ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


OMORI


ヨミ: オモリ
掲示板をミル!
26カキコ!

WELCOME TO WHITE SPACE.

YOU HAVE BEEN LIVING HERE FOR
AS LONG AS YOU CAN REMEMBER.

 

 

 

OMORIとは、ひきこもり少年主人公ホラーRPGである。

概要

英語PCMac版が2020年12月25日に発売。日本語版も予定されており、現在進行形PLAYISMによってローカライズが進められている。

タイトルの「OMORI」は主人公名前名前の由来は恐らく「ひきこもり(HIKIKOMORI)」。Steamには以下のような説明がある。

『OMORI』は、『RPGツクール』で開発された、奇妙で夢のような精世界が映し出されたタイトルです。
どちらも同じように優しく、どちらも同じように秘密を隠している2つの世界を行き来し、初めて(既に)会う(会った)人々や、初めて(既に)戦う(戦った)敵との遭遇や、記憶の、隠された(知りたくなかった)真実を巡るをすることになります。そしていつか、どちらかの世界を選ぶときがやってきます。

どちらの世界がよりリアルか。それはあなたが決めること。

文章だけだと世界観が伝わりにくいので、2014年[外部]2020年のトレイラー[外部]も参照。

ゲーム内の世界はかわいらしい不思議な雰囲気に包まれており、全体の7~8割程度は普通RPGとして楽しめる。しかし、OMORIは「死」と「うつ病」の要素を含むゲームであり、サイコホラー狂気的なシーンも登場する。ゲーム開始時の注意書きにも「うつ・不安障自殺の描写が含まれる」と書かれており、一部の場面については、精が不安定なときのプレイはおすすめできない。

ただし、突然画面が切り替わってびっくりさせるジャンプスケア的な演出は、ストーリー上にあるものはで数えられる程度である。そのような演出が含まれるホラーの場面に突入する前には、部屋を出た後に戻ろうとする、を見る、キーを取った後のをのぞき込むなどの一部の行動をとったときを除いて予兆がある。ジャンプスケアもむやみに大きな音が鳴るわけではなく、いたずらに驚かせるゲームではない。

ほかのゲームからのとして、『MOTHERシリーズ・『ゆめにっき』がよく挙げられており、OMORIの作者であるOMOCATも、それらのゲーム較されるのを好意的に見ているWe are also being favorably compared to Itoi's MOTHER series and Kikiyama's YUME NIKKI, which is beyond fine by us!! In fact, it is an honor.(引用元[外部]。また、ゲームUndertale』の作者として知られるトビー・フォックスもOMORIに曲を提供している余談だが、UndertaleキャラクターWoshua」は、同ゲームエンディングによると「Inspired by OMOCAT」となっている。ただし、先述したホラー要素やストーリー展開などから、OMORIはこれらのゲームとも一線を画した内容となっている。

2020年12月30日にはファンによる創作物などにかかわるポリシー[外部]開されている(PCからの閲覧推奨)。

発売までの経緯

もともとは2011年2012年にOMOCATが作ったブログomori ひきこもり[外部]」、ならびにそこで登場したキャラクター「OMORI」としてスタートした。その後、短編漫画OMORI'S STORY[外部]」などを経て、2013年ゲーム化が発表された。

2014年トレイラー[外部]開され、ポップデザインと不安感を煽る映像編集、眠りに落ち夢を見ているかのような印のあるBGMマッチしており話題を呼んだ。アーティストであるbo enの「My time」がアレンジの上楽曲として使われており、歌詞日本語が入っている。

その後Kickstarterで寄付を募ったところ、標の22,000ドルを大幅に203,300ドルが集まった。その後、製作チームメンバーを募集し、2017年プレイ画面の様子を映した新たなトレイラー[外部]開された。さらに2018年には寄付者向けにデモ版が発表[外部]された。

2019年時点では同年末の発売予定で、日本語版がNintendo SwitchPS4Xbox OneSteam2020年に発売予定とアナウンスされていた。しかし、同年12月に1~2ヶほど発売が遅れることが告知[外部]され、さらに2020年に入ってから新型コロナウイルスの感染拡大を理由にさらに発売日が延期[外部]された。このように延期続きの作品であったが、2020年11月末に、新トレイラー[外部]開とともに同年12月25日リリースが発表され、その予定通りクリスマスの日に発売となった。

日本語への翻訳が進められているが、その発売日は2021年1月時点で告知されていない。

主な登場人物

現時点では日本語版が出ていないので、人名をアルファベットで記述する。基本的に戦闘に参加するのはOMORI・AUBREY・KEL・HEROの4人。また、「TAG」を使うことでリーダーを変更できる。

OMORI
主人公白黒で描かれたキャラクター記憶喪失の状態で部屋にいたが、「この部屋に住む前の自分のかすかな記憶」と「大切な友達がいたこと」を思い出し、の外に出て冒険に出発する。無表情なことが多いが、戦闘中笑顔・悲しい顔・怒り顔に変化することもある。ナイフを持っており、小さな木やクモの巣などを切ることができる。
AUBREY
部屋の外にいる、ロングヘアーリボンをつけた女の子。KELとよく喧する。ナスキャラクターぬいぐるみがお気に入り。OMORIには優しく接している。かなり持ちで、バットを使っていろいろな物を破壊できる。
KEL
部屋の外にいる、が大きい元気でやんちゃな男の子AUBREYとよく喧する。ペットロックのHECTORを飼っている。物を投げるのが得意で、武器としてボールを使う。
HERO
部屋の外にいる、料理が得意な長身男の子。優しい性格で人の頼みはあまり断れない。4人の中では最年長で好青年。4人をまとめ上げたり、他のキャラクターとの交渉役になったりすることも多い。
MARI
制服姿の女の子。OMORIたちの行く先々でシートを広げてピクニックを開いている。体回復の食べ物や、冒険の記録ができるピクニックボックスを持っており、MARI自身も冒険の相談に乗ってくれる。
BASIL
飾りを頭にかぶった緑髪男の子写真とガーデニングが趣味で、アルバムにみんなの様子の写真を残している。写真を意識していない、普段通りに過ごしているみんなの姿を映すのが好きなようだ。

戦闘システム

ターン制バトルであり、LEVELHEARTHP)・JUICEMP)・POCKET(持ち物)・EQUIP(装備)・RUN AWAY(逃げる)など、RPGによく見られるシステムになっている。

ただし、大きな特徴として味方・敵それぞれに「感情」が設定されることが挙げられる。感情は戦闘中に味方・敵の行動によって変化するほか、以下のように感情によるの変化・相性も決まっている。以下の3つの感情が3すくみの関係になっている。

HAPPY(喜び)
LUCKとSPEED上昇。ただし、HIT RATEは低下する。ANGRYに対して強く、SADには弱い。
ANGRY(怒り)
ATTACK上昇。ただし、DEFENCEは低下する。SADに対して強く、HAPPYには弱い。
SAD(悲しみ)
DEFENCE上昇。ただし、SPEEDは低下する。また、HEARTダメージが軽減される代わりに、JUICEがその分のダメージを食らう。HAPPYに対して強く、ANGRYには弱い。

また、「FOLLOW-UP」と呼ばれるサブコマンドも存在し、うまく使うことで追加攻撃をしたり、仲間同士で協して攻撃することも可。ただし、「FOLLOW-UP」を使うには、敵の攻撃を受けることで十分に「ENERGY」のゲージを貯める必要がある。また、FOLLOW-UPのコマンド選択にも制限時間が存在する。

関連動画

公式(YouTube)

2014年トレイラー関連動画


■sm32248447[ニコ動]

■sm36445330[ニコ動]

関連リンク

ネタバレを含むため、攻略サイトなどはなるべく手詰まりになったときのみの閲覧推奨。

関連項目


最終更新日: 21/01/21 22:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ