ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


OBLIVION


ヨミ: オブリビオン
掲示板をミル!
375カキコ!
曖昧さ回避 ※この記事はゲームについて記述しています。
その他については「オブリビオン」を参照してください。
[画像を見る] 帝国軍からのお知らせ】
帝国は常に「The Elder Scrolls」関係の項を探している。
その気があるなら「TESシリーズの関連項目一覧」に行け。

[画像]

美しい世界を望むか? 広大世界を望むか? 自由世界を望むか?
万引きをしてみたいか? 暗殺者のギルドに入ってみたいか?
自分だけの魔法を、アイテム作ってみたいか?
を歩きながら、殻の中に潜む珠を見つけてみたいか?
ヴァンパイアに血を吸われ、自分もまたヴァンパイアになってみたいか?
何十ものがあり、何ものDungeonがあり、数限りないQuestがある。
さまざまな種族があり、さまざまな人がおり、さまざまなMonsterが、さまざまなEventがある。
すべてが君のすぐの前にある。あとは好きにするがいい。
RPGはもう飽きたと思うかね?
なら最後にOBLIVIONを試してみるといい。』

元ネタMorrowind

概要

The Elder Scrollsシリーズの4作にあたり、シリーズ上初めて日本語版が発売された作品である(第一作Arenaセガサターンにて日本語化される予定があったものの、計画は挫折している)。

本作品は、シリーズ舞台となるタムリエル大陸の地域の一つ「シロディール」にて、悪の侵攻を阻止するという大きな的があるものの、ストーリーに従う必要はなく、強いて言うならシロディールで生活することが的のゲームオープンワールド形式)である。

オープンワールド形式のゲームでは自由度が高く実に多様なことができるため、一本道ストーリーを半強制的に進む日本RPGしかやったことがない人は戸惑うかもしれない。チュートリアルが終われば、行けない場所はいし、クエストもそれぞれが独立している為、自分の好きなクエスト、出会ったクエストから自由に進める事が出来る。MMORPGオフラインモードみたいなもの・・・といえば分かるだろうか?・・・分かりませんねすみません。


バージョンについて


Windows(以下PC版)、PS3XBOX360の3つのプラットフォームで発売されており、正式な日本語版が発売されているのはPS3XBOX360のみであるが、PC版日本語MODと呼ばれる有志が作成した拡プログラムを導入する事によって日本語化が可PC版現在、拡コンテンツも含めて有志による日本語化がほぼ了している

とはいえPC版は正式な内版が存在せず、流通ルートが限られていることや、言の問題、MODの導入や、ゲームPCの調達の必要など、プレイの敷居は少々高めではある。

PC版には5つのスターターソフトパック(パッケージ版として内でも流通している通常版、Collecter's Edition版、Game of the Year版と、海外ダウンロード販売されているdirect2drive版、steam版)がある。
また、Game of the Year版はゲーム本編に加えて、公式パック「DLC8 Knights of the Nine」と「Shivering Isles」の2つが、steam版のDeluxeにはそれに加えほか全てのDLCオフシャルが販売する公式Mod)が同封されている。

なお、direct2drive版は日本語MODが導入できないといった報告が寄せられているので、日本語MOD希望するユーザーは注意が必要である。

詳しくはOblivion JP Wiki[外部]を参照

MOD

Modificationいわゆる「MOD

海外PCゲームではおなじみの、ゲーム内容を改造する「追加パッチ」のようなものである。PC版でのみ導入が可で、その多くがユーザーにより製作された非公式データであり、未だ増え続けている。

元が英語製であるoblivionを日本語訳するMODから、ゲームシステムバランス改造するMODオリジナルクエストや施設、武器防具、NPC…を追加するMODユーザーインターフェイスグラフィック善、キャラクターを美形にするMODえっちMODまで、様々なMODが存在する。中には公式でも取りきれていないバグ修正をメインとしたMOD等も。

MODを導入する事で、何も手を加えていない状態(通称”バニラ”)とは全く違ったゲームに変貌させる事が出来、こうしたMODによる拡性の高さも、oblivionが発売後数年経過してなおされ続ける要素の一つであると言える。

公式でも開発ツールである「ConstructionSet」を無料配布するなど、MOD開発をサポートしている。
しかし、MODはそれぞれが個別に開発されるものである為、場合によっては競合(コンフリクト)を発生させ、思ったような効果が得られないどころか、場合によってはゲーム自体を強制終了(CTD)させる事も度々ある等、導入には問題が発生した時に対応出来るだけの知識と経験、努それなりの学力が必要である。少なくともMODのReadMe翻訳サイト使ってでも読もう。

年季の入ったoblivionプレイヤー程、CTDと終了時エラーはお友達クラッシュしてもめげない。泣かない。

動作環境

最 小 構 成 推奨構成(MOD導入前提)
CPU 2Ghz Pentium4 以上 Core2Duo E8400」 or 「Athlon64 X2 6000+
メモリ 512MB 2GB (できれば4GB以上)
HDD 4.6GB 250GB
グラフィック DirectX 9.0c対応
VRAM128MB以上
搭載グラフィックボード
サウンド オンボードでもOK ハードウェア処理タイプサウンドカード

[※1] 低消費電版でない「9800GT」は「8800GT」のリネーム品。性はほぼ同じ。

上記はMOD等も考慮されているスペックだが、最小構成に絞るならば、上記のとおりそれほど高いスペックでなくとも「一応」のプレイは可グラフィックは「8800GT」以上が推奨ではあるが、ドライババグがあるため、OblivionだけならばATiが望ましい。基本サウンドオンボード可だが、Realtekチップにおいて一部バグがある模様。

このゲーム当てにPCを組む際に気をつけることとしては「現状で最新パーツの構成にしても、それほどPCパフォーマンスを発揮できないかもしれない」ことだ。本作の発売からすでに四年以上が経過しており、それなりに昔のゲームになってしまうので、最新機器のを効率的に使ってゲームが動作するかどうかはわからないということである。2010年中期の10万円クラスゲーム用BTOパソコンを購入した場合、技術的後継作のFallout3の方がむしろ動作が軽く感じるかもしれない。

CPU

本作のエンジンマルチスレッド対応なものの、マルチコア本格対応ではないので4コア、6コアCPUはそれほど動作の快適さにはつながらない。oblivion用と考えると単純に動作周波数の高い2コアCPUが狙い

またはi7i5系で動作コアを絞り、ターボブースト機をアテにするのがいいかもしれない。覚悟があるならCPUオーバークロックに挑戦するのもアリだ。そして、そうした仕様のため、大量のMODを入れた状態でプレイすると、そのMOD群からデータを取ってくる命や、肥大化したNPCなどのAI処理がボトルネックになりやすい。

VGA

そんなわけでMODを大量使用前提の場合、通常の3Dゲームとは違いCPUが最重要パーツとなりうるので、2010年中期のハイエンドであるHD5870GTX480クラスVGAを使用しても、本来のGPUからくる期待値とは程遠い重さになる可性は高い。

また、次に読み込むデータが決まっていないオープンワールドゲーム特性や、基本的にユーザーの作ったMODはそれほど最適化されたデータにはなっていないことが多いといった点もあり、MOD導入を前提とするならば、メインメモリはもちろん、VRAMを多めに積んだグラフィックボードを選択すると動作に余裕が出やすい。グラフィックボードの搭載メモリは基本的に交換不能なため、メモリ2GB搭載のハイエンド~ミドルレンジボードPC版Oblivionのヘビプレイヤー憧れの品となっている。

ストレージ

オープンワールドゲーム仕様上、フィールド上では様々なパターンで頻繁にデータ読み込みがはいる。したがってデータランダムアクセスに強いSSDは非常に効果的なパーツである。2010年中期の時点ではまだまだSSDはお手ごろな価格とは言えないので、HDDRAID構成にしたり、本体メモリ余り気味ならRAMディスクを作るのもパフォーマンス向上に有効だ。

関連動画

トレイラー


■sm14222941[ニコ動]

プレイ動画

■sm310087[ニコ動]
■sm1068265[ニコ動]
■sm721336[ニコ動]
■sm898432[ニコ動]
■sm2386530[ニコ動]
■sm1281957[ニコ動]
■sm3269849[ニコ動]
■sm3965773[ニコ動]
■sm2795735[ニコ動]
■sm3225342[ニコ動]
■sm5014165[ニコ動]
■sm8481759[ニコ動]

MAD動画

■sm4661975[ニコ動]
 

MOD紹介動画

■sm11493534[ニコ動]

関連商品

PC版

■azB000W1XNGA
■azB000JGU0VE

CS版

■azB001C3MNC2
■azB001C3MNBI

関連項目

 


最終更新日: 14/07/20 14:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ