトンレオ」or「ツインフォトンリザード」と「フォトンサテライト」を使えば素材う。

旧ルール(マスタールール3まで)において

かつてのルールでは、このカードを出した後、適当レベル1,2チューナーを用意してバトルイーグルトークンシンクロ素材にカラクリシンクロモンスターを出すことができた。チューナーの数さええば連続でシンクロ召喚できたため、「カラクリ大将怒」を3体並べて大量ドローやランク8のエクシーズ召喚を狙うこともできた。
現在エクストラモンスターゾーンの導入で、これを実行するためにはリンク召喚リンク先を確保する必要があり、実行が難しくなっている。前述のようにリンク召喚とこのカードの相性自体は悪くないが、それでトークンを消費するのでシンクロ召喚できる数は減ってしまう。

ゲートマテリアルのような大量展開に重点を置いた融合デッキとも相性がよく、「重爆撃ボムフェネクス」の融合素材となるトークンデッキなどの炎族とでバーンダメージを稼いだこともあった。ボムフェネクスの制限定以前は融合素材機械族を大量に用意し、かつダメージ量を稼げるカードとして1ターンキルデッキに利用されていたことも。
こちらも現在リンク召喚を間に挟む必要が生じ、扱いづらくなっている。ただし、ボムフェネクスの場合はこのカード素材にしてエクストラモンスターゾーンければよいので、エクストラデッキを使わずに炎族モンスターを用意できればリンク召喚なしでも出すことは可

ルールでは大量展開されるトークン活用方法に乏しく(上記のようにないわけではないが、実用性に欠けた)、ボムフェネクスを利用した1ターンキルで注されたことはあったものの、多くの場面で「幻獣機ドラゴサック」に後れを取っていた。新マスタールールではリンク召喚によってトークンの使いが増え、エクストラモンスターゾーンの導入で出せるトークンの数も増えたため、使いやすくなっている。


関連動画



■sm19778241[ニコ動]

■sm20101784[ニコ動]

■sm23088383[ニコ動]


関連商品


■azB00B6CQNM0


関連項目



最終更新日: 18/06/08 21:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ