ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


No.88 ギミック・パペット-デステニー・レオ


ヨミ: ナンバーズハチジュウハチギミックパペットデステニーレオ
掲示板をミル!
45カキコ!

No.88 ギミック・パペット-デステニー・レオとは、アニメ遊☆戯☆王ゼアル」に登場するカードである。


概要


アストラルの記憶のピースであるとされる、特別なモンスターエクシーズナンバーズの1枚。レベル8モンスター3体を素材とするランク8のモンスターで、1ターンに1度オーバーレイユニットを1つ取り除ける効果、素材くなったとき、自分がデュエル勝利する効果を持つ。

トロン一家の一人、IVフォー)が所持するナンバーズで、VSシャーク戦で登場した。
トロンの口に乗せられてミスった下手な賭けに出てしまい、後がくなったIVは、「ギミック・パペット-シザー・アーム」と素材2体分として扱われる「ギミック・パペットナイトメア」をオーバーレイユニットとしてこのカードエクシーズ召喚した。

直後に素材を1つ取り除き、次のIVターンには勝利が確定するかに思われたのだが、トロンの策略によってシャークとNo.32が一つになり、「CNo.32 海咬龍シャーク・ドレイク・バイス」が登場。その効果で攻撃を下げられ、攻撃を受けてIVはそのまま敗北した。

デュエル終了後のこのカード行方に関する描写はなかったが、WDC終了後(第74話=第1話)にはアストラルが所有している。
その後、バリアン世界の脅威が迫る中で遊馬からIVに再び託されたと思われる。

VSナッシュ戦で再びIVが使用。
トライアングルギミック・ボックス」によってエクストラデッキから効果を効にして特殊召喚され、直後に「RUM-アージェント・カオス・フォース」によって「CNo.88 ギミック・パペット-ディザスター・レオ」へとランクアップした。


IVの説明によれば「オーバーレイユニットくしたときに勝利する」という効果らしいが、他のカードコストや効果で素材を全てくした場合に勝利できるのかは不明(この後の発言を考えると恐らく勝利不可能だと思われる)。また、この条件なら「エクシーズリボーン」とのコンボで容易に勝利できてしまう。
IVは1体で素材2つとして扱うカードを利用することで、召喚に必要な素材を軽減しつつ特殊勝利までのターンを短くするという戦術をとっていた。

自身の数字の刻印は右肩にある。

公式の中でもdestinyカタカナ表記が一定していない。
放送中の字幕提供画面右、公式サイトモンスターエクシーズ図鑑」、OCG名の表記は「デステニー」だが、公式サイトあらすじなどは「ディスティニー」表記であった。

第3期のOP映像にも登場しているが、本編で登場する以前はシルエットで隠されていた。
また、ZEXALの第1期OPにも使い手のIVを差し置いて登場している。ナンバーズ達の1体といった扱いだが、結構立っている。


OCG版


「ザ・ヴァリュアブル・ブック15」(2012年8月21日発売)の付属カードとしてOCGに登場。

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/闇属性/機械族/ATK 3200/DEF 2300
レベル8モンスター×3
1ターンに1度、自分の魔法カードゾーンカードが存在しない場合に発動できる。
このカードエクシーズ素材を1つ取り除き、このカードデステニーカウンターを1つ置く。
この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
このカードデステニーカウンターが3つ乗った時、
このカードコントローラーデュエル勝利する。

※「Vジャンプ2012年9月号)」による

 特殊勝利の処理は、素材を取り除いてデステニーカウンターを置き、それが3つたまったら勝利する形となった。また、魔法ゾーンカードがない場合で、バトルフェイズを放棄しなければ効果を使えないデメリットが付加された。

レベル8モンスター×3という素材定がある。ギミック・パペットならそろえやすい。「傀儡儀式-パペット・リチューアル」とはデメリットを共有できる。その他、「ガガガマジシャン」と「ガガガガール」のコンビや、「神獣王バルバロス」、「暗黒界の龍神 グラファ」などが存在する。

特殊勝利のためには召喚したターンも含め、自分のターンで3ターンの間このカードを維持する必要がある。魔法カードゾーンカードがあると効果を発動できないため、永続系の魔法でこのカードを守るという戦法はほぼ不可能になり、モンスター効果か発動タイミング自由で容易にフィールドから離せる魔法のみで守らなければならない。

アルカナフォースXXI-THE WORLD」でターンスキップを行えれば確実に勝利が狙えるが、準備が大変。

さらに、機械族であるために「キメラテック・フォートレス・ドラゴン」で除去される可性が付きまとい、さらにひどいとデステニーカウンターが2つたまったところで相手にコントロールを奪われ、相手に勝利されるという事態になる可性もある。
また、3つカウンターを乗せる効果にチェーンして相手に「エネミーコントローラー」などを発動され、コントロールを奪われた場合、相手のフィールドカウンターが乗り、相手の勝利となる。

攻撃3200とそれなりにはあるが、戦闘で活躍させるならば同じ素材定で4500の攻撃を持つ「超銀河眼の光子龍」が存在する。「リミッター解除」が適用できる利点もあるにはあるが、その用途なら多少攻撃は落ちるが「No.40 ギミック・パペット-ヘブンズ・ストリングス」のほうが扱いやすい。
もっとも特殊勝利を狙う場合はバトルフェイズが行えないので、この攻撃は相手から戦闘破壊されにくくするためのものと考えたほうがいいだろう。

レベル8モンスター3体をそろえつつ、このカードを3ターン守ることのできるデッキを構築しなければならないため、難易度は高くなる。宣告者などでがんばって相手の除去を妨する必要があるだろう。


CNo.88 ギミック・パペット-ディザスター・レオ」を使用する場合は必須のカードとなる。この場合は相手のライフをある程度減らす必要もあるため、高い攻撃にも使いがある。この場合は必ずしも正規の方法でこのカードを出す必要はないため、「エクシーズシフト」などから出してもよい。

毒蛇神ヴェノミナーガ」はハイパーヴェノムカウンターを3つ乗せると勝利するという効果を持っているが、カウンターを乗せる条件がこちらはバトルを封じ、向こうは戦闘ダメージを与えたときであるため、カウンター3つという点以外はあまり似ていない。

終焉のカウントダウン」などのターン数のかかる特殊勝利デッキを相手にした場合、較的少ないターン数で勝利できるこのカードが対策となることもある。どのバトルなど行わせてはくれないのだから、バトルフェイズを封じるデメリットは関係ない。も、素材の展開すらさせてくれないようなデッキを相手にしてしまった場合はどうしようもない。

効果の発動条件は「『魔法カードゾーン』にカードが存在しない場合」であるため、フィールド魔法が存在していても効果に影はない。


関連動画



■sm23105900[ニコ動]


関連商品


■azB0091PAT6U
■azB00HI8ZUH0


関連項目



最終更新日: 16/03/03 08:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社