ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


OF-1


ヨミ: ダイダロス
掲示板をミル!
16カキコ!

OF-1"DAEDALUS"/ダイダロスとは、R-TYPEシリーズ及びイメージファイトシリーズ登場機体である。

OF-1

[ 戦闘機 ]
サイバーコネクターを搭載した初の大気圏離脱・突入をもった機体。

スピード変更時の姿勢制御の安定化のために機体を変形する機を持つ。また、変形時の余剰エネルギーを機体後部に放出するが、このエネルギー炎にも攻撃性が確認されており、熟練パイロットの中には、この炎を敵への攻撃に使用する者もいたと記録には残っている。


機体解説


OF-1
No. 49
名称 DAEDALUS
ダイダロス
波動砲 スタンダード波動砲試作
フォー OF・フォー
ドリルレーザー
:Vバルカン
サイドレーザー
R's MUSEUM

イメージファイト」の役機体である人類初の軌戦闘機

2048年に起こったムーンベースマザーコンピューターMARIKO/マリコ」の暴走事件「ルナティックウォー」に対応すべく建造された。様々な状況に対応できるよう本体は2連装バルカンのみ搭載されており、それとは別に9種類のオプションパーツと攻撃支援ユニットポッド」が用意されている。機体の特徴としては速度に応じた可変機構を有する点と、速度変化時に生じるバックファイアを攻撃に使用できるという点である。
なお、設定上は本機のが開発されており、重力仕様タイプZ、高重力仕様タイプG、索敵・電子戦仕様タイプEが存在する。
また、続編の「イメージファイトII」にも前座役として登場している。

R-TYPE FINAL」にいてはTX-T"エクリプス"の実験データを元に建造された軌戦闘機という位置付けになっているが、先の事件記録が残っているのかオプションパーツらびオリジナル機体のポッドユニット再現されている。対バイド戦に対応するべく本体にも手が加えられており、試作波動砲のほかミサイルも搭載可となっている。また、オリジナル機体がそうであった様にバックファイアを攻撃に使用可である。
但し、オリジナル機体では3基まで装備可だったポッドは2基までとなっているほか、異なるポッドを同時に装備する事は出来ない。

R-TYPE TACTICS」にも登場しており、編隊を組まない代わりにレッドポッドを2基追従させている。
出撃に3HEXも必要とする事や、チャージ武器の威と所要時間の割が合わないなどの理由から、「大笑(ダイワロス)」とネタにされる事もしばしばある。しかし、その大きさを生かして亜空間突入させた後に、進入不可地形へ一部をめり込ませて「」として運用させ、敵を右往左往させた所を一網打尽にする「亜空間拘束」戦法というえげつない戦い方も可である。
また、R-TYPE TACTICS IIでは出撃時に艦載可となっているので、使い方次第で「ダイダロス」にも「ダイワロス」にもなるとされている。

なお、「ダイダロス」とはギリシャ神話イカロス」に登場する職人であり、イカロス父親でもある。
集めた羽根を蝋で固めた人工を飛んだというエピソードはあまりに有名である。
イカロス自身は歌にもなっているので、一度は小学校で歌った事があるのではなかろうか。
OFシリーズには伝統的に神話や伝承にまつわる「(そら)を舞う者」の名が与えられている。

ちなみに「OF」とは「ORBITAL FIGHTER(オービタルファイター)」の頭文字を取ったものと言われており、
ズバリ「軌戦闘機」の意である。


武装



"R"との関連性


R正史に記録されていない事件であるルナティックウォーであるが、MARIKOに取り付いたとされる植物エイリアンには、機械を侵食・支配する特徴を持っていることが判明している。
また、続編にいてはパイロットの精に干渉できるという特徴もある事から、実は植物エイリアンとはバイドではないかとも言われている。

なお、本記事にける年代は「イメージファイトII」によるものであり、R正史における年代とは異なる可性がある。


関連動画


登場は10:24~

■sm2280664[ニコ動]


関連商品


■azB000FMNMV2
■azB000RP7N62
■azB002JM11A0
■azB00006LJOS
■azB000069SOP

関連コミュニティ


■co5008

関連項目


R's MUSEUM
No.48
TX-T
EXLIPSE
No.49
OF-1
DAEDALUS
No.50
OFX-2
VALKYRIE

最終更新日: 14/07/13 01:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ