ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


P-3C


ヨミ: ピーサンシー
掲示板をミル!
56カキコ!

P-3Cとは、旧西側諸を代表する(対潜)機である。


概要


1950年末期アメリカ海軍めに応じてロッキード社がL-188エレクト旅客機ベースに開発した対潜機。P-3C

機内は与圧されているため居住性も良く長時間の任務に就くことがおおい対潜任務などにとってはうってつけの機体だった。

機体後方のMADブーム(磁気探知装置)が特徴的。また対潜装備だけではなくハープーン対艦ミサイルなど、各種対艦ミサイルも搭載可である。

乗組員は装備や各の事情などの違いもあるが大体8人~14人程度。

P-3は、1回の飛行で725000メートル域を監視することができる。ただ、P-3がそのを最も発揮できるのは広い域での索敵ではなく、SOSUSによって探知された敵潜水艦所在を突き止める場合である。SOSUSは潜水艦の位置を直径約50キロメートルの円として探知できるといわれ、場合によっては直径15キロメートル以内まで絞り込めると考えられている。機はその数方キロメートル域を捜索することになる。「第8章 対戦略潜水艦作戦オーエンウィルクス 世界週報 臨時増刊号 1979


搭載装置等「海氷観測・P-3C同乗記 オホーツクは波静かなり?」河津幸英 軍事研究1990年4月号


以上のセンサーがP-3Cに搭載されており、センサーからのデータはAN/ASQ-114汎用コンピュータと、戦術データ入出管制装置AN/AYA-8Bによって通信、航法、兵器システムと統合される。


潜水艦の探知「対潜システム」野木恵一 世界の艦船1993年2月号


MADは地磁気の変化から磁性体である潜水艦を探知するが有効距離が短い。レーダー赤外線探知装置は潜水艦が浮上しているか、シュノーケルを出している場合にのみに探知が可であり、ESM潜水艦が不用意に電波を出した時にのみ有効である。したがって潜水艦の探知の体はやはり音響センサになる。

P-3Cは後部胴体下面に52基のソノブイ投射管があり、アクティブ(HQS-31C)、パッシブ(HQS-3D等)のソノブイを投下し潜水艦を探知する。ソノブイは直径12.4cmの円筒で、パラシュート面に着中にハイドロフォンをり下げる。雑音測定(HQS-21B)、温度測定(HQS-5D)のブイ面に投下される。

ソノブイデータはP-3Cに送られて機上で分析されるほか、データリンクで地上の対潜作戦センターASWOCASW Operation Center)にも送られる。ASWOCリアルタイムデータを分析してP-3Cを支援する他、ミッション後は磁気テープでP-3Cが収集したデータを受け取り、解析してデータベースに蓄積する。


その他


エンジン4910のターボプロップエンジンを4基搭載。に余裕があるため、4基のうち2基が停止しても飛行できる。こののおかげで、飛行距離よりも長時間の滞が必要な飛行において燃料を節約するために意図的に1基を停止して3発で飛行することが可標を発見した場合は停止エンジン再起動し、高速飛行に戻る)。機内が与圧してあるため、高度の変化による機内の気圧の変化がなく、既存機にべ乗員の疲労度は格段に少ない。また、姿勢と高度を一定に保つオートパイロットが装備されており、バンク度を一旦セットすれば、高度を維持しつつ旋回するという操作を機体任せにできる。潜水艦を捜せ」岡崎 拓生 1997

自衛隊がP-3Cの前に導入していたP-2Jは全機が事故で退役出来たのだが、http://www.khi.co.jp/aero/product/airplanes/p_3c.htmlP-3Cに関しては残念ながら1992年硫黄島事故を起こし1機を失っている。http://aviation-safety.net/database/record.php?id=19920331-1


日本の導入「日本の防衛力再考」兵頭二十八 銀河出版 1995 pp.72-74


1980年代アメリカソ連潜水艦の脅威を高に言い立て、日本に「三峡封鎖」と「1000シーレーン×2本防衛」を要請し、日本はこれに答えてP-3Cを100機購入することを表明した。

もっとも、アメリカCAPTOR(ホーミング魚雷を内蔵した中投下対潜機)を十分持っており、いつでも単独で日本の三峡を封鎖することができた。シーレーン防衛にしても、外洋に出ているソ連潜水艦は1隻残らず米海軍に常時追跡されていた。この一方的ゲームに、海上自衛隊100機のP-3Cを買って加わったのだった。

P-3Cは、東芝機械(株)ノルウェー経由でソ連に輸出した物よりも制御軸数の多いNC旋盤を使って切削したスキュード・スクリューを装備する、世界で最も静かに微速潜航できる海自潜水艦をソノブイでいとも簡単に探知することによって、その実明した。このP-3Cの飛行をソ連軍が有効に阻止できない以上、ソ連潜水艦シーレーンで攻撃行動を取ることは、戦果と引き換えに沈没を意味するものでしかなかった。


海外での活動


1990年代以降、海外への訓練にも数多く参加しており、面エピソードとしてはアメリカで多間共同演習が行われた際に某と思われる悪戯書きがされたという話がのこされている。

2009年以降は、ソマリア沿域で多発する海賊対策として、日本はジブチへ2機のP-3Cを派遣している。

実はもう「海賊の見り」はあまり必要ではなくなりつつあるのだが、チャイナ潜水艦がはるばるとペルシャ湾やまで出てきてうろついているので、その音紋をソナー・ブイで採取する活動に忙しいようだ。P-3Cのシステム米海軍の対潜センターと直結しているので、海自のP-3Cが収集した音紋は海自情報資産になると同時に米海軍情報資産にもなる。「兵頭二十八の防衛2015」兵頭二十八 思社 2015 pp.268-269


特殊仕様機(海上自衛隊)世界の艦船2014年7月号増刊「海上自衛隊2014-2015」


全て海自所属のP-3Cを改造したものである。


関連動画



■sm4826713[ニコ動]

■nm11114047[ニコ動]

P-3Cの美しさもそうですが、潜水艦の可さを堪してください。


関連静画


■im6221969(静画)


関連商品


■azB014F9KF8I


関連コミュニティ


■co1088


関連項目・外部リンク



最終更新日: 19/05/11 18:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ